お別れです。 大好きなトレーラーで過ごした最後の夜

私の大切な、

大切なトレーラーとの
お別れを決めました。
今回の年越しキャラバンは
トレーラーでの最後の旅でもあったのです。

この写真を撮った後
ぴょこさんは毎回同じような
ナルシスト写真ばっかり撮って
よく飽きないわねぇ~

そう言って笑っていましたが
諸行無常の流れの中にあっても
これを見れば何年か後も
今の気持ちを思い出せると思うのです。
DSC_0013_20160220070924ebd.jpg
キャンピングカーが欲しくて欲しくて、
でも、この時は金銭的にどうにもならなくて
仕方なく・・・
というわけではないけれど
妥協もあったトレーラー購入。
DSC_0041.jpg
そのトレーラーに、これほどまでに夢中になり
沢山の思い出をもらえるとは
正直その時は思っていませんでした。
DSC_0040_20160220071157cc7.jpg
当時はまだ0歳、
保育園では一番小さく
満足に、はいはいもできなかったラッコ姫は
もうすぐ4歳になります。
DSC_0027.jpg
この日は、大人でも足が竦んでしまうような吊り橋を
全力疾走で渡ろうとするので
止めるのが大変でした
DSC_0018.jpg
彼女にとって家族で過ごした
楽しい時間のほとんどに
トレーラーがあったと思います。
DSC_9808_20160220070930814.jpg
なにしろ0歳の時から遠出をすると
ほとんどトレーラーを牽いて出掛けていたわけですから
思い入れは私以上に強かったのではないかと思います。
DSC_0042_20160220071346d9c.jpg
なので、今回の件に関しては
ラッコ姫から相当責められてしまいました。

でも、
その言葉は
私にとって応援歌でもあります。

キャンプしたい、焼き肉大会はいつやるんだ、
川に連れて行って、海で遊びたい・・・

あれ??
気付かないうちに
俺の言いたい事をらっこ姫が・・・
CSC_0072.jpg
次はどんな人がオーナーになるんだろう??
大切に使ってもらえよ!!

今までありがとう。
帰宅の後は感謝の気持ちを込めて
一日がかりで洗車しました。
collage_photocat-3.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

「日本の不思議な駅」第一位に選ばれた駅に行ってみた

先週は一週間のうちに五日間も休みをとってしまいました。

へぇ~
羨ましいなぁ
どこへ遊びに行ってきたんだい??
と思われるでしょうが、
なんのことはない
ウイルス性胃腸炎でした

いやぁ、これすごいですわ。

私は基本的におなかが丈夫で
胃がもたれるとかムカつくとかっていうことがなく
これらの言葉が実感として理解できていないのですが、
この日はなんか変だったんですよね。

食べたものを消化できていないというか
おなかの中から減っていかないというか・・・
これが胃もたれなの??

その直後から激しい腹痛と
吐き気でトイレからでられなくなってしまったんです。
今までの人生で救急車を呼ぼうと思ったのは
今回を含めて二回目(実際に呼んではいないのですが)
一回目は腎臓結石ができた時。
痛くて痛くて立っていられない位だったんだけど、
今回も、それと同じくらい大変な思いをしました。

もう流行のピークは過ぎているみたいですが
けっこう大変な思いをすることになるので
皆さんも、体調管理には十分注意して下さいね。

話は変わりまして、
今回は年越しキャラバン三日目。
今年はぴょこさんも加えた家族3人で
SL旅行を楽しんでみたいと思います。
DSC_9818.jpg
停泊地の「くのわき親水公園キャンプ場」から
徒歩圏内に塩郷駅がありますが、
ここはSLが停車しないので
車で15分位のところにある
しもいずみ駅からの乗車です。

ここは券売機も駅員さんもいないので
切符を買うことができません。
SLに乗車してから買うことになるのですが
そのことを知らないと、どうしたらいいのか考えてしまいますね。
DSC_9814.jpg
そしてお待ちかねのSL。
去年は大きな汽笛の音が怖くて
もう二度と乗りたくないと泣いていたラッコ姫ですが、
今年はかなり楽しんでいたようでした。
DSC_9825.jpg
乗車時間がちょうどお昼時だったので
SLの中でお弁当を食べることに。
本当は駅弁を買いたかったのですが、
金谷の駅でしか買えないようなので
ローソンのおにぎりで我慢です。
DSC_9832.jpg
SLかっこいいなぁ~
手すりとか椅子とか
パーツの一つ一つが
とてもおしゃれに見えます。

