「浜茶屋向島」でお化けハマグリを食べてみた

仕事の都合で、ず~っと家にいたゴールデンウィーク。
土日は休みでしたが、それだとゴールデンも何もなく
普通の週末と同じです。
わざわざそんな日に出掛けるのも・・・

そう思った我が家のお出かけは
5月の14~15日に設定。
これなら大渋滞に巻き込まれることもないはず!!

ということで、行ってきたのは「浜茶屋向島」
DSC_0143.jpg
この辺りでは有名なお店で
芸能人も沢山来ているようです。
DSC_0144_20160522061433e3a.jpg
メニューはこんな感じ。
DSC_0150.jpg
お店に入るとすぐに大きな生簀が目に入ります。
DSC_0145.jpg
二階にも生簀、いろんなところに生簀があります。
これらはお土産として持って帰ることも可能です。
DSC_0146.jpg
注文すると、おばちゃんがここから生きた食材をとってきてくれるシステム。
我が家では本蛤セット、白蛤セット、あじ活造り、
焼はまぐり(本貝大玉)を注文。

本貝ってあまり聞かない言葉だけど、
これがつくと天然物だそうです。
本貝大玉1kgで3500~
数でいうと6個位で計算すると一個500~600円!!
はまぐり1個がいつもの昼食代より高いじゃないか~

それにこの大きさ、
子供の手より大きいくらいです。
これはお化けハマグリだな!?

普段なら写真だけ撮って帰るところですが(笑)
今日はこれが目的なので躊躇せずに頼みます。
DSC_0155.jpg
昼飯代より高価なハマグリですから
焼き方にも気を配りましょう。
ポイントは汁です。

ハマグリの旨味はコハク酸という成分によるものらしいのですが、
これは熱により溶け出してくるのです。
だから本格的に熱して旨味成分が溶け出す前に
ハマグリが吐き出す海水を捨ててしまうのです。

それでは焼いてみましょう。
裏表は関係ないので好きな面を焼きます。
そして口が開き汁が溢れ出た瞬間に汁を捨てます。

そして同じ面を下にして、もう一度焼きます。
ここからでてくる汁は余分な海水で薄まっていない
濃厚な旨味成分です。
グツグツしてきたら出来上がり。
干からびてしまうので焼きすぎには注意しましょう。

焼けたら汁を一口。
旨味成分のコハク酸は日本酒に含まれているものと同じです。
味わっていただきましょう。

次に何もつけずに食べましょう。
これは九十九里の本貝。
専用の醤油みたいな物も置いてありますが、
余計な味付けはいらないでしょう。
DSC_0157.jpg
お次はサザエ。
お店の人によると
ここのサザエは生で食べてもいいレベルの物だから
焼きすぎには注意して下さいとのことでした。

もっと言ってしまうと半生位でちょうどいいそうです。
実際に私もそれで食べましたが、トレビア~ン
おなかが痛くなることもありませんでした。
DSC_0154.jpg
食後は蓮沼海浜公園へ
DSC_0173.jpg
ジェットコースターとか面白そうなのは
軒並み点検中で遊べないんだけど、
三歳のらっこ姫には、それでも十分だったみたい。
DSC_0186.jpg
子供と一緒だと滑り台で滑るだけでも楽しい。
DSC_0188.jpg
久しぶりに沢山動いて疲れたせいか、
数十年振りに芝生の上でお昼寝してしまいました。
DSC_0336.jpg
気持ちよかったなぁ~
DSC_0295.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

走行不能 納車まで持ちませんでした・・・  Engine management system faulty

去年の夏頃からオイルが急激に減っちゃったり
冷却水がすぐになくなっちゃったりと
イマイチ調子が良くないプジョー207。

それでも毎週末エンジンルームを点検
オイルと冷却水を補充することで
なんとか凌いできましたが、
先日ついに走行不能になってしまいました。
DSCN9400.jpg
仕事を終わらせ車に乗り込み
いつものようにキーを捻ると
瞬時にエンジンは始動するのですが・・・

ギアが入らないのか何なのか
アクセルを踏んでも回転が上がらないし動きださない。

その代わりピーッという警告音の後に
インフォメーションディスプレイに表示される怪しい文字
Engine management system faulty
IMG_20160511_165043.jpg
なんだこれ??

何回かエンジンをつけたり切ったりしてみるけど
症状は変わらない。

また故障か??
不安を感じながらディーラーに電話、
代車の手配と修理をお願いしようと思っていたら
いつもの一ヵ月半待ち+テスターがないと
診断できないので予約を入れてから来て下さいとのことでした。

まったく、おたくはいつも修理が沢山入っていていいね~
嫌味を言って電話を切りました。(ゴメンなさい)

一ヶ月半か・・・
ちょうどハイエースが納車になる頃だな。
11万キロ以上乗って、愛着がないわけではないけど
もう、これ以上修理にお金と時間をかけるのはやめよう。
何度かエンジンをかけたり切ったりしているうちに
エラーメッセージは出るものの
なんとか走行できるようになったので
そのまま家まで乗って帰りました。

