カセットガスストーブはFFヒーターの代わりになるか?? その性能をテストしてみた

ぴっぴこ家のキャンピングトレーラには
プロパンガスを燃料とするFFヒーターが装備されているのですが、
先日プロパンガスの残量が少なくなってきたので
充填してもらおうと、近所のガス屋さんに行ったところ
キャンピングカーへの充填はやっていないとの事。

仕方ないので他のガス屋さんをインターネットで調べ
電話や直接行って充填をお願いしてみましたが
全てのガス屋さんに断られてしまいました。

プロパンガスを車に積んで走るキャンピングカーの場合
事故が起こった時に危険だからと言う事を言われましたが、
そんなこと言ったらガソリンだって同じような気がするんだけど、
どうなんだろう??

他にも、初めて取引する人はダメとか、
プロパンガスの充填拒否問題
噂には聞いていましたが、こんなに深刻なものとは
正直思っていませんでした。
この不景気の中、多少高くてもいいから
入れて下さいとお願いしているのに
どこも充填してくれないなんて・・・。


それならこっちにも考えがある。
調べてみると、今は灯油を燃料とするFFヒーターを発見。
これは良さそうだが、値段がちょっと。

他にもカセットガスを何本か連結して
LPガスボンベの変わりに使う物等、
面白そうだけど、ちょっと問題ありそうな物が多い中
辿り着いたのがカセットガスストーブ。

その名の通りカセットガスを燃料にしたストーブで、
電池も電源もいらないし、燃料のカセットガスは
コンビニや100円ショップでも買う事ができます。

これだ!!
私の探していた物は。
このカセットガスストーブ、
私が知らなかっただけで
世間では広く使われているようで、
ちょっと探しただけで沢山のガスストーブがヒットします。

中には2000円位で買える物もありましたが、
ちょっと奮発して7380円とちょっと高いけれど
安心して使えそうな
IwataniのCB-STV-3WRを購入。
DSC_2130.jpg
2~3千円の物との違いは安全装置。

このガスストーブには
ボンベが過熱され、容器の圧力が上がった時に
自動的にボンベが外れストーブを消火する圧力感知装置や
立消え安全装置、転倒時消火装置、
そして不完全燃焼をおこす前に、ガスを遮断してストーブを消す
不完全燃焼防止装置が付いています。
格安ガスストーブは屋外専用となっているのが普通ですが、
Iwataniのガスストーブはこれらの装備によって
室内でも使えるようになっているのです。

ただ、心配なのは暖房性能。
カセットガスって寒さに弱いって聞くけど、
真冬の使用に耐えられるものなんだろうか??
購入前から気になっていた事を
実際にキャンピングトレーラーの中で
テストしてみることに。


テスト内容はガスストーブを使ったトレーラー内の気温を
15分間隔で計測、同時に万が一の時の為に
先日紹介した一酸化炭素警報機を使用し http://kozakura71.blog91.fc2.com/blog-entry-217.html
一酸化炭素濃度も計測してみる事に。
時間は外気温が下がっていくであろう時間帯と言うことで
23時スタートとしました。

外気温0℃、トレーラー内の気温3.2℃の状態からテストスタート。

スタート 室温3.2℃ 一酸化炭素濃度 0ppm

トレーラーが暖まるまでじっとしているのも辛いので、
星空撮影でもして待つことに。
DSC_2125.jpg

15分経過 室温4.2℃ 一酸化炭素濃度 4ppm

DSC_2128.jpg

30分経過 室温6.2℃ 一酸化炭素濃度 2ppm

暇だ~、暇すぎる。

45分経過 室温7.7℃ 一酸化炭素濃度 0ppm

徐々に上昇をみせるトレーラーの温度計とは
反対に少しずつ下がる外気温。
車の温度計は-2℃を表示。

60分経過 室温9.3℃ 一酸化炭素濃度 0ppm

夜中の12時に、俺はいったい何をやっているんだろう・・・。

75分経過 室温10.7℃ 一酸化炭素濃度 2ppm

トレーラーも暖かくなってきたので
ポータブルスピーカーをセットし
音楽鑑賞でも。
DSC_2132.jpg

90分経過 室温12.0℃ 一酸化炭素濃度 0ppm 

誰もいない山奥で
曲の変わり目に一瞬だけ広がる
静寂の世界。

105分経過 室温13.1℃ 一酸化炭素濃度 1ppm

ずっと見ていたくなるストーブの灯り。
こんな週末も悪くないかも。
DSC_2135.jpg

120分経過 室温14.6℃ 一酸化炭素濃度 0ppm

この後も室温は上昇を続け、
布団に入る頃には室温は18℃にまで上がっていました。
カセットガスのランニングコストも気になっていましたが、
一本で3時間近く使用し、まだ若干残っているようなので
思っていたより燃費もいいようです。

