プジョー207style 5年車検とヘッド車としての実力

通勤やお出掛けの足として
また、最近ではキャンピングトレーラーのヘッド車として
活躍しているプジョー207ですが、
新車で購入してから丸5年
走行距離78000キロを超え
2回目の車検を受ける事になりました。

内容としては、
基本工賃 31500円
完成検査料 9000円
代行手数料 9000円
パーツクリーナー 3000円
下回りペイント 3000円
パスター 1500円(なんだこれ??)
ブレーキフルード交換 2600円
ポーレンフィルター交換 3600円
エアクリーナー交換 1700円
バッテリー 22600円
発煙筒 600円
早期予約割引 -5000円
以上の内容にそれぞれの作業の工賃が入って
合計16万円を少し下回るくらいの金額でした。

バッテリーは自分で交換しようと思っていたのですが、
交換の際ミッションの変速プログラムがリセットされ
動かなくなってしまう場合があると言う事だったので、
かなり高額ではありますがレッカー車のお世話になるよりは・・・
と言う事でディーラーで交換してもらうことにしました。
かなり痛い出費となりましたが、
これでまた二年間、私の信頼できる相棒として
頑張ってもらいましょう。
DSCN6655.jpg
おフランスのおしゃれなイメージと
デザインに惹かれて購入したプジョー207ですが、
トレーラーを牽くようになって、
今まで気付かなかった部分が見えるようになり、
キャラバンの本場で作られた車である事を
実感することが多くなりました。

同クラスの国産コンパクトカーに比べ
2割程重い車重はトレーラー牽引の事を考えると
スネーキングの防止に貢献しています。
とは言っても時速100kmを超えて走ってしまうと
かなりの確率でスネーキングが発生してしまうので
本当は、もうひとクラス大きな車がいいとは思うのですが・・・。

トレーラーを牽引しての最高速度は80kmと決められていますが、
パワーのないコンパクトカーでも高速道路の長い下り坂では
気を付けていないと簡単に100kmを超えてしまうので
本当に気を付けた方がよいでしょう。

また、重量が重いと言う事は
それだけボディーに補強が入っていると言う事でもあります。
トレーラーを購入する時に
本当にプジョーで700kg近い重量のあるトレーラーを
牽けるのか??と海外のサイトを読んで研究したことがありましたが、
例え小型車であっても当然のように
牽引可能重量がトレーラー側のブレーキシステムありとなしに分けて
記載されていました。

国産コンパクトカーでトレーラーを牽引する人は
ほとんどいないので当然といえば当然なのですが、
トーイングキャパシティーは調べてもでてきませんね。
日本のBセグメントカーは
必要のない強度をだすより
車体を軽くして燃費を稼いでいるのだと思います。
ヒッチを取り付けてくれたお店でも
国産の小型車ではフレームが曲がってしまう可能性があるので
基本的に取り付けはお断りしているんですよ。
そう話していました。

また、私の207は予算の関係で
マニアックな2ペダルMTモデルで
サイドとリアバンパーに黒のプロテクションモールが付いた
見るからに廉価仕様のstyleと言うモデルになってしまったのですが、
基本MT車の為、マニュアルモードにすれば
余程の上り坂でないかぎり
きびきび走りますし、
通常走行では低すぎると感じていた一速のギア比も
美ヶ原や志賀高原の峠越えでは
抜群の設定だと思えてきます。

黒のプロテクションモールは
坂道でトレーラーを押さえきれず
バンパーに接触させてしまった時も
ほとんど傷つく事なく
バンパーを保護してくれました。
IMAG0051_20130928224537bd6.jpg
よくフランス人はバンパーで他の車を押して
スペースを作り駐車すると聞いた事がありますが、
このプロテクションモールが
それを可能にしていると思いました。
最初は安っぽくていやだなぁ・・・
そう思っていた装備が
トレーラーを牽引する今となっては
それがアドバンテージとなっています。

よ~し。
車検も終わったし、次の宿泊先を考えなくっちゃ!!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

牛とタヌキとラッコとキャンプ

厚い雲(霧??)を抜け向かった先は
志賀高原にある山田牧場キャンプ場。
今回はここを拠点に志賀高原を遊んでみたいと思います。
DSCN6573-2.jpg
こうしてトレーラーを設置してみると、ただのキャンプ場。
しかし30分もすると・・・。
DSC_1084 - コピー
牛がゾロゾロやってきました。
なんだ~これ!!
動物園みたいで楽しいじゃないか。
らっこ姫はトレーラーの窓越しに見える牛に大興奮。
手をパチパチと叩いてはしゃぎます。
DSCN6630.jpg
牛たちは、こちらの事など全く気にせずに
ひたすら葉っぱを食べ続けるのですが、
体は車くらい大きいし、
なかには真っ黒で角が生えているやつなんかもいたりして
なんだか落ち着かない。
DSCN6625-2.jpg
今回はお会いできませんでしたが、
夜には、いたずらタヌキ君も出没するらしいですよ!!
DSC_1161.jpg
山田牧場キャンプ場の回りを散策した後に
向かった先は地獄谷野猿公苑。

ここのお猿、冬温泉に入っているイメージが強いけど
夏はどうなんだろう??

