重大発表!!

私事で大変恐縮ではございますが
重大発表がございます。


         

         

         

         

         

         


なんと、なんと、
私のキャンピングカー本日納車でございます。

去年の12月に注文してから約6カ月。
いやぁ~、長かった。
毎度毎度同じコメントで申し訳ありませんが
本当に長かった・・・

3月にベース車両入庫。
DSCN9347.jpg
このペースなら納車が早まるか!?
DSCN9344.jpg
と思っていましたが、甘かった。
DSCN9342.jpg
5月21日に見学に行った時の様子。
DSCN9438.jpg
断熱材が貼られ、床堀加工されていますね。
本来ここにはスペアタイヤが取り付けてありますが、
リンエイのキャンピングカー「MOMO」では
この部分をくり抜き車内で立てるようになっています。
DSCN9437.jpg
実際に見ているのはここまで。
ここから先がどうなっているのか
私にもわかりません。

でも、きっと最高のキャンピングカーに仕上がっているはず。
2016年6月25日
ハイエース キャンピングカー「MOMO」が
家族の夢を乗せて走り出します!!


な~ちゃって(#^.^#)


それでは、これからリンエイさんに行ってきます。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

キャンピングカー購入記 どんな車になるんだろう??最終打ち合わせに行ってきました

いやぁ~
長い、長すぎる・・・

キャンピングカー納車までの期間って
半年から一年と普通の車に比べると、
とてつもなく長いということは
頭では分かっていましたが、
実際に体験すると本当に長い、マジでながい、スペシャル長いっす

その間にプジョーは壊れちゃうし、
消費増税は延期になるし(増税を見込んで購入に踏み切ったのもありました)、
ハイエースはマイナーチェンジしちゃうし・・・


まぁ、だからと言って今回の判断が間違いだったとは思っていないし、
ハイエースのモデルチェンジにしたって
ディーゼルエンジンモデルの6AT化とか
自動ブレーキの装備とか、
自分にとって絶対に必要なものじゃなかったから
後悔はありません。

でも、キャンピングカーって高額で普通の人で言えば
家の次に高価な買い物になるだろうし、
一度買えば余程の事がない限り
5年、10年と使う事になると思うので
かなり先のライフスタイルとか
後付けできない装備や内装とか
その辺りは、よ~く考えて決めなきゃいけないと思いました。


そんな事を思いながら
先日NEWキャンピングカーの最終打ち合わせに行ってきました。
今回は、らっこ姫の子守を
おばあちゃんにお願いして
自分だけのキャンピングカーを作るため本気の打ち合わせです。

まぁ、私の選んだリンエイのキャンピングカー「MOMO」の場合
冷蔵庫やカーテン、インバーター等
多くの人が付けるであろう装備は標準で装備されているので
他のキャンピングカーに比べれば打ち合わせる事は少なく
決めなきゃならないのは内装の色くらいなものなのですが、
それでもけっこう大変な作業となりました。

何が大変って、見て下さい
この大量のサンプル。
DSCN9341.jpg
この中からテーブル、床、カーテン、家具、モールの色を選ぶわけですが、
その組み合わせは数億通りあるということで
ある程度目指すものが決まっていないと、
どこから手を付けたらよいものか迷ってしまい
身動きがとれなくなってしまうのです。

それをより難しくしているのが、
この色がいいと思っても
既に在庫がなくなってしまっているものが
いくつかあるということ。

当然人気のある色からなくなってしまうので
自分が良いと思った物は
他の人も選んでいる可能性が高いわけで、
この色でいこうと思っていても
在庫がありませんということが何度かありました。
DSCN9340.jpg
これはいけません。

それがないのであればリストから外してくれたらよいと思うのですが、
見てしまい、さらにそれがないと思うと
余計に欲しくなるってことありませんか??

それでも夫婦で、これはダメだ、あれは合わないと
議論の限りを尽くし理想のキャンピングカーを作り上げてきましたよ。
床とテーブルは大理石にして(フェイクですが)ちょっとゴージャスな感じに。
家具を縁取るモールはシルバーを選び
それをエレガントに飾る。

肝心の家具は・・・
この辺りで方向性の違いがでてきました。
ぴょこさんは無印良品のようなナチュラルテイストが好み。
一方の私はイギリスの宮殿にあるような
重厚な雰囲気が好き。

あろうことか、ぴょこさんは私がハイセンスにまとめた
組み合わせを貧乏くさいと言うのです

大理石が貧乏??
イギリスの宮殿が貧乏??
私には何が貧乏なのか最後までよく分かりませんでしたが、
なんとか二人の意見を形にすることができました。

何時間ここにいたんだろう??
帰る頃には外の景色は
すっかり暗くなっていました。

一体どんなキャンピングカーに仕上がるんだろう??
二人の意見のいいとこどりで最高の物が出来上がるのか、
それともちぐはぐな感じになってしまうのか??
現物なしのイメージだけで決めているので
実際のところはわかりません。

でも、二人で決めたっていうプロセスが大切なんです。
思い入れがあるから、どんなものでも最高のキャンピングカーになるはず!!