今回のテストで真冬でもプロパンガスなしで
なんとかなる事はわかりました

が、しかし、冷蔵庫やボイラーもあるし、
やっぱり使えるならFFヒーターを使いたい。
不本意ではありますが、私の充填所探しは続くのでした。

【新春特別セール】イワタニ カセットガスストーブ CB-STV-3 Iwatani

価格:7,380円
(2014/1/25 22:02時点)
感想(934件)




*注*
本商品は一般家庭での使用を前提とした屋内用ストーブです。
キャンピングカーやテントの中での使用は想定されておらず、
このような特殊な使い方は怪我や火災等の原因となることもあると思います。
取扱説明書を十分ご理解いただき、正しくご使用下さい。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

強風でトレーラーが・・・

大満足だった有野実苑での年越しキャンプ。
年越しを待たずに寝てしまったのは予定外でしたが、
学生の頃に車の中で眠り
海や山で遊び回った時のワクワクした気持ちを思い出す
楽しい一日になりました。

当初は家でお留守番のぴっぴこ(インコ)の事を考え
このまま帰宅する予定でしたが、
あんまり楽しかったので
このまま旅を続ける事に。
ごめん、ぴっぴこ

そして向かった先は東京湾観音。
それにしてもこの風はなんとかならないものか・・・

ヤフー天気によるとこの日の風速は9m。
快適に走れるはずの圏央道も
ちょっとスピードを上げるとスネーキングの兆候が現れる為
60kmで走行する羽目に。
圏央道は、たまに追い越し車線のある区間があるものの
そのほとんどが一車線で
長蛇の列の先頭を走るのは
非常に心苦しいものがありました。

富津に着いて更に勢いを増す風に煽られ
何度も転んでしまうラッコ姫。
それでもテンションMAXの笑顔で
私の元に駆け寄ってくる君は流石です。
逞しくなりやがって!!
DSC_1965.jpg
高さ56m、大迫力の観音様は
近くからの撮影だと画面に収まらないので
駐車場からパチリ。

この観音様、顔の部分が展望台になっていて
一人500円を支払えばそこから
東京湾を一望できるようになっています。

大混雑を予想していましたが
意外と人は少なく快適な初詣となりました。
DSC_2009.jpg
せっかく千葉に来たのですから
旨い魚を食べないで帰るわけにはいきません。
今回訪れたのはTVや雑誌等で有名な「ばんや」
DSC_2042.jpg
評判通りの味と、ものすごい量で
コストパフォーマンスは抜群。
DSCN6951.jpg
お決まりで定食二人前を食べてしまいましたが、
そんな私も「ばんや」では一人前でよかったかもしれません。
もし、食べきれなくても有料でプラスチックケースがありますので
それに入れて持ち帰りもOKです。
DSCN6950.jpg
海に沈む夕日を撮りたかったのですが、
東京湾観音での
お昼寝が長すぎて「ばんや」に着いた時には
日は沈んでしまった後でした。
DSC_2018.jpg
この空の色はなんて表現すればいいんだろう??
自然が織りなすグラデーションの美しさと、
トレーラーの中でたっぷり昼寝をしたにも関わらず
今なお、車の中で寝ている二人に驚かされたのでした。
DSC_2027.jpg
そういえば、ここにはもう一台
サバーバンでトレーラーを牽いてきている方がいました。
私の住む隣町の方で、少しお話しできたのですが、
9mの強風の中、アウトリガーを出す為の六角を紛失した事に
気付いた直後だったのと、
ラッコが目覚めて暴れだしたのが重なった時でバタバタしてしまい、
ゆっくりお話しできなかったのが残念でしたが、
トレーラーを牽いていれば
きっとまた何処かでお会いできるでしょう。
DSC_2043.jpg
食事の後は、ラッコと二人で貸切状態の「ばんやの湯」へ。
誰もいなかったので、年甲斐もなく浴槽で泳いでしまいました。
なんという解放感でしょうか。

今年のお正月はトレーラーと
家族のおかげで
リーズナブルに、だけど贅沢に過ごす事ができたように思います。
DSC_2048.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

和太鼓、ハマグリ、初日の出、有野実苑で年越しキャンプ

学生の頃は元旦といえば
初日の出サーフィンでした。
リンクにもある、ブログ世界ふれあい旅日記の
管理人ヒーロー君と
日の出を見ながら海に入り
夕方まで水に浸かりながら
将来の夢やこれからのこと、
ずっとサーフィンは続けよう、
旅人でいようと語り合ったものです。

