らっこ姫 はじめての温泉 2

前回の続き


翌日、なんとか天気がもちそうなので
アプトの道を歩いてみました。

アプトの道は1963年に廃線となった
旧国鉄信越線の横川駅 - 軽井沢駅間の旧線跡を
遊歩道として整備したもので、
横川駅から旧熊ノ平信号場間の全長5.9kmが整備されています。
DSC_0684.jpg
ちなみに峠の湯裏はトロッコ列車の駅になっていて
「碓氷峠鉄道文化村」から峠の湯までの間の
2.6kmをトロッコ列車に乗って移動する事も出来ます。
DSC_0683.jpg
本当は5.9キロ全部を歩いてみたかったのですが、
まだ歩くことのできないらっこ姫を
抱っこして歩く事は
観光ではなく修行になってしまうような気がしたので
今回は碓氷湖に車を止め
有名なメガネ橋まで歩いてみることにしました。
DSC_0687.jpg
う~ん
いい眺め。

新緑の季節もいいけど、
紅葉の時期もきれいだろうなぁ。
DSC_0694.jpg
碓氷湖駐車場から坂を100m程上ったところに
アプトの道入口を発見。
意外と地味な入り口なので
気をつけてないと通り過ぎちゃいそう・・・

ここから1キロ先にある
国の重要文化財「めがね橋」まで歩いてみる事にします。
DSC_0700.jpg
歩いてみて、ここが鉄道の難所であった事を実感。
だって、最初から最後までずーっと上りっぱなしなんですもの!!
DSC_0703.jpg
現代の鉄道技術をもってしても、
この下りで38km以上だすと
止める事ができないそうです。
DSC_0709.jpg
アプトの道では野生の猿に会う事もできるそうです。
私はと言うと、犬にしか会えませんでしたが何か?(ー_ー)
DSC_0705.jpg
歩く事20分。
長さ91m、高さ31mでわが国最大を誇る煉瓦づくりのアーチ橋、
めがね橋が見えてきました。
DSC_0711.jpg
めがね橋の上は歩いて渡ることもできます。
DSC_0710.jpg
そして見える景色はこんな感じ。
DSC_0713.jpg
私はこの角度から見るめがね橋が
一番美しいと思いました。
DSC_0715.jpg
往復で約1時間のお散歩。
今回は「めがね橋」だけの見学でしたが、
アプトの道には旧丸山変電所や、
碓氷峠鉄道文化村、煉瓦構造物群など見どころが沢山あります。
この辺りの観光は、
どうしても軽井沢中心になってしまうのですが、
ついでではなく、じっくり見学してみるのも
楽しいかもしれません。
DSC_0699.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

らっこ姫 はじめての温泉 1

休日出