とは思っていても、やっぱり仕上がりが気になるなぁ~


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

安いだけじゃない!? 国民宿舎サンライズ九十九里

突然ですが、国民宿舎に対するイメージってどんなものですか??

まぁ、宿舎っていうと何かの職員の独身寮で
設備は最低限、それの一般市民バージョンで
設備はそれなりだけど、お値段リーズナブルみたいな・・・

実は今回の浜焼旅行で、その国民宿舎
「サンライズ九十九里」を利用していて、
それがなかなかの好印象だったので
ご紹介したいと思います。

先ずは外観から。
DSC_0365.jpg
どうですか??

えぇ~っ
なんだかよく分からない??

そうですね、もっと離れた場所から撮ればよかったかな

全体的に見るとバームクーヘンのような形をしていて
最初に見た印象はデザイナーズホテル??(大袈裟か!!)
というようなリッチな気分にさせてもらえます。
DSC_0367.jpg
エントランスはこんな感じ。

私が予約した
【肉料理・魚料理が両方楽しめる贅沢メニュー付】彩りコースプランは
ぶっちゃけ価格大人一名 15,660円。

正直そんなに安くはないですね。
DSC_0372_201606042219594cf.jpg
お部屋はこんな感じ。

ツインの部屋を子供含めて3人で使用の為
エキストラベッドあり部屋が狭く感じてしまいますが、
二人なら問題ないでしょう。
DSC_0373.jpg
窓から見える景色は
もちろん全室オーシャンビュー。

20年位前からある建物だけど
綺麗な部屋でしたよ。
DSC_0387.jpg
そして「サンライズ九十九里」を利用する事で得られる
最大のメリットは、すぐ裏が海水浴場という事でしょう。
DSC_0403.jpg
この日もラッコ姫は
走ったり、転んだり、貝殻を拾ったりで
砂まみれになっていたけど、
ホテルまでは歩いて5分、
エントランス脇には洗い場があるので
こんな暴れん坊がいても車を汚すことがありません。
DSC_0428.jpg
そうそう、写真に写っているのは
ぴょこさんじゃなくて、おばあちゃんなので念の為・・・
DSCN9421.jpg
と、まぁ
ここまでの印象はそれなりだったのですが、
夕食は素晴らしかった!!

今回は、コース+バイキングのプランで
味にうるさいぴょこさんも、質より量の私も
大満足のプランでした。

ここで料理の内容を・・・
と思ってメニュー表の写真を撮っておいたんだけど、
書いてあるのと実際のメニューが違うようでした。
DSCN9423.jpg
九十九里の郷土料理と言えば
なめろうでしょ。
4回もおかわりに行ってしまいました。
DSCN9431.jpg
お次は伊勢海老。
う~ん、何年振り??
売っているやつは一匹5000円位するから
なかなか食べられないよな。
DSCN9433.jpg
食べ終わった伊勢海老は
出汁にして味噌汁を作ってもらえるので、
忘れて帰ってしまわないようにしないとね。
DSCN9428.jpg
90分以上しっかり堪能させていただきました。
ご馳走様でした
DSC_0452_20160604222628143.jpg
(国民宿舎サンライズ九十九里から見たサンライズ)
この一言が書きたくて5時前に起きました!!
DSCN9418.jpg
国民宿舎って、そのイメージから
あまり家族での旅行には向かないのかと思っていましたが
全然そんなことありませんね。
これは立派なホテルです。

今回は天候に恵まれたので使いませんでしたが
子供も入れるプールもありますし、
駐車場には充電ステーションもありますので
今流行の電気自動車で遊びに来てもいいでしょう。

何より海水浴には
これ以上の立地はあまりないでしょうから、
これからの海水浴シーズンに
利用してみてはいかがでしょうか。







にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事
Theme: 子連れ旅行 | Genre: 旅行