蕎麦栽培 番外編

種を蒔いてから約1ヶ月。
我が家の蕎麦もだいぶ大きくなってきました。
そろそろ蕎麦打ちの練習もしておかなきゃな。
と言う事で、ときがわ町の「いこいの里」へ行ってきました。
DSCN1408.jpg
中へ入ると既に道具が用意されています。
材料は
小麦粉 300g
そば粉 200g
塩   小さじ1
卵   1個
水   1カップ
手粉  50g(そば粉)

そば粉より小麦粉の方が多いんだ!!
この割合が一番打ちやすいんだそうです。

まずは材料をよく混ぜ合わせ、卵1個と水を少しずついれ
まぜまぜこねこね。
DSCN1419.jpg
なめらかな玉になったら、今度はビニール袋に入れ
足で踏みます。
ここは私の出番。
初めて役にたったメタボBody
思いっきり体重をかけて踏みます。
袋はやぶれないかな?ちょっと心配・・・。

DSCN1431.jpg
5分程踏んだら今度は丸を作ります。
真ん中にヘソを作るのがポイント。

1時間位踏まなきゃならないと思っていたので
ちょっと拍子抜け。
そんなに長く踏む必要はないそうです。
DSCN1434.jpg
作った丸を今度は棒で伸ばします。
DSCN1435.jpg
ある程度伸ばしたら、そばに手粉をまぶしながら
棒に巻き付け下にさげる。
この動作を何度も繰り返し
厚さ2mm位になるまでそばをのばします。
DSCN1448.jpg
薄くなったら全体に手粉をまぶし四つ折に。
(量によって適当にやって下さいとの事)
DSCN1455.jpg
後は包丁で切るだけ。
気分はもうそば職人
細く、美しく切ることに集中します。
DSCN1470.jpg
仕上がりはこんな感じ。
初めてにしては上手にできたと思います。
どうですか、この仕上がり。

自分で打った蕎麦
もちろん味は最高です。
DSCN1485.jpg
今回挑戦した蕎麦打ち体験ですが、
そばと天麩羅5人分がセットで4500円でした。
もちろん名人からの指導料も込みです。

普通に注文する値段とそんなに変わらないので、
興味のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する