ええっ、滑り台が有料!? 仙元山見晴らしの丘公園に行ってきました

トレーラーが無くなってしまってから
すっかりお出掛けに対する情熱がなくなってしまいました。

外は寒いし、あまり動くと疲れてしまうので
休みの日は家で映画を観たり
音楽でも聴いて過ごすのもいいかな

そんなことを思っていたのですが、
子供は最高気温12度でもシャツ一枚で動き回るし、
全然疲れないからキャンプしたい、アスレチックで遊びたいと・・・

せっかくの休みなので、
先日仕事中に見付けた
仙元山見晴らしの丘公園に行ってみることにしました。
DSC_0078_2016032706512199c.jpg
場所は埼玉県小川町で
高速を使えば自宅から一時間かからないし、
らっこ姫が大好きなアスレチックに加え
全長203mのジャンボ滑り台があるということだったので
行ってみたかったのです。
DSC_0079.jpg
坂を上り滑り台のスタート地点に向かう途中
一枚の看板を発見。
DSC_0099.jpg
ええっ!!
滑り台にお金がかかるの!?
しかも一回200円+敷物代100円。

一瞬これには身構えました。
いや、大人だけならいいんですよ。
だけど、らっこ姫が・・・

きっと一度遊んだら
もう一回、もう一回と何度もやりたくなって
ディズニーランド行った方が安かった・・・
な~んてことにならなければいいけど。

敷物の持ち込みは可能とのことなので、
車に積んであった段ボールを重ねて滑ってみる。

動きだすと滑る滑る、
段ボールを4枚重ねているけど
お尻が熱くなってくる。

これ、段ボールないと絶対無理ですから。
火傷しちゃいます。
DSC_0085.jpg
足で壁を押さえスピードを落としながら滑ったけど
一度滑っただけで段ボールは
ビリビリになってしまいました。
DSC_0096.jpg
ゴール地点には展望台があり
小川町を一望。
なんだこれ、面白いじゃないか!!
DSC_0083_2016032715202926b.jpg
らっこちゃん、もう一回やろう
誘ってみましたが
断られてしまいました。
彼女が思っていたよりスピードが出るし
高いところでは軽く10m以上あろうかと
いうところを滑るので怖くなってしまったようです。

あまり何度もやりたいといわれても困ってしまいますが、
断られてしまうと、それはそれで少し寂しい
複雑な気分でした。

オヤジが一人ではしゃいでるのもあれですし・・・

こちらは有料の段ボール。
把手もついていて有料だけのことはあります。
DSC_0098.jpg
この後は大好きなアスレチック。
DSC_0113.jpg
こちらは楽しかったみたいで
何度もお付き合いさせられました。
DSC_0117.jpg
あ~~、疲れた。

そうそう、
この公園、マイナーな場所のようで
私のナビでは、とんでもない場所を案内されてしまいました。
ただ、看板による案内は何ヵ所もあるので
周りをよく見ていれば迷うことはないと思います。

滑り台というと子供の遊具というイメージがありますが、
70歳位のご夫婦や
アラ還山ガールも遊んでいたので
一人でなければけっこう楽しめますよ(一人でも楽しいけど恥ずかしいかも!?)
おすすめです。
DSC_0100.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

やっぱりキャンピングカーが欲しい!!

我が家の旅の相棒はキャンピングトレーラーでした。
維持費や初期投資が安い他
エンジンが付いていないので
ヘッド車だけ変えれば少ないメンテナンス費用で
なが~く使えるというメリットがあります。

それなら今回の乗り換えもヘッド車だけ変えれば良かったんじゃない??

そう思いますよね。
本当はそうできれば家計的にも一番良かったのですが、
駐車スペースの問題で、そうはできませんでした。

我が家の駐車スペースは、
幅的には普通車二台楽にいけるのですが、
そのうち一台分の長さが4m弱しかないのです。
そうなるとトレーラーかヘッド車のどちらかを
4m以下の長さに抑えなければなりません。


私がヘッド車に求める条件は
1 4WDであること
2 プジョー207より車内が広いこと
  この二つは最低条件です。

もし4m以下にこだわらなければ
車選びは簡単です。

私が普通に欲しいスバルのフォレスターか
マツダのCX-5あたりを選んでおけば
家族も自分も満足できるでしょう。

そして子供が小さい今はニワドーを牽き続け
5年位したらアドリアの200万円位の新車トレーラーに乗り換えるという
プランが浮かびます。

いや、運転に大きな不安が少なくなった今なら
牽引免許を取得し、もっと豪華にいってもいいでしょう。
不思議に思うのですが、キャンピングトレーラーって
サイズが小さい程、割高な物が多いんですよね。

ニワドーを買う時にも、サイズの問題が無ければ
もっと広くて充実した装備の物が
低価格で沢山ありましたから・・・

ただ実際にそうなるとトレーラーが駐車場からはみ出し
車庫証明がとれなくなってしまうわけで・・・


ならトレーラーを4m以下にするとどうなのか。
現状私の希望に合う間取りで
4m以下の条件を満たすのは
インディアナRVが販売するデセオボックスだけ。
(最近ホームページにでなくなっちゃったけど販売やめちゃったのかな??)

