激混です!!西湖自由キャンプ場

秋真っ盛りの3連休!!
しかも、今回は勤労感謝の日を含めた連休ということなので、
これは家に居るわけにはいかないでしょう

好きなことを好きなだけして
自分で自分の労をねぎらってこようと思います。

今回停泊地に選んだのは西湖のほとりにある自由キャンプ場。
富士五湖周辺は都心から近く行きやすいせいなのか
観光シーズンは、けっこう混雑しますね。

去年の夏休みに行った
本栖レークサイドの激混み難民キャンプが
あまりにも印象的だった為
この辺りには近づかないようにしていたのですが、
流石に11月も終わりに近づいたこの時期なら
道路は混んでいたとしてもキャンプ場はガラガラだろう。
そう思っていたのですが・・・
IMG_20151121_092447.jpg
すごいな、この開放感!!
普通のキャンプ場って生垣なんかで仕切られている場合が多いから
いくら敷地が広くてもここまでの広々感って得られないんですよね。
CSC_9219.jpg
しかも正面は湖だから
遮るものが何もない。
そして料金は一人1000円(子供は800円)だから
ソロで来たら1000円で一泊二日楽しめるわけです。
都心からも近いし、これは人気がでるわけだ。
IMG_20151121_092622.jpg
自由キャンプ場に着いたのは8時位でしたが
すでにサイトは混みはじめていました。
仕方なく湖から一番遠い人のいない場所を選んだのですが、これがよかった。
DSC_9098.jpg
写真だとわかりにくいですが、ここは周りを木や草に囲まれているうえに
トレーラーの右側は斜面になっているので
他の人が入りづらいのです。
DSC_8945.jpg
因みに最初にトレーラーをセットしようとした辺りは
お昼過ぎには、こんな感じになっていました。

大混雑です。
この状態だと、ちょっと周りの事が気になってしまいそうですね。
DSC_9087.jpg
そして一番気になったのが
この自由キャンプ場、ボール遊びや花火、うるさい犬は
禁止だそうで子連れとしてはちょっと厳しい。
まぁ、彼方を立てれば此方が立たずで、
ソロとか大人だけならこっちの方が快適なんだろうけど、
個人的には遠くで明け方まで動いていた
発電機の音の方が気になったなぁ。
DSC_9001.jpg
そんなことで、朝食の後は
らっこ姫が思いっきり遊べそうな
河口湖総合公園まで遊びに行ってきました。
DSC_8991.jpg
小学生以下の子供なら
ここのちびっこ広場で一日中遊んでいられると思いますよ。
DSC_8997.jpg


DSC_8994.jpg


DSC_9052.jpg
昼食は河口湖の有名パン屋さんレイクベイクに立ち寄り
おしゃれにカフェ飯でも・・・
と思っていたのですが、こちらも激混みで座ることができず
DSC_9060.jpg
私は、ちょうど前の人が帰るところだったので
お店の前に駐車できましたが、
見たところ連休や週末、お店の前に車を止めるのは
無理と思った方がいいかもしれません。

ただ、50m位先に大石公園があるので、
そこに車を止めて歩いて行ってもいいと思います。
DSC_9062.jpg
結局パンはサイトに持ち帰って食べましたが、
本当はこの景色を見ながら食べたかったなぁ~
残念!!
DSC_9064.jpg
そうそう、一番大切なことを忘れていました。
この自由キャンプ場は、歩いてすぐのところに温泉があるんです。
DSC_9101.jpg
これ、どういうことかわかりますか??

そうです、温泉に行くために車に乗らなくて済むのです。
ということは思う存分ビールが飲めるということ!!
DSC_9074.jpg
お気に入りの道具に囲まれて、
普段は買わない高級馬刺しを食べ、
チョコレートマシュマロをらっこ姫と奪い合い、
ウイスキーまで飲んじゃって最高の時間を過ごしました。
DSC_9078.jpg
連休ばんざ~い (^^)/
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

キャンプ場での移動にキックスケーターはどうでしょう

キックスケーターって知ってますか??


