スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの教習所 玉掛け技能講習

1月の13.14.15日に玉掛けの資格をとりに教習所に行ってきました。
玉掛けってなんだろう??

玉掛けとは、つり上げ荷重1トン以上のクレーン
等を使用して荷物をつり上げる時に、
ワイヤロープやチェーンなどの用具を用いて
荷物をクレーンなどのつり具に掛けたり、
外したりする作業のことをいいます。

労働安全衛生法では制限荷重が1トン以上の揚貨装置、
又はつり上げ荷重1トン以上のクレーン、
移動式クレーンもしくはデリックを使用して
玉掛け作業を行う場合は、玉掛け技能講習修了した者
その他厚生労働大臣の定める者が従事することを要求しています。

って自分で書いててなんだかわからなくなってきましたが
玉掛けする荷物の重さじゃなくて、
クレーンやデリックのつり上げ荷重が1t以上の場合は
玉掛けの資格が必要だよってことです。
そして有資格者の下で補助的な業務を行うに当たっては
資格不要との事なので、私が資格を持っていれば
将来活躍の幅が広がるんじゃないか!!
そんな思いで三日間、19時間の講習を受けてきました。
IMAG0043.jpg
講習の内容も全然知らないで
思い付きで参加してしまった玉掛け技能講習ですが、
やってみるとなかなか難しい・・・

まずは玉掛けに必要な力学を勉強。
モーメントを計算してつり合う点をだしたり、
ワイヤーを選択する際に必要な質量計算をしたり・・・
例えば1㎥当たりの質量は樫の木0.9t、桐の木0.3tでだいぶ違います。
これが鉛だったりすると11.4tになって
同じ形をしていたとしても、必要になるワイヤー強度は
全然違ってしまいます
これを理解していないと
ワイヤーが切れて荷物が落ちちゃったり、
最悪クレーンが倒れちゃったりする可能性もあるわけで、
とっても危険。

もっと大変だったのが実技。
先ずは質量目測といって見た目で重さを判断し
必要なワイヤーを選択するテストを受けます。
それが終わると、自分が玉掛け指揮者になって補助者二人と
クレーンに指示をだして荷物を玉掛け、
他の場所に移動するといったテストを受けます。

声だけじゃなく決められた手合図を使ってクレーンを
操作してもらうわけですが、
緊張で合図を忘れそうになったり
補助員が変なとこに行っちゃったり、
緊張感が長く続いたので本当に疲れてしまいました。

幸いにも学科テスト、実技テスト共に
補習なしでクリアすることができましたが、
実際現場でスムーズに指示ができなければ
意味がありません。
いざという時の為にしっかり勉強しておきたいと思います。
DSC_2918.jpg
さぁ!!
今日は二週間ぶりの休み。
何して遊ぼうかなぁ
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。