これについては以前メールで問い合わせた事があるのですが、
ヘッド車がある程度大きくないとダメなようです。
具体的には小さい物でもフォルクスワーゲンゴルフや
プジョーなら308等のCセグメントクラスでないと
牽引することはできないとのことでした。

実は今のトレーラーを購入する時に
近い将来駐車場が問題になることは想定しており
このデセオボックスを第一候補にしていたのですが、
プジョー207では牽引に耐えられないと
販売を断られていたのです。

どちらにせよ今度の乗り換えは今より大きな車にする予定なので
デセオボックス+新しいSUVなら駐車スペースはいけるな!!
とも思いましたが、そうなると
トレーラーとヘッド車の二台を
同時に買い替えなければならなくなってしまいます。

ただ、それだと金額的にちょと厳しいよなぁ・・・

別に月極駐車場を借りるという手もありますが、
例えば月二万円を一年払い続けると24万、10年だと240万。
平均寿命まで、あと40年はあるから
そうすると・・・

おおっ、1000万近くいっちゃうじゃないか!!

それなら自走式のキャンピングカーに変えて
1000万円分遊んだ方がいいじゃないか!?
よくわからない計算まで浮かんでくる始末。

しょうもない事で悩んでいる私を見て
周りの人はキャンピングカーじゃなきゃダメなの??
400万あれば、そこそこのホテルで
家族3人60泊位できるよ・・・

そんな質問を投げかけてくる人もいますが、
問題はそこじゃないんです。

もちろんその部分もなくはないですが、
基本祝日がなく、土日もいきなり仕事が入ってしまう
私の生活環境では、いちいち行けるか行けないか
わからない宿の予約なんかとってられませんし
キャンセル料も心配です。

キャンピングカーなら木曜の夜から
備え付けの冷蔵庫でビールを冷やしておき
金曜日の夜、週末の休みが決まったら
自宅で食事と入浴を済ませ出発。

夜なら渋滞もほとんどないだろうから
ある程度距離を稼ぐことができるので
目的地近くまで行ってしまえば
土日は思いっきり遊ぶことに集中できます。

疲れていたら無理をせずPAで仮眠してもいいでしょう。
激しく渋滞する区間は都内から比較的近い場所が多いですから
一時間、100km程度走れば
翌日は、ほぼ予定通りに走る事ができるでしょう。

魅力はそれだけじゃありません。
キャンピングカーじゃなきゃ
見れない景色とか風景といったものがあることを
キャンピングカー乗りは知っているんです。
CSC_2423.jpg
それを味わってしまったら
もう、普通の乗用車には戻れません。

皆さん、そうですよね??

ダメだ、この話になると熱い思いが止まらない
長文失礼致しました

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

乗り換えを決意しました

トレーラーに続き、
ここ何年か調子が悪かった愛車のプジョー207と
お別れすることにしました。

最近のプジョーネタといえば、
ここが壊れた、あそこが壊れたと
故障のネタばかりでしたが、
走りは最高でした。

納車直後は固い乗り心地が
ドイツ車の様でがっかりした記憶がありますが、
(ドイツ車は最高だと思いますが、以前乗っていたので違うものを求めていました)
初めて高速道路を走った時の感動は
今でもしっかりと覚えています。

固いと思っていた足回りは
速度が上がれば上がるほどしなやかさを増し、
ギャップを通過してもバタつかないし
上信越道の下りカーブなんか走ったら
けっこうロールするんだけど粘り強いというか、
これが猫足なんだ!!
と言葉を実感として理解することができました。

ただ、新車の時から走行不能に陥る回数は多かった・・・
gearbox faultyの表示を何度見たことか。
DSCN7340.jpg
これが表示されるとエンジンがかからなくなります。
30分位休むと、また動くので大事には至らなかったのですが、
やっぱり出先で動かなくなる事を考えると心配です。

それと、オーバーヒートさせてしまった後は
明らかに調子が悪くなって
オイルは4千キロ走っただけで半分になっちゃうし
冷却水も継ぎ足しで使うような状態。

修理も考えましたが対処療法的な事しかできないようで、
例えばオイルに関してはオイルシールからの漏れが
確認できていたので修理してみようと思うこともありましたが、
その程度の事で三カ月くらいの間で2Lも漏れる事はありませんよね??

これを修理したとしても
前回の車検で約50万の見積もりを
半額ちかくまで減らして車検を通しているので
恐らく次の修理も必要になってくるでしょう。
冷却水だって今まで触ったことなんかなかったのに・・・
そう考えると、これ以上維持はできないと思うようになっていました。
DSCN9330.jpg
今の走行距離は約11万キロ、
本当のお別れは次の車が納車された時になります。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事
Theme: 愛車 | Genre: 車・バイク