首都圏では貴重な無料キャンプ場

キャンピングカーの醍醐味は
リーズナブルに旅を楽しめる事にあると思います。
ちょっとキーボードを叩けば
車中泊できそうなスポットがいくつもでてくる事でしょう。

星空が美しく見えそうな場所、
ホタル舞う川辺、
熊はいそうだけど、人の気配が全くない山奥の駐車場。
そんな場所を見付けた時は
スマートフォンのメモアプリに記録し、
いつか訪れるであろう
その土地での過ごし方を
想像力を目いっぱいに働かせ考えます。
私の携帯には、そんな場所がいくつも記録されているのですが、
実際はなかなか行けないんですよね

いくら宿泊費が無料でも
その場所が自宅から300キロも離れていれば
往復の交通費だけで2万円もかかってしまいます。
それでは何度もお出掛けはできませんよね。

自宅から近くて、子供連れでも安心してトレ泊できる場所はないものだろうか。
ついでに温泉施設が近くにあり
24時間利用できる水洗トイレがあれば最高だな。
でも、そんなのあるわけないよな~
あっても高規格、高金額キャンプ場だよな~
と思っていたら、ありました。

それが今回ご紹介の天然温泉かんなの湯。
以前単身赴任で隣町の本庄に住んでいたことがあり
ここには何度か来た事があったのですが、
ここがキャンパーのメッカになっているのは
最近まで知りませんでした。

その理由は、かんなの湯裏にある自由広場。
無料でキャンプが楽しめ広場があるんです。

さっそくトレーラーをセット。
他に数台のキャンピングカーが止まっていましたが、
スペースに余裕があるので
回りの事は全然気になりません。
DSCN6974.jpg
正式には神川ゆ~ゆ~ランドと呼ばれる
運動公園の一部でキャンプ場ではないようですが、
ちゃんと炊事場も完備されています。

それに24時間使用可能なトイレと
17時には施錠されるゲートまで付いて
その設備はキャンプ場顔負けです。
DSCN6979.jpg
今日のランチはナンカレー。
なかなか美味しそうでしょ??
DSCN6993.jpg
人懐こい猫ちゃんがいました。
らっこ姫を追いかけ回し泣かせていましたが、
かわいいから許してあげよう。
DSCN6984.jpg
トレーラーの窓から見える景色はこんな感じ。
DSCN6995.jpg
かんなの湯は赤ちゃんの入浴ができません。
なので小さな子をお連れの場合は
車で5分程の場所にある白寿の湯に行きましょう。

私は、かんなの湯と白寿の湯の両方に入ってみました。
かんなの湯は広くて沢山お風呂があるけど
水道水のようなお湯が残念。
ただ、飲むと痩せる炭酸水や健康に良さそうなお茶が飲み放題であったり
岩盤浴ができるのはプラスポイント。
相当炭酸水を飲みましたが、
体重は減っているでしょうか。

白寿の湯はお風呂の数は少ないけど、
茶色く濁ったお湯が温泉気分を盛り上げてくれると言う事で
好みの問題だとおもいますが、
私は白寿の湯が良かったかな。
DSCN6997.jpg
入浴後は個室を貸切
ディナータイム。
次々に生ビールをオーダー。
たらふく飲んだ炭酸水もなんのその!!
今日はこの為に来たのですから。
DSCN7009.jpg
らっこ姫の笑い声が響く中
冬の長い夜は更けてゆくのでした。
DSCN7029.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

理想のキャンピングカーを探しに幕張キャンピングカーショーへ

我が家にトレーラーが納車されて約一年、
その当時は元がとれるのか?
持て余すのではないか?等いろいろ思う事があり
本当に悩んで迷って購入を決めたキャンピングカーですが、
無駄遣いの多い私としては、稀に見る
良い買い物だったのではないかと思います。
(元がとれるかはわかりませんが)

キャンピングカーを購入する際に聞く言葉として
お金の事は後でなんとかなるけど、家族との時間は今しかないんだよ。
そんな話を聞く事がありますが、
今は実感としてそれを感じているところです。
この一年で撮った1万枚以上の写真や
子供と遊んだ時間は、いくらお金を払ったところで
もう買う事はできないのですから。

