ナガミヒナゲシが咲きました

数年前から春になると至る所で咲き乱れる
オレンジ色の花、ナガミヒナゲシが
我家の庭でも開花しました。
コピー - DSC_4633
とてもきれいな花なので、初めて見た時は
植えてあるのかと思いましたが、
地中海沿岸から中欧にかけてが原産の
帰化植物(人が持ち込んだ植物が野生化したもの)で、
アルカリ性の土壌を好む植物のようです。
コンクリートの隙間から沢山生えているのを
目にするのは、この為です。
DSC_4635.jpg
自分の庭で見付けた時は
喜びすら覚えたこの花ですが、
実は厄介な植物らしいのです。
DSC_4634-2.jpg
その理由は旺盛な繁殖力。

下の写真は花が散った後のナガミヒナゲシ。
(昨日咲いた花は今朝には散ってしまいました。
 どうやら一日花のようです。)
DSC_4743.jpg
割ってみると沢山の種!!
一つの花には1000~3000の種が入っているそうです。
コンクリートだらけの場所でも成長する
この種が3000もばら撒かれたら・・・

他の草花を駆逐してしまう事は
想像に難くない
DSC_4750.jpg
もし、庭に咲いてしまった時は
除草機等で駆除してしまうと
逆にばら撒いてしまうことになるので、
花を楽しんだ後、直ぐに実を摘み取って捨ててしまいましょう。
DSC_4639.jpg
隣には次の花が咲く準備をしていました。

自分で育てた花が枯れてしまわないように、
しっかりチェックしなきゃいけないな!!

*ケシ科ですが阿片の原料になる成分は入っていない為
 栽培は問題ありません。
DSC_4643.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する