鳥の飼い主への十戒

以前ぴっぴこに社会性を身に付けてもらおうと、
近所のとり村にあるバードランに連れていきました。

この時、ぴっぴこは他の大型鳥に攻撃を仕掛け大暴れ。
社会性がどうの、と言うレベルにはならなかったのですが、
ここで見付けた鳥の十戒に深い感銘を受けました。
作者を明記の上、リンクを条件に転載を許可との事でしたので、
紹介致します。
DSC_1758.jpg

鳥の飼い主への十戒 (鳥の視点から)

1. 私は10年かそれ以上生きるでしょう。
  飼い主と別れるのは大変辛いのです。
  お家に連れて帰る前にその事を思い出して下さい。

2. あなたが私に望んでいることを理解する時間をください。

3. 私を信じてください-それが私の幸せにとって重要なのです。

4. 長い間私に対して怒らないでください。
  罰として閉じ込めたりしないでください。
  あなたには仕事と娯楽があり友達もいます。
  私にはあなたしかいないのです。

5. 私に時々話しかけてください。
  あなたの言葉が理解できなくても、
  話しかけてくれればあなたの声はわかります。

6. あなたがどのように私を扱っても、私はそれを忘れません。

7. 私を叩く前に、私にはくちばしがあって
  あなたの手の骨をたやすく噛み砕いてしまうこともできるということを
  思い出してください。
  でも私は噛みません。

8. 私を協力的でない、ガンコ、だらしないと叱る前に、
  そうさせる原因があるかどうか考えてみてください。
  たぶん適切な食べ物をもらっていないか、
  ケージにいる時間が長すぎるのです。

9. 私が年老いても世話をしてください。あなたも年をとるのですから。

10. 私が最後に旅立つとき、一緒にいてください。
  “見ていられない”とか“自分のいないときであってほしい”
  なんて言わないで。
  あなたがそこにいてくれれば、どんなことも平気です。
  あなたを愛しているのだから。

TEN COMMANDMENTS OF PARROT OWNERSHIP
- From a parrot's point of view -
By Jane Hallander

DSCN2012.jpg
これをはじめて読んだ時、かなりウルウルでした。

エサを替えてると纏わりついてくるぴっぴこ。
洗い物をしていると水浴びを強要してくるぴっぴこ。
セーターの中に入ってきて攻撃してくるぴっぴこ。
いろんなぴっぴこが頭に浮かびました。

鳥の十戒が掲載されていたサイトTSUBASA
飼い主がいなくなった小鳥を引き取り、
飼育、里親探しをしている団体。

ペットと別れなければならない理由はいろいろ
あるのかもしれないけど、
飼ったからには一生かわいがってあげて欲しいですね。
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する