そして実際にキャンピングカーを使ってみて
必要なもの、そうでないもの、
理想のキャンピングカー像みたいなものが見えてきたので、
実際に私の望むようなキャンピングカーがあるのか、
幕張キャンピングカーショーまで探しに行ってきました。

私のイメージする理想のキャンピングカーとは

1 フリールーム(トイレスペース)があること。
2 大人4人が無理なく就寝できること。
3 常設2段ベッドか2ダイネットを備えること。
  (どちらもあれば最高)
4 新車で350万円位で買えること。
5 全長5m20以下、全幅2m10以下であること。

以上の条件を備えたキャンピングカーを探して
幕張メッセを歩いてみました。


歩いてみましたが、こんなキャンピングカー全然ありませんね。
特に4番の350万円以下という条件を入れてしまうと不可能みたいです。
どうせ350万円以下でも買えないので、
少しハードルを下げて400万円前後までで探してみることに。

まず最初に目に入ったのが
オーエムシーの北斗。
価格は405万円からだし
ベースは、ハイエースのワイドボディーだからサイズも問題なし。
フリールームではないけれど、
リアの部分が独立した部屋になっているから
ポータブルトイレを置いておけば
トイレルームとしても使えそう。
これはいいかも
と思いましたが就寝定員が2名なので
我が家で使用するのは厳しいかな。
DSCN7052.jpg
これなんかデザイン最高。
DSCN7075.jpg
本当はアメ車ベースがいいけど、
V8、6000ccでガソリン満タン150Lも入っちゃうと
自分の身体に燃料補給(ビール)できなくなってしまいます。
DSCN7078.jpg
軽ベースのキャンピングカーだったら
うちでも無理すればなんとかなりそう。
高速代や税金も安い。
ミスティックのミニポップBeeなら4人乗れるうえに
デザインもかっこいい!!
オプションで個室トイレが付けられれば
買っちゃうんだけどなぁ~
DSCN7094.jpg
あおりの部分がテーブルになるんです。
コンパクトカーのトランクに折りたたみテーブルを入れると
それだけでけっこうなスペースを使ってしまうけど、
これなら無駄がありませんね。
DSCN7097.jpg
全ての条件を満足させると
どうしてもトレーラーになっちゃいます。
こちらはインディアナRVのシルバー310。
充実装備とお手頃価格が魅力のトレーラーですが、
大きなトレーラーを1台ガレージに入れると
駐車スペースの関係でヘッド車は全長4m前後の小型車しか選べなくなります。
DSCN7099.jpg
車重1500kgで150馬力、全長4m以下の4輪駆動車があれば
間違いなくトレーラーなんですが、
そんな車ないですよね
DSCN7100.jpg
今回一番条件に近かったのが
アドリアのトレーラーAVIVA350。
常設二段ベッドが付いてしるし、トイレもある。
車両重量712kgでサイズのわりには軽量だし、
全長があと10cm短ければ間違いなく次期愛車候補です。
DSCN7106.jpg
トレーラーは存在感も抜群ですね。
DSCN7104.jpg
トレーラーの中で特に人が集まっていたのは
RVランドの折りたたみトレーラー、ALINER
人が多すぎて写真が撮れないくらいでした。
人気の秘密は値段とコンパクトなサイズでしょうか。
新車で160万円台で買えるうえに
2ダイネットでFFヒーター付き。
ニワドーはRVランドで買ったのですが、
その時ALINERも展示してあり
かなり迷ったのを覚えています。
結局トイレの有無でニワドーにしたのですが、
今見てもいいトレーラーだと思います。
トレーラーを牽引するときに気になるのは
後方視界の悪さです。
多くの場合牽引車の幅は180cm以下だと思いますが、
トレーラーの幅は210cm以上あることが多いと思います。
そうするとサイドミラーではけっこう死角が多くなってしまうんですよね。
確認はしていませんが、
このトレーラーならバックミラーで後方視界が確保できそうな気がします。