そんな大晦日、元旦も20年ちかく経つと
だいぶ変わり、暖かい部屋でプリンを食べながら
ビールを飲み、電気やTVをつけたまま
酔って寝てしまうという体たらく。

これで本当に旅人といえるのか??
これじゃただの酔っ払いじゃないのか??
そんな思いを払拭すべくトレーラーを牽き向かった先は
千葉県山武市にあるオートキャンプ場「有野実苑」
DSCN6930.jpg
都心から近いオートキャンプ場なんて
旅人っぽくなくねぇ??
そんな声も聞こえてきそうですが、
WILDぴっぴこも今は妻子ある身。
程良くWILDでいいのです。

先ずは高級トレーラー
DSC_1936.jpg
ではないけれど、信頼できる旅の相棒を
サイトにセットしベース基地の完成です。
DSCN6926.jpg
サイト自体は広々といったわけではないけれど、
前方にはちょっとした広場があり
解放感は充分。

そして、回りは木で囲まれていて
隣の人は全然気になりません。

広場にはブランコ、アスレチック等があるし、
希望すれば野菜の収穫体験なんかもでき、
自分で収穫した野菜でバーベキューなんかも楽しそう
DSCN6924.jpg
とは思ったのですが
今日はらっこ姫に海を見せたかったので
蓮沼海浜公園に行くことに。

どうだい、らっこ君。
海は広いだろう。
DSC_1803.jpg
期待していた反応はなく、
らっこ姫はトーマスに夢中になっているようです。
あんまり楽しそうなので乗ってみたのですが、
一回200円で1分位(感覚的に)しか動かないので
らっこ姫も物足りない様子。
DSC_1845.jpg
せっかくなので走行距離日本一を誇る
ミニトレインにも乗ってみることにしました。
DSC_1872.jpg
大人が乗るには少し抵抗のある外見ですが、
乗ってみるとこれがなかなか楽しい。

ガタンゴトンと響く音は本格的だし、
流れる景色を見ていると
オーストラリアを走るインディアンパシフィック号に
乗っているような気分が一人400円で味わえます。
DSC_1880.jpg
今夜のシェフは私。
料理の腕はないので、そこは食材でカバーです。

今回買い物をした橋本水産は
年末も営業している数少ないお店。
大きなお店ではないけれど、
生簀には沢山の貝やタコ、カニが動いていました。

その中から大きめのハマグリ、サザエ、牡蠣を購入。
DSCN6933.jpg
浜焼き定食にしました。
定食と言っても、ただ貝を焼いただけ。
塩も醤油も使わず、そのまま食べたけど
美味しかったなぁ~。
DSC_1889.jpg
こちらは家族風呂。
二種類あって「楽」という方を選びました。
お風呂にはアヒルのおもちゃや井戸のポンプ??があり
なかなか楽しい。
だから「楽」なんだな。
お湯は少し熱いけど、窓を全開にし
縁に腰かけると長くお風呂を楽しめました。
DSCN6940.jpg
管理棟脇ではみんなが集まって
大画面TVで紅白をみていました。
DSCN6947.jpg
山奥ではないけど夜の星はきれいに見えます。
早い時間に撮ったから光害が強めだけど、
夜中はもっと沢山の星が見えます。

私がいつも星を見に行く
堂平天文台と同じ位見えるかな。
DSC_1900.jpg
残念ながら私のトレーラーにはTVが付いていません。
夜はポータブルスピーカーで童謡を聴いて遊びました。

どんぐりころころ、どんぐりこ。
ドジョウが出てきてこんにちはのところで
らっこは何度も頭を下げてこんにちはをするようになりました。
子供の成長は早いものです。

夜はぴょこさんと年越し乾杯をしようと思っていたのですが、
子守唄を聞いていたら子供と一緒に寝てしまいました。
残念。
DSCN6949.jpg
そして朝も起きられず・・・。
本当は一松海岸で初日の出+和太鼓の打込みを見たかったのですが、
キャンプ場脇の畑から。

鉄塔がメインになってしまうのが興醒めですが、
日の出を拝む気持ちが大切ですよね??
DSC_1914.jpg
有野実苑の新年はお雑煮や甘酒、和太鼓の演奏サービスがあります。
小柄な女性が太鼓を叩くのですが、
その音は迫力満点。
DSC_1924.jpg
久しぶりにお正月らしいお正月を過ごす事ができました。
DSC_1919.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事