河鹿橋 ライトアップで紅葉がより美しく

前回掲載した河鹿橋の写真を撮ったのは
15時位でした。
ライトアップが始まる16:30までは
まだ少し時間があります。
ここで待つのは時間をもてあましそう。

今回のトレ泊候補地は伊香保か、
もう少し山を上って榛名湖脇の2ヶ所を考えていたのですが、
せっかくここまで来てライトアップを見ないのも
もったいないので河鹿橋へのアクセスがよく、
広大な駐車スペースを持つ
伊香保温泉 黄金の湯館で食事、温泉を楽しんでから
ライトアップを見ることにしました。
DSCN6812.jpg
さっそく黄金の湯館に移動し
フロントの方と交渉、
トレーラーでの宿泊許可をいただき
本日の停泊地決定!!

第二駐車場の一番奥にトレーラーをセット。
景色がイマイチなのは残念ですが、
他の人の邪魔になることもなさそうだし、
ここなら静かな夜を過ごせそう。
DSCN6810.jpg

黄金の湯館の特徴はなんといっても入館料が安いこと。
21時までなら大人680円、3歳以上の子供300円、
2歳以下は無料とかなりリーズナブル。
温泉に来たぞ~っていう感じは
あまりしませんが、
内湯のひとつは100%源泉掛け流しで
他の高級旅館と変わらない
伊香保の黄金の湯を楽しめます。
DSCN6819.jpg
館内には無料の漫画コーナーや休憩所、ゲームセンターや
カラオケコーナー、卓球場なんかもあって
子供連れでも飽きることなく楽しめます。

楽しい雰囲気にらっこ姫もテンションMAX。
らっこ姫に手を引かれ
広い館内を4周も歩かされたのには
参ってしまいました
CSC_1551.jpg
そしてお目当ての河鹿橋ライトアップ。
21時を過ぎ、さすがに昼間程の混雑はなくなりましたが
それでも空いている駐車場は2台分だけ。
今日はラッキーだな!!

赤や黄色に色づいた、もみじや楓、クヌギの葉が
角度や光量を次々と変えるライトに照らされて
昼間より一層表情豊かに
私達を迎えてくれます。
DSC_1491.jpg
光量の変化に合わせて
カメラの設定も変えないと
写りが暗かったり、手振れがひどくなってしまうので
写真を撮るのもけっこう大変。
DSC_1462NEF.jpg
あまり上手くは撮れませんでしたが、
心のアルバムにはしっかり焼付けて帰りました。
DSC_1463.jpg
トレーラーに戻り、お決まりの乾杯。
FFヒーターのスイッチを入れ
6本で478円の高級発泡酒で
家族と乾杯
冷えたプリンと美味しいお酒、
充実した時間とFFヒーターで
心も体も温まるはずでしたが、
なぜか体は全然温まらない。

なんか変だな??
送風口に手を当ててみると・・・

そうです、温風がでていないのです。
棚から説明書を引っ張りだして
読んでみるも、書いてあるのは
ポーランド語??やフランス語等馴染みのない言葉。
大学で4年間フランス語を選択し
優秀な成績で卒業した(ような気がする)が、
何が書いてあるのか理解できない。
操作方法が間違っているのか
ヒーターが壊れているのか、それすらもわからない。


外気温一ケタの山の中で
冷えたプリンとビールを飲みながら
冷風を体に当てている俺って??

一度芯から冷えた体は
布団をかけても温まらず
この日は熟睡する事ができませんでした。

翌朝家族が体調を崩していないか心配でしたが、
ぴょこさんは今までで一番熟睡できたとの事で、ひと安心。
頼もしいよ、君たちは。

とりあえず今回はなんとかなりましたが
12月はヒーター無しじゃ無理だろうな。
DSC_0239.jpg
帰宅してからFFヒーターをいじくりまわしたところ、
たまに温風がでることがあるのに気付きました。
温水ボイラーに着火してからヒーターを入れればいいのかな??
でも、ボイラー消しても温風出てくるときもあるし・・・
う~ん、どうしよう。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

河鹿橋で見た最高の紅葉

前回からの続き・・・

渋川スカイランドパークを後にして
向かったのは、この辺りの水沢うどん屋さんで
一番人気??の大澤屋。

しかし紅葉が一番きれいなこの時期、
当然観光客も多く、ヘッド車+トレーラーを駐車する
スペースなどあるはずもなく、
一番駐車場が空いていた丹次亭に入ってみることにしました。