RVランドのブースでは
オーナー専用ラウンジみたいなのがあって
私も休憩しコーヒーをいただいたのですが、
会場内ではなかなかゆっくり座って休むことができないので
いいサービスだと思いました。
DSCN7070.jpg
トヨタ車体と子会社の東海特装車展示していた
4人家族向けキャンピングカー、「かがやき」
バンコンは日常生活でも使える気軽さが魅力だけど、
トイレルームが付いていないものが多いですね。
DSCN7110.jpg
ここでは新型ノアをベースとした「ときめき」も展示してありました。
新型ノアはハイブリッドカーもあるみたいだから、
ベースにこちらを選べば燃費のいいキャンピングカーになりそうですね。
どうしても走行距離が増えてしまうキャンピングカーですから
燃費は重要です。
DSCN7113.jpg
今回のショーで一番理想に近いと思ったのがこれ、
東和モータースのカービィー。
DSCN7117.jpg
バンクベッドは常設できるのかな??
ニワドートレーラーはダイニングテーブルを展開して
ベッドにするタイプなので、
食事をしてワインを飲み泥酔した後に
テーブルを展開しベッドを作る作業が待っています。
この作業がけっこう大変。

寛いだ気分のまま布団に潜り込めるというのは
快適なキャンピングカーライフにとって重要なことなのです。
まぁ、ニワドー君のベッドメイクの大変さは
扱いやすいサイズの代償でもあるので、
そこは納得して買っているんですけどね。
DSCN7118.jpg
あと私にとっての自走式のメリットとは
子供を寝かしたまま移動できるということ。
トレーラーだと走行中は人を乗せる事ができないので
移動中はヘッド車に乗る事になるのですが、
その中で寝ている子供を起こしてトレーラーに移動する作業は
子供のご機嫌を損ねてしまい大変なんです。
自走式なら高速の夜間割引のある時間帯に高速に入るだけ入ってしまい
そのままパーキングで仮眠をとるなんて事もできそうですね。

いやぁ、お金もないのに真剣に悩んでしまいました。
あなたはお気に入りのキャンピングカー見付けられましたか??
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

まだ早かったか!?

友人から東武動物公園の無料入場券を貰ったので、
遊びに行ってきました。

東武動物公園はその名の通り動物園を中心とするレジャーランドですが、
木製コースターレジーナが人気の遊園地や夏季に営業される大型プール等
テーマパークとしても有名な施設です。
今の季節は冬をテーマにしたイルミネーションもあり
朝から夜まで楽しめるハイブリッドレジャーランドを
隅々までご紹介!!
DSCN6972.jpg
と、思っていたけど
早速らっこ姫に出鼻をくじかれる

この先に本当の動物がいるんだから
そんな看板、なでなでしなくていいんだよ。
DSC_2099.jpg
キリン、ライオン、熊、
ポールに取り付けられた動物の看板全てに抱きつき話しかけるので
なかなか先に進めません。

無理に離すと暴れるし、
困ったものです。
DSC_2102.jpg
その後も落ちているゴミをそこらじゅうから
拾い集め、ゴミ、ゴミ、と言って私に渡してくれます。

確かに家ではお願いしているけど、
ここでやってたら一日ゴミ拾いで終わっちゃうじゃないか・・・。
日頃の情操教育の成果がこんなところで顕れるとは
なんだか複雑な気持ちです。
DSC_2077.jpg
このままではゴミ拾いで一日終わってしまいそうなので、
隙をみて写真だけでも。
DSC_2084.jpg

DSC_2058.jpg

DSC_2090.jpg
ペンギンかわいいっ!!
と思ったけど、意外と目付き悪いのね。
DSC_2094.jpg
その後もらっこ姫は
Going My Way
DSCN6962.jpg
珍しいホワイトタイガーよりも
おやつの時間が気になっているようでした。
DSCN6963.jpg
あわよくばイルミネーションも、
な~んて思っていたけど
残念ながらそんな感じにはなりませんでした。


動物園はまだ少し早かったかな・・・。
そんな事も思いましたが、
一生懸命ゴミを拾い
動物を可愛がる(看板だけど)姿を見て
娘の成長を実感している親ばかなのでした

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事