そうです!!
公園で子供が遊んでいる、あれです。

うちの子が通う保育園にも
これがあって、上級生が運動会の競技で使ったり
園内で遊んでいるのを見ているうちに
欲しくなってしまったようなので買ってあげました。

以前何かの教育雑誌で読んだのですが、
運動神経に遺伝ってあまり関係なくて
3歳から小学校低学年の運動量で決まるらしいのです。

それを見てからというもの、
週末には公園やアスレチックに連れて行って
少しでも体を動かす機会を作ろうと思っていたのですが、
このキックスケーターは運動神経の発達や
バランス感覚を養うのに特に効果が高いというのです。

それで買ったのがこれ。

キックボード 【送料無料】 キックボード 【代引手数料無料】 キックボード 【プロテクタープレゼント】 キックボード キックスケータ キックボード JD BUG K3 キックボード キックスクーター キックボード jd razor キックボード キックスケーター 子供用 キッズ用

価格:5,180円
(2015/11/8 05:29時点)
感想(539件)



何度か練習して、少しづつ片足で乗れるようになってきましたが
本当に面白くなるまでには
まだ少し時間がかかりそうです。
PA310021.jpg
なんとか上手くなってもらおうと
私が乗って手本を・・・
な~んて思っていたら
何これ、面白いじゃないか!!

子供の教育の事は忘れ
自分がハマってしまってしまいました

大きな箱が届き呆れている
ぴょこさんとらっこ姫を車に乗せ
試乗してきましたが、大人用は更に面白い!!
PA310052.jpg
どのくらい面白いかというと、
子供のおもちゃだと言って呆れていた
ぴょこさんが自分のも欲しい
そう言うくらい面白いのです。
結婚10年にして、やっと男のロマンを理解してくれたのか!?
PA310009.jpg
そしてここからが本題。
今回私が購入したJDRAZOR MS-138 OFF ROADについて
少し書いてみたいと思います。

一番の特徴はウィール(タイヤ)がエアタイヤだということ。
通常キックスケーターはポリウレタン製の物が多いのですが(というかほとんど)
これだとスピードがでる代わりに道を選ぶようになってしまいます。
どういうことかというと、例えば小枝一本あっただけで
バランスを崩しそうになるのです。

後は砂利や芝生にも弱いですね。
砂利道なんか、一蹴りごとにつんのめっちゃって、
まともに移動できませんが、
エアタイヤ搭載のJDRAZOR MS-138 OFF ROADなら
OFF ROADは大袈裟ですが、キャンプ場程度の路面状況なら
けっこうなスピードで移動できますから、
ちょっとトイレとか、自販機でビール買ってくるなんて使い方もOK。

あと、乗り心地が全然違います。
ポリウレタン製ウィールの物だと
アスファルトの道路でも場所によっては手がしびれます。

リアブレーキは泥除けを踏むことでかかります。
PA310015_20151107061648842.jpg
多くのキックスケーターはリアブレーキしか付いていませんが、
こちらはフロントブレーキも付いています。
フロントは自転車と同じレバーを握るタイプのものを装備。
PA310011_20151107061536730.jpg
スタンドは、あると便利。
PA310014_201511070615389b6.jpg
キックスケーターの一番のメリットは
折り畳めることじゃないでしょうか。

小型の折り畳み自転車も持っていますが、
小さいといっても車に積むとけっこうなスペースをとられますし、
軽い物でも10kg程度はあるので
女性が持ち上げてSUVの荷室にいれるのは
けっこう大変かもしれません。
PB070002.jpg
持ち歩く時は、この紐を手に持つか
肩にかけるようになります。
重さは約5kg。
PA310010_20151107061539a5b.jpg
この日は近所にある彩湖のサイクリングコースを
キックスケーターに乗って走ってみました。
一周約5kmですが、これくらいなら楽勝です。

スピードは隣を一生懸命走っているランナーと同じくらいでしょうか。
キックスケーターでこの位のスピードなら
呼吸が乱れる事はありませんが、
足はけっこう疲れます。

勝手に自転車と競争しましたが、
相手が自転車だと勝負になりません。
PA310027.jpg
ツーリングを楽しんだ後は
アスレチックタイム。
PA310057.jpg
今年の夏まではロープにのぼれませんでしたが、
今は、けっこう高いところまで行っちゃいます。
PA310005.jpg
この後、なかなか帰らせてもらえず
真っ暗になるまで遊びました。
PA310069.jpg
まぁ、楽しんでくれたみたいだからいいか
PA310061.jpg

キックボード 【送料無料】キックボード【ポイント10倍】 JD RAZOR MS-138 OFF ROAD オフロード エアータイヤキックボード JDRAZOR キックボード エアータイヤ使用 キックボード 【代引手数料無料】プロテクターセット希望者限定 キックボード

価格:15,980円
(2015/11/8 05:46時点)
感想(28件)




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事
Theme: 自転車 | Genre: 趣味・実用