そんなことで、ここ何日か
片道12kmを自転車通勤しております。
これで少しは体重も減る事でしょう。

来週は降水確率が微妙に高い日が多いけど、
なんとか降らずにいてくれるといいなぁ・・・


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif


関連記事
Theme: 修理 | Genre: 車・バイク

ついに契約 ベース車はハイエースワイド・ミドルルーフのワゴンで決定 「ワイドバカンチェス MOMO」

前回はリンエイのMOMOというキャンピングカーに決めたところまで書きましたが、
ここで問題が・・・

当初、その価格と普段の使い勝手から
ロング標準ボディーハイルーフ車のガソリン四駆をベースに
注文しようと思っていたのですが、
ハイエースという車に、その組み合わせがなかったんです。

もし、ロング標準ボディーハイルーフ車で
四駆にこだわるとなると、エンジンがディーゼルになってしまい
車両価格が70~80万程度上がってしまうというのです。

ディーゼルのパワー、トルクは魅力的だけど
+70万はやりすぎだなぁ・・・
でも、燃料代で元がとれるんじゃない??


ここから本当に4駆が必要なのか、
トータルで考えてディーゼルの方がいいのか、
長~い家族会議が始まりました。

その前に、ハイエースという車
どんな組み合わせなら可能なのか
一度整理してみましょう。

先ずサイズで4タイプ
ロング標準ボディー・標準ルーフ       長4695X幅1695X高1980
DSCN9406.jpg
ロング標準ボディー・ハイルーフ       長4695X幅1695X高2240
DSCN9405.jpg
ロングワイドボディー・ミドルルーフ      長4840X幅1880X高2105
DSCN9407.jpg
スーパーロングワイドボディー・ハイルーフ 長5380X幅1880X高2285

エンジンで3タイプ
2000ccガソリン、2700ccガソリン、3000ccディーゼルターボ

これに加えてバンタイプとワゴンタイプがあって
それぞれに乗り心地や積載重量が変わってきます。

ロング標準ボディーで選べるのはバンタイプのみ
エンジンと駆動方式の組み合わせは
2000ccガソリン + FR
3000ccディーゼル + FR
3000ccディーゼル + 4WD
希望だった2000ccガソリン四駆は選べないのね。

ロングワイドボディー・ミドルルーフではバンとワゴンどちらでも可
エンジンと駆動方式の組み合わせは

バン 
2700ccガソリン + FR
2700ccガソリン + 4WD
3000ccディーゼル + FR

ワゴン
2700ccガソリン + FR
2700ccガソリン + 4WD
ワイドミドルルーフのワゴンだとディーゼルエンジンは選べないんだ


スーパーロングワイドボディー・ハイルーフ

バン 
2700ccガソリン + FR
2700ccガソリン + 4WD
3000ccディーゼル + FR

ワゴン
2700ccガソリン + FR
2700ccガソリン + 4WD
へぇ~、スーパーロングなら
バンでもガソリン四駆が選べるのね。

以上、こんな感じになります(コミューター除く)
どうですか、わかりましたか??

2000ccガソリンエンジンだと4駆が選べないだとか、
ワイドボディーのワゴンには2700ccエンジンしか選べないとか
色々制約があって、どれを選んだらいいのか分かりませんね~

自分で書いていてもなんだか分かりません(笑)
こうすれば分かりやすくなると思ったんだけど・・・


先にも書きましたが、私の希望では
ロング標準ボディー・ハイルーフ、2000ccガソリンエンジンの
四輪駆動タイプが選べれば一番よかったのですが、
残念ながらこの組み合わせは設定がなく、
それに加えて標準ボディーだとバンタイプしか選べなくなるので
1000kgまで荷物を積めるガチガチの足回りがもれなく付いてきてしまいます。

このガチガチの足は好みが分かれるようなので、
リンエイさんで試乗させてもらいましたが、
やはり家族の評価は芳しいものではありませんでした。
ただ、私個人的にはそうでもなくて、
首都高なんかを走るには
この位硬い方が安心して走れるんじゃないかと思いましたし、
ハイエースという車の性格に合っているんじゃないかと思いました。


約一カ月の家族会議の結果、
バンだとリアエアコン、リアクーラー、助手席エアバッグやプライバシーガラス等
軽自動車でも当たり前の装備がオプション扱いで、
それを考えると、これらの装備が標準で付く
ワゴンのロングワイドボディー・ミドルルーフの方が
お買い得なんじゃないかということに。

それに、ハイルーフだと車高が2300mmちかくになり
多くの立体駐車場の高さ制限である2100mmを越えてしまい
普段使いに支障がでてしまうんじゃないか??
(MOMOの場合ソーラーパネルが付くので2100を超えてしまいそうですが、これも考えがあります。)

4輪駆動は過去の経験から必要だが、
ディーゼルエンジンでは元をとるまでに7年程度かかってしまい、
メンテナンスや騒音の事を考えると
我が家の使い方では、そこまでのメリットはないんじゃないか。
また、ガソリンは6ATだけどディーゼルだと4AT。
この価格の車で4速はちょっと・・・

そして決め手は
ワイドミドルルーフだと見た目がカッコイイ(笑)

これは私の主観なので賛否両論あると思いますが、
毎日乗るものなので、ここに関しては
妥協しちゃいけないと思ったのです。

我が家のキャンピングカー
「リンエイ ワイドバカンチェス MOMO」に決定。

ワイドミドルルーフのワゴン4WDをベースに決め
契約書にサインしてきました。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事