汗だくになりながら約20分坂を上り続けると
いましたよ、スノーモンキー。
夏でもちゃんと温泉入るんだ。
DSC_1116-2.jpg
人間も猿も子供はかわいいね!!
DSC_1124-2.jpg
気持ちよさそ~
DSC_1139-2.jpg
DSC_1149-2.jpg
渋の地獄谷噴泉は
国の天然記念物に指定されている間欠泉。
噴き上げている源泉は100℃近くあるそうです。
DSCN6578.jpg
午後は秘湯七味温泉でリラックスタイム。
今回訪れたのは渓山亭というホテルの野天風呂、恵みの湯。
山田牧場キャンプ場から車で5分位の場所にあるのですが、
これがまた最高なんです。
DSCN6619.jpg
七味温泉の由来は舐めると辛いからではなく、
七つの源泉から湧き出るお湯をひとつにまとめた事から
名付けられたそうです。

私達は大小二つある貸切露天風呂のうち
小さい方を借りる事ができました。
ここの温泉は源泉を薄めたり、循環させていないため
湯温はかなり高めです。

その為、井戸水が脇に引いてあり
少し冷やして入ることになるのですが、
加温もしない源泉かけ流しなので
水を入れ過ぎるとお湯が入れ替わるまで
冷たいままになってしまうので
注意が必要です。

また、温泉に含まれる鉄分の影響で
お風呂に入っているのに
お尻や足の裏が真っ黒に汚れてしまうので
気になる人は洗い流すのをお忘れなく。
私は真っ黒のまま出てきましたけどね
DSCN6592.jpg
夜は星空の写真を撮ろうと思っていたのですが、
接近している台風の影響か
空は厚い雲に覆われて
全く見る事ができませんでした。
トレーラーの中で冷たいビールとシュークリームで
ぴょ子さんと乾杯。
少し早めに就寝しました。

明け方には雨も降りだし
観光どころではなくなってしまいましたが、
どうしても行ってみたかった
渋峠までドライブしてきました。
DSCN6652.jpg
9月中旬なのに12度しかない
日本国道最高地点
渋峠でお決まりの記念撮影。
DSCN6634-2.jpg
残念ながらバックには雲しか見えませんが
目標を達成し(大袈裟か!!)
私の気持ちは晴れ晴れしていたのでした。
DSC_1100-2.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

くるま旅クラブってどうなの?

楽しみにしていた
くるま旅クラブの入会証、会員シール、情報誌が届きました。
DSCN6565.jpg

今回くるま旅クラブに入会した一番の目的は
湯YOUパークというシステムを使ってみたかったから。

湯YOUパークとはパートナーである旅館やホテルの
温泉に入ったり、食事を楽しんだりするのだけれど
泊まるは、その施設の駐車場に止めた
自分のキャンピングカーやトレーラーの中と言うシステム。

駐車場を借りるだけなので
料金は無料~3000円位+温泉代や食事代。
豪華な食事を頼めばそれなりの金額になりますが、
入浴料の安い施設を探して
それほど食にこだわらなければ
一人一泊2000円位で旅館やホテルに泊まったかのような
リッチな気持ちになれるシステムなのです。

年会費が1800円かかりますが、
他にもキャンピングカーショーの入場が二人まで
無料になったり、車旅の情報誌が送られてきたりするので、
万が一そんなに利用しなくても
元はとれそうな気がします。


早速トレーラーを洗車し
会員シールを貼り付けます。
DSCN6567.jpg
う~ん。
なかなか、かっこいいじゃないか!

私の旅車はトレーラーの為
普通の車のようにどこにでも気軽に止めることができません。

私の考えている利用プランは、
湯YOUパークのパートナー施設に朝の早い時間にチェックインさせてもらい
トレーラーを切り離して観光。
夕方戻ってきて
食事と温泉は湯YOUパークを利用するというもの。
湯YOUパークのチェックインに限った事ではありませんが、
朝早い時間のチェックインはあまり聞いた事がないので、
私の希望に沿った施設があるのか、ないのか。
もしないのであれば、個別の交渉によって
早めにチェックインといった事ができるのかどうか。

実際に利用してみて使い勝手を検証。
お勧めの湯YOUパーク施設があれば
ご紹介していきたいと思います。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事