久しぶりに本場で食べる水沢うどんは
麺がツルツルで、のど越し最高!!
セットで食べた舞茸天ぷらの強い香りは
アロマテラピーにも使えそうなほど(笑)
なんだか長くなってしまいそうなので、
丹次亭についてはこちらへ   水沢うどん 丹次亭
DSCN6800_201311162342329cf.jpg
丹次亭で水沢うどんを堪能しながら
これからの予定をぴょこさんと相談。

徳富蘆花記念文学館に車とトレーラーを止め
石段街を通り伊香保ロープウェイへ。

ロープウェイを使い見晴駅まで上り
伊香保森林公園、関東ふれあいの道を歩き河鹿橋を見て
また駐車場に戻るルートを設定しました。
CSC_1554.jpg
本当は石段の写真を使いたかったのですが、
なにしろ人が多かった為
まともに使うとモザイクだらけの変な写真になってしまうので
残念ながらボツに
DSC_1390.jpg
紅葉は、私の感覚ではちょうど見頃だったように思います。
DSC_1408.jpg
燃えるような赤一色もいいけれど、
黄色や赤、緑、茶色が程良く混ざった
カラフルな紅葉が一番美しいと思います。
DSC_1407.jpg
途中までは最高に気持ちいい山歩きでしたが、
伊香保森林公園から河鹿橋まで歩いて回るのは失敗でした。
DSC_1440.jpg
こんな山道を10kg以上ある子供を抱え
一時間も歩くのは修行以外のなにものでもありません。
スマートフォンのグーグルマップで
今いる場所と電波の入り具合を確認しながら進んだので
迷う事はないと思っていましたが、
河鹿橋が見える直前まで
ジャングルの様な道だったので、
口には出しませんでしたが
ちょっとビビっていたのは
ここだけの話しです
(今思えば伊香保神社を抜けて行く事ができるか
 調べてから行けばよかったなぁ。)
CSC_1553.jpg
そして、やっと辿り着いた河鹿橋。
真っ赤な橋が見えた時
思わず声をあげてしまいました。

映画千と千尋の神隠しにでてくる
湯屋の前にある赤い橋のモデルとなったのは
この河鹿橋だそうです。

なるほど、映画の舞台に使われるのも
頷けるほどのインパクト。
CSC_1555.jpg
そしてこの橋、紅葉の見頃となる
今の時期に限ってライトアップの演出が行われます。
もちろん私達も見てきたのですが、
今回も長文になってしまったので
続きは次回へ・・・。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

紅葉を求めて伊香保まで 

秋といえば紅葉でしょ!!
紅葉が見たくて、どこかに行きたくて
うずうずしていたこの一ヶ月。

子供の体調不良や二週間連続の雨で
なかなかお出掛けできなかったのですが、
先日の3連休を利用して、
やっと思いを遂げることができました。

文化の日を絡めて行くなら
関東では伊香保しかないでしょう。
東京からは車で約2時間と近いし、
なんといっても万葉集でも詠まれた
趣のある場所ですから。

それでは、行ってみましょう!!

最初に訪れたのは
渋川スカイランドパーク。
誘導の方に5~6台ある大型車用の駐車場に
案内され、車とトレーラーを駐車し
伊香保観光スタートです。

入口を入るとすぐに
らっこ姫は何かを見付けたようです。
そう、最近覚えたばかりのパンダです。
大きな体をパンダ、パンダと言いながらペタペタ叩いて
その場を離れようとしませんでした。
DSCN6720.jpg
園内には滑り台やシーソー、砂場、蒸気機関車等
3歳以下の子供でも遊べる遊具が結構あるし、
身長制限のあるジェットコースターなんかも
110センチからと低く設定されているので
小さい子がいる家族には
お勧めの遊園地です。
大人には少し物足りないし、
ディズニーランドのような華やかさはないけれど、
親としては子供が楽しんでいるのを見るのが
一番嬉しいですからね。
DSCN6722.jpg
入園料は大人500円、子供300円。
1DAYパスが大人1700円、子供1500。
これでも普通の遊園地より安いような気がしますが、
11月~2月の冬季期間は入園料が無料。
1DAYパスも若干安くなるようです。
DSCN6770.jpg
沢山遊んだら
なんだかおなかが空いてきたぞ~。
お昼は伊香保の定番
水沢うどんを食べに行きたいと思います。

つづく・・・

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事