帰り道の悲劇 

子供って旅行に行くとか
遊びに行くっていうと体調崩さないですか??
どういうわけか、らっこ姫はその傾向が強くて、
そう思いながら、あらためて自分のブログを読み直してみると
家族だけの外出がほとんど・・・

意識的にそうしていた訳ではないのですが、
以前子供の体調不良や
仕事の都合で約束のキャンセルを連続でしてしまった事があって
その時の後ろめたい気持ちが心のどこかに残っているからなのかもしれません。

そんな思いを打毀すべく
高校時代の友人+その家族の計11人で
焼肉大会に行ってきました。
らっこ姫は無事に参加することができるのでしょうか!!

行ってきたのは、ときがわ町にある
「木のむらキャンプ場」
暑い日が続いていた頃だったのと
10人以上が入れるようなタープやテントがなかったので

・水遊びができる事
・大きな日陰がある事
・それぞれの自宅から半径50km以内である事
以上を条件として探しました。

下の写真、丸太の橋を歩いているのがらっこ姫。
今回は無事に参加することができました。
DSCN8429.jpg
最近では年に1、2回しか会えていないけど
20年前と変わらず、楽しい時間を過ごす事ができました。
それにしても、みんな変わらないなぁ~
いくら食べても太らないと言われていた男子は
それぞれ20kg程体重アップしてしまいましたが、
女子は以前より輝きを増したように見えました。
DSCN8432.jpg
外資系企業に勤める友人は
最近会社からの連絡が全て英語で回ってくるようになったと話していました。
その人は英語ペラペラなので問題ないと思いますが、
現場の作業員も含めて全員に対する事なので
中には理解できない人もいて困っている。
そんな事を話していていました。

なるほど、これからは普通に生きていくにも
英語が必要なんだな。

私のようなダメリーマンでもそれは同じ。
先日キャンピングトレーラーの、ノーズウェイトに関する動画を見ましたが
全て英語でした。
私の場合ほとんど理解できていないので
正確には眺めていたとするべきでしょうか

趣味の星空観察にしても同じ様な事があったけど、
まさかこの年になって、しかも遊びで
勉強が必要になるなんて夢にも思っていませんでした。
学生諸君、仕事にも遊びにも勉強は必要ダヨ。
がんばろ~!!

一番俺が頑張らなきゃだな
DSCN8452.jpg
今回、私がメインで場所を決めたのですが、
その時の決め手になったのが下の写真
左側にある炊事場。

宿泊者優先なんだけど、屋根付きで
大きなテーブルもいくつかあるうえに
無料で使えちゃうんです。

今の時期はそれほど混雑しないし、
雨の可能性も高いから
これがあるメリットは大きいのです。
DSC_3235_20150517162111402.jpg
バンガローもあります。
オートキャンプ以外は車を乗り入れられないのがマイナスポイント。
DSC_3238.jpg
川の水はご覧の通り。
最近は月一回のペースでここに来ているけど、
元気な子供ならゴールデンウィーク頃から
入って遊んでいます。
DSC_3236.jpg
大人は真夏まで無理でしょう。
寒いです
DSC_3237.jpg
人見知りならっこ姫も
お姉ちゃん達にベビースターを貰ったり、
水かけごっこで遊んでもらっているうちに打ち解けたのか
最後には大縄跳やシャボン玉大会に
自ら進んで参加しているようでした。
DSCN8502.jpg
めでたし、めでたし。

といきたいところですが、
帰り道に悲劇が・・・

大人しく寝ていると思ったらっこ姫が
急に目覚めて気持ち悪いと一言。

車を止め、大丈夫か??
後ろを振り返った次の瞬間
噴水のように嘔吐。
しかも3連続

その日のうちに病院に行き
結果は胃腸炎。
ぐったりしていたにも関わらず
翌日には完全復活しているところは
流石です、らっこちゃん・・・

愛車の掃除に追われる
私の具合の方が悪くなってしまいました。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事
Theme: 女の子育児 | Genre: 育児

塩原グリーンビレッジ 観光編

塩原グリーンビレッジ第二弾は観光編。
大人は温泉だけでも十分楽しいのですが、
子供はそういう訳にはいきませんからね。

塩原グリーンビレッジには9時過ぎに到着。
キャンプ場のチェックインは13時からですが、
事前にトレーラーを切り離して
駐車場に置いて出掛けてもかまわないと許可をもらっていたので,
ここにトレーラーを置いて出掛ける事に。

広い駐車場では、難しいトレーラーのバックも楽勝。
写真に写っているのは、その一部なんですよ!!

