幕張キャンピングカーショー 行って分かったキャンピングカー選びのポイント

毎年恒例のジャパンキャンピングカーショーに
今年も行ってきました。

お昼頃行けば、みんな食事をしているので会場も
いくらか空いているだろうと思い
隣のイオンモールにあるカルビーショップで
揚げたてポテトチップを食べ時間をつぶしてから
チケット売り場に行ってみたのですが・・・
DSCN7898.jpg
とんでもない!!
かるく100人は並んでいました。
思ったより待ち時間が少なかったので
よかったのですが、キャンピングカーに興味を持っている人って
こんなにいるんだ~

これならもう少しブログへのアクセスが増えても
よさそうなものだけど、それはまた別の問題か
DSCN7901.jpg
いや~
それにしても凄いスケールだ。
約300台のキャンピングカーと
人、人、人・・・
それに加えて我が家の暴れん坊将軍なので
当然ゆっくり見学している暇はありません。

将軍がウサギ??に気をとられてる隙に
事前に作っておいた見たい車リストを片手に
見学開始です。
DSCN8012.jpg
キャンピングカー選びの基準は人それぞれ。
私の場合は5mX2mクラスのキャブコンがベストなのは
分かっているのですが、
仕事で自分の車を使わなければならない時がある事や、
駐車場問題を考えると
現実的にはハイエースベースがいいかなぁと思っています。

そこで今回一番気になっていたのがこれ、
ミスティックのマティアス。
DSCN7905.jpg
何がいいって、この価格で
電子レンジや冷蔵庫、走行充電、サブバッテリー、外部電、遮光カーテン等
必要な装備がほとんど付いちゃってる。
あとはFFヒーターがあれば、どこでも行けちゃうね!!
DSCN7904-2.jpg
これにしちゃおう!!


月一で遠出して、他の週末はスーパー銭湯めぐり。
昼間は秋ヶ瀬公園までこれで行って
らっこ姫と遊ぼう。

一人妄想の世界に入ってしまいましたが、
ぴょこさんの横向き乗車は嫌の一言で我に返りました。
危ない、危ない、手持ちの12000円を頭金に購入するところだった(無理か)

写真はナローボディーベースのコンパクトなやつでしたが、
スーパーロングベースのやつもあり
値段も10万円位しか違わないので
そっちもいいかなぁ~
DSCN8026.jpg
横乗り問題を解決してくれるのが
こちら、タコスのハイエース2B。
DSCN7991.jpg
フロント3人掛けも出来るから
我が家なら全員フロントシートOK。
DSCN7994.jpg
子供が大きくなって狭くなってきたら
後ろ座ってもらいましょう。
もちろん前向き乗車で。

普段は運転席側のリア部分を
常設ベッドに出来るから
趣味の星空撮影につかれたら
先ずは宴会、そのままベッドINなんてことも可能
これぞキャンピングカーの醍醐味。

試乗会に誘われたけど
行っちゃおうかしらん
DSCN7992.jpg
同じハイエースベースでワイドミドルルーフの車両も
何台か見て回りました。

こちらは縦横のバランスの問題なのか
見た目が非常にカッコイイし、
たいていのショッピングモールの駐車場に入ることのできる
全高210cmは絶妙なサイズだと思ったのですが、ひとつ問題が。
ミドルルーフだと車内で立てないのです。

全高はナローハイルーフと比べて15cm位しか変わらないのですが、
この差が大きい。

ハイルーフで身長172cmの私が車内に立つと
少し猫背になるくらい。
これがワイドミドルルーフの車内だと
深くお辞儀をするような体勢になり、
着替え位ならなんとかなりますが
調理になるとかなり苦しくなると感じました。

車内で立てるか立てないかの差は
けっこう大きく、例えば全長6mちかくある
フルサイズのアメ車、サバーバンなんかでも
一週間車内で生活するのはキツイと思いますが、
それよりかなり小さいニワドートレーラーなら楽勝です。

高さ以外同寸法のステーションワゴンとワンボックスで
比べてもやはり同様な事が言えるでしょう。
キャンピングカー選びにおいて
高さは大変重要なのです。

生活環境が許すのであれば
なるべく全高のある物を選んだ方がいいと思います。
DSCN7961.jpg
その点で考えるとバンショップミカミの
DテントムシNタイプはいいですね~
DSCN7953.jpg
ポップアップルーフを上げれば
余裕で立ちあがってジャンプもできそうですし、
二階で寝る事もできます。
人が多すぎて中がよく見れなかったのが残念。
DSCN7973.jpg
小さいトレーラーも流行りのようです。
DSCN7984.jpg
二人乗り仕様のNBOX??で牽ける
キャンピングトレーラーがありましたが
これなんか近づけないくらいの人だかりができていました。

国内ではイマイチ人気の無いように感じるトレーラーも
それなりのデザインとサイズ、使い勝手を備えていれば
けっこう売れそうな気がしました。
DSCN7983.jpg
これ、ちょっと欲しいかも。
ミニビッグトレーラー
水陸両用で普段はキャンピングトレーラー、
水のある所だと船になるそうです。

これで釣りにでも行ってみたいところだけど、
海水は大丈夫なのだろうか??
錆びが心配だなぁ。
DSCN7945.jpg
こちらはぴょこさん絶賛のトレーラー
オートワンのワンカーゴ。
これでフリールームがあれば
欲しいかも
お値段189万円~
DSCN7929.jpg
キャンピングトレーラーは手で押せる重さも
重要だと思っています。

私のニワドーでも1cm段差があったら手押しできないけど、
これならなんとかなるかも!?
けっこうあるんですよ~
こういうシチュエーション。
DSCN7923.jpg
私のキャンピングカーライフに一番合っていると思ったのがこちら
フジカーズのACE ONE 330DL
DSCN8002.jpg
ベッド展開出来るリビングに
DSCN8020.jpg
常設二段ベッド
DSCN8022.jpgきっ
オサレなキッチンまで付いて179万円~
さっきのワンカーゴより安いじゃないか~
DSCN8023.jpg
駐車場問題が解決できれば
これだな。
ジムニーとセットで買っても
ハイエースより安いぞ!!

