COOLPIX P300レポート 星空編

最近週末になると夜中の3時位に目が覚めてしまいます(@_@;)
せっかくの週末だからと考えると、なんかワクワクしてっていうか・・・。
まぁ不眠とかじゃないからいいかっ!!

ということで今日も2時に目が覚めてしまい、思い付きで星空撮影に。
普通に撮ったんじゃ写らないのは素人でもなんとなくわかっていたので、
デジカメの説明書を読み、絞りと露出の変更方法を覚え秋ヶ瀬公園横の土手へ。

夜中におじさん一人カメラを抱えて土手に。
ちょっと怪しいですね。

先ずはf/1.8 露出8秒 ISO-160にデジカメをセット。
P300の露出時間は8秒が最大のようです。
DSCN0404.jpg
肉眼では見えない星が沢山写ってます。ちょっと興奮!!
これは北斗七星でしょうか?
この写真ではわかりませんが、縮小前の写真では隣の4等星まで写っているのが確認できます。

次に、いろいろ設定を変えて画質がどんな風に変わるか試してみます。
f/1.8 露出1/2秒 ISO-3200 変化がわかりやすいように、敢えて極端な数値に。
DSCN0410.jpg
ISOの数値を上げると明るい写真が撮れますが、代わりにノイズが増えます。
確かに、ざらざらしたような写りになります。

次はこの設定 f/1.8 露出4秒 ISO-400
街の照明で下の方が明るく写ってます。
DSCN0412.jpg

今日いろいろ操作してみて、なんとなくマニュアル操作がわかってきました。
秋ヶ瀬周辺は、思ったより照明が強く条件的にはあまりよくないように思いましたが、
それでも露出時間を長くする事によって肉眼よりも多くの星を捉える事ができました。

次回は星座を覚えて、それを撮影してみようと思います。
また凝っちゃいそうな予感が・・・。
スマートフォンの星座アプリ探してみよっと!!


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する