皆さんRVパークや湯YOUパークって
システムは御存じですか??
簡単に説明すると、駐車場の一部が
有料の宿泊スペースになっていて
敷地に温泉があったり電源があったり、
ゴミを捨てる場所があったりするんですが、
(詳しくはこちらhttp://kurumatabi.com/rvpark/
塩原グリーンビレッジにもRVパークシステムがあります。
これなら駐車料金540円+3歳以上一人540円で泊まる事ができます。
例えば我が家ではキャンプ場の利用に約6000円かかっていますが、
RVパークを利用すれば1620円で泊まれる事になりますね。

キャンプ場じゃないので焚火やバーベキューは出来ませんが、
観光メインならこれで十分でしょう。
余ったお金で美味しい物でも食べちゃって下さい。
DSCN8574.jpg
美味しい物といえば、
塩原グリーンビレッジにあるレストラン「ポシェ」の
朝食は個人的におススメなので
是非、予約してみて下さい。
800円でこんな感じのバイキングです。
DSCN8561_201506070554285a6.jpg
前置きが長くなってしまいましたが、
先ずは、箱の森プレイパークへ。

ここは広い敷地の中に
アスレチックがあったり、川遊びのできる場所があったりする
那須塩原市が運営する施設。
ケビン(バンガローみたいなやつ)や温泉もあって
泊まることもできるんですよ。
DSC_7921.jpg
らっこ姫は滑り台やブランコで遊び
ご満悦のようです。

なんで子供って坂があると走りだすんでしょうか??
転ぶからやめとけって言ったのに・・・
下り坂で止まりきれず転んでました。
DSC_7918.jpg
らっこ姫が楽しみにしていた川遊び。
水がきれいで、浅くて、
小さな子供と遊ぶには最高なんだけど
水が冷た過ぎて、あまり付き合えませんでした。
ごめん、らっこちゃん
DSC_7934.jpg
花畑の中を走る電車は
鉄橋があったり、トンネルがあったり
面白かったよ。
DSC_7979.jpg
塩原グリーンビレッジから徒歩圏内には
ちょっとした吊り橋や
滝がいくつもあります。
ここは七ツ岩吊り橋。
DSC_8049.jpg
ここは不動の湯に入った後に
歩いて行った竜化の滝へと続く遊歩道。
DSC_8068.jpg
この滝は歩いて15分程の場所にある風挙の滝。
竜化の滝は、ここからさらに10分程歩くので
ここで帰ってしまわないように注意です。
DSC_8070.jpg
そしてこれが竜化の滝。
3段になって流れる様子と
その轟音は竜が天を目指して飛翔する姿そのもの。
素晴らしいネーミングです。


龍化瀑二十五丈を若葉する
    毛欅のかこめりうえは岩山

              与謝野晶子


昭和9年、与謝野 鉄幹夫妻が
塩原で遊んだ時に詠んだものです。

私もこれくらい洒落た事を書ければ
ブログのアクセスもアップするんだろうけど
無理だな・・・
DSC_8106.jpg
最後は千本松牧場。
ここはお金があれば最高に楽しめますね。
逆に無いと何も出来ないかも
残念ながら、うちは後者だったところに、
うまいもんフェスティバルなんかやっちゃってるから
もう、どうしようもない
DSC_8167 - コピー
らっこ姫は、あれが食べたい
これが食べたい。
それに乗る、もう一回乗ると大暴れ。
DSC_8125.jpg
こういう時に子供を宥めるのは注意が必要だ。
友人は事あるごとにパパは貧乏だから・・・
と説明していたところ、
ある時パパは貧乏だから私我慢すると言われて
ショックを受けたと話していた。
自分で言うのと子供に言われるのは
だいぶ気分が違うものらしい。

そんな事を思っていると
らっこ姫は気球に乗りたいと言い出した。
やばい、確かに面白そうだけど
お前、それいくらするのか知ってるのか??
皆で乗ったら3分5000円だぞ!!
DSC_8143.jpg
もうダメだ、
強制退去だ・・・

そう思っていた時に後ろから爆音が聞こえた。
なんだ??
だれか歌っているのか??
あの、ノリノリのおじさん達はもしかして・・・
AKBなの??

AKBではありませんでしたが、
ジェリービーンズという栃木県のご当地アイドルでした。
DSC_8135.jpg
このグループは選曲が素晴らしい。
泳げたいやき君やアップテンポの曲を
数曲披露してくれている間に
らっこ姫は手をたたき、腰を振りご機嫌に。

ありがとう、ジェリービーンズ。
私もファンになっちゃいそうです。
DSC_8137.jpg
おしまい。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事