途中女性車掌さんが私たちの席の脇で
ハーモニカの演奏をしてくれました。
これは良い演出です。
マイクによるアナウンスでなく
直接SLの説明や、いろいろなお話をしてくれる
車掌さんは子供たちに大人気で、
ちょっとしたアイドル並みに写真を撮られていました。
DSC_9836.jpg
ああっ、灰皿だ。
そういえば昔は電車の中でもタバコ吸えたんだよな。
私は吸わないのでありがたいけど、
時代が変わったんだなぁ・・・
DSC_9837.jpg
そんなことを思いながら
お弁当を食べていると
あっという間に終点。
DSC_9838.jpg
あれ~
全然景色見れなかった・・・
なるほど、金谷でしかお弁当買えない理由がわかりました
DSC_9842.jpg
前回は終点の千頭駅周辺を
少し歩きトレーラーに戻ったのですが、
今年は、ここから井川線のアプト式列車に乗り変え
急峻な山をさらに奥へと進んでみたいと思います。
DSC_9858.jpg
SLも面白いですが、
こちらもなかなか興味深い。
ここから先の景色は
更に秘境感を増し、
ガタガタ、ギシギシ、大袈裟な音をだしながら
走る遊園地のおもちゃのような車両は
高速輸送の為の電車しか乗った事のない
私にはとても新鮮でした。
DSC_9889.jpg
ハイライトはアプトいちしろ駅から始まる
最大斜度90パーミル(1000mで90m上昇)の
急斜面でしょう。

9%の勾配というと実感がわきませんが
キャンピングカー泣かせの
中央道談合坂付近の勾配が5%程度だということを考えると
相当な上り坂だということが分かりますね。
DSC_9902.jpg
ここ、アプトいちしろ駅から長島ダム駅の区間は
日本の鉄道路線で最も急な上り区間となっています。
普通の鉄道は7%程度の勾配が限界であるといわれているため
ここから先はアプト式機関車を連結し
そこに取り付けられた「ラックホイールピニオン」と呼ばれる歯車を
線路の真ん中に敷設された「ラックレール」にかませて
上って行きます。
DSC_9909.jpg
ここでは、その連結作業も
見ることができるんですよ!!
DSC_9905.jpg
本当なら終点の井川駅まで行ってみたいところですが、
土砂崩れの為運転見合わせということで、
手前の奥大井湖上駅で降りてみることに。
DSC_9926.jpg
何があるかもわからなかったのですが、
日本の不思議な駅ベスト3で
第1位に選ばれたということで
行ってみたかったのです。
DSC_9999_201601310634075e4.jpg
この駅、両側を「奥大井レインボーブリッジ」に挟まれており
お店や民家は全くありません。
DSC_9970.jpg
なるほど、なぜこんなところに駅を作ったのか
全く以て不思議な話です。

さて、この奥大井湖上駅
下車したはいいが、あるのは無人のレストハウスと
「幸せを呼ぶ鐘」だけで
とても次の列車が来るまでの一時間以上を
潰せそうになかったので
近くにあったハイキングコースを歩いてみることにしました。

この陸の孤島から抜け出す手段は
レインボーブリッジ脇にある歩行者用通路だけ。
これは秘境駅と呼ばれるわけだ・・・
DSC_9947.jpg
この橋、けっこう高さがあり
大人の私でも下を見ると少し怖いのですが、
らっこ姫は全力疾走で駆け抜け
写真を撮っている間に視界から消えちゃった・・・

と思ったら転んで、ふてくされていました。
DSC_9968.jpg
それでも今年は成長しました。
去年寸又峡に行った時は
約二時間、私が片手で抱えて山を登りましたが、
今年は、この急な階段+山道を
一人で上りきりましたよ!!
DSC_9973.jpg
そして視界が開けた先に待っていたのは・・・

やっほぉ~

最高の景色でした。

ほ~ら、らっこちゃん
あの島から歩いてきたんだぞ。

ここまでやりきった事は
彼女にとって大きな自信になったようで、
私は最後まで歩いたんだと
自慢気に話していました。
DSC_9979.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事
Theme: 鉄道写真 | Genre: 写真