川越八幡宮で安産祈願

一月二日の戌の日に
安産祈願に行ってきました。

最近ぴょこさんと出掛けてないみたいだけど
何かあったの??
私達の事を心配して連絡をくれる
友達もいましたが、
実はそういう事だったんです

ぴょこさんが地元川越の氷川神社に
安産祈願の予約をしてくれました。

受付に行ってみると
氷川神社では予約は受け付けていないとの事。
そんなはずはないんだけど・・・
まさかとは思いつつ携帯の履歴を確認
スマートフォンで番号を検索してみると
その番号は川越八幡宮のものでした

なんで間違っちゃったんだろう??
ぴょこさんは言いました。
なんでだろうね??私も不思議に思います。
DSC_2710.jpg
気を取り直して川越八幡宮へ向けて出発。
見慣れた町並みが今日は新鮮に感じます。
DSC_2721.jpg
DSC_2728.jpg
ところで戌の日の御祝いってなに??
ってなりますよね。(私だけ??)
なんでやるのか、何をするのかわからなかったので
調べてみました。

戌の日に行う安産祈願は、安産なうえに
子供を沢山産む犬にあやかろうという昔からの習わしです。

一般的には5ヶ月目に入った最初の戌の日に
腹帯を締めて母子の健康を祈願するのですが
地方によっては3ヶ月でやったり、7ヶ月でやったり
いろいろあるようです。
DSC_2765.jpg
安産祈願は子安神社、水天宮、八幡宮等
いろいろなところでやってくれるようですが、
知名度の高いところは100人、200人が並ぶ事もあるようですし、
両親やパートナーは離れた場所で見ているだけの
安産祈願もあるようです。
DSC_2741.jpg
なので私達は有名な神社やお寺を避けて探しました。
今回当初の予定とは違う川越八幡宮での
安産祈願となりましたが、
家族みんなで一列に並んで祈願することができたので
良かったと思います。
DSC_2742.jpg
ここで受付をします。

安産祈願をするときにつつむお金のことを初穂料といいます。
川越八幡宮では予約の電話をした時に
初穂料5000円と教えてくれました。
事前に調べておいたのですが、
世間の相場も5000~10000円位のようです。
DSC_2737.jpg
この中で安産祈願を行います。

今年は辰年。
ここでは神主さんが
流れの強い龍門という川を登りきった鯉は龍になるという伝説の
話をしてくれました。
諺でいう登龍門てやつですね。
文才のない私が書いても、
うまくお伝えできそうもないので書きませんが、
ここで聞いた話は本当に感動しました。
今年は頑張るぞー
そう思えるお話でした。
DSC_2758.jpg
御土産はこんな感じ。
それとゼリーみたいなお菓子をいただきました。
DSC_2838.jpg
最後に皆で記念撮影。
ぴっぴこさんもいっしょに
DSC_2761 - コピー
未来のおばあちゃん達は
今後の打ち合わせに忙しそうでした。
DSC_2762.jpg
〒350-0045
埼玉県川越市南通町19-3

TEL 049-222-1396
DSC_2764.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する