ジムニーで牽けるか聞いてみたら
止めて下さいと言われてしまいました。


このキャンピングカーショー、
車の見学はもちろんですが、
トークショーや料理教室、キッズコンサートや
バンド演奏等楽しいイベントが沢山あります。

近くには巨大なショッピングモールがあり
買い物も楽しめますので、
まだ行った事の無い方は是非遊びに行ってみてはどうでしょう。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

スタックから助けてくれたのは・・・ 成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

いやぁ~、どっか行きたいな~
何でもいいから家からでたいな~

ぴっぴこファミリーでは
月一回を目標にトレーラーを牽いて
遊びに行く事にしています。

こう書くと義務のようですが、
実際にはこれ以上間隔を空けると
出掛けたくてしょうがない私にはストレスになってしまうのです。
今月も早く遊びに行きたくてしょうがなかったのですが、
後ろめたい気持ちがありまして・・・

実は前回のトレーラー旅から帰った翌日
らっこ姫が熱をだし、その翌日は自分が体調を崩し
二人揃って40℃ちかい熱をだしてしまったのです。
幸い二人ともインフルエンザではなかったのですが、
そんなことがあったので、ぴょこさんに
キャンプに行きたいと言い出せないでいたのです。

遊びに行きたい、だけど言いだせない・・・
こんな遣る方無い気持ちを吹き飛ばしてくれたのが
ここ、成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場。
DSC_7308-2.jpg
何がいいって「あったか宿泊パック」が最高なんです。
具体的に説明すると、
ホットカーペットx1、毛布x1、延長コードx1、焚火台x1、着火剤x1、薪1束、
四人までのキャンプ場使用料、それと4人までの牧場入場券が2日分。
大人二人、子供二人で約14000円かかる利用料が
たったの6500円という夢のようなプランがあるのです。(駐車代1200円は別途)

身体も懐も寒い冬(懐は俺だけか
せめて身体だけでも暖かく過ごそうじゃありませんか。
DSCN7786.jpg
ぴょこさん、明日キャンプに行くからね!!

え~、嫌だよ
だって寒いじゃん・・・

フッフッフッ、思った通りの答えだ。

こんな奥さまには「あったか宿泊パック」の説明をしてあげれば
ほら、この通り。
トレーラーのセッティングまで完了です。
DSCN7792.jpg
トレーラーをセットした後は歩いて5分程の場所にある
成田ゆめ牧場へ。

このロケーションがいいですね。
大人はキャンプ場でビール片手に焚火でもしていれば楽しいですが、
これでは子供は退屈です。
ちょっと飽きてきたかなぁ~
と思ったら散歩がてらここへ連れてくれば

芝滑りや
DSCN7794.jpg
アスレチック
DSCN7795.jpg

DSCN7796.jpg
ウサギの散歩等いろいろ遊べて
子供達は大人以上に楽しんでくれるはず。
DSC_7237.jpg
あっという間に楽しい時間は過ぎるのでした。
DSC_7268.jpg
それにしても、電源サイトは素晴らしですね!!
トレーラーには暖房があるし、バッテリーから
電源をとることもできるので
電源サイトは不要と思っていたのですが、
バッテリー容量を気にしなくていいのは気楽です。

夜はセラミックファンヒーターをタイマーセット、
電気カーペットをつけっ放しで寝ましたが
本当に暖かく、家で寝るより快適な程でした。
DSC_7250.jpg
と、まぁ概ね満足なキャンプ場だったのですが、
ひとつ問題が。

この時期霜が降り、それが融けると
地面がぐちょぐちょになり一面がスタック地獄となってしまうのです。
こうなってしまうと、どうしようもなく
車だけなら手押しで何とかなりましたが
トレーラーは足元が滑り力が入らず1ミリも動かせず・・・

いろいろな場所で何度となくスタックしかけ、その都度力尽くで脱出してきた
ぴっぴこも今度ばかりは無理でした。
仕方なくキャンプ場へ応援要請する羽目に
DSCN7784.jpg
そして待つ事20分
助けに来てくれたのは、まさかのホイールローダー。
嬉しいけど、恥ずかし~

重機ってすごいなぁ
大人二人でびくともしなかったトレーラーを
簡単に牽引してくれました。
しかもパーキングブレーキの解除を忘れ
ブレーキのかかった状態で。

写真で見るとそれほどぬかるんでもいないようですが、
これがかえって仇となり、思ってもいないところでハマってしまうようです。
私も一台手押しで救出し、他にもハマっている車が
何台もあったので、この時期にゆめ牧場キャンプ場に行かれる方や
雨や雪の後に行かれる方はトイレが近いとか
人が少ないというところより地面の状態優先でのサイト選びを
おすすめ致します。

万一スタックしてもホイールローダーがありますが
やっぱりかなり恥ずかしいので・・・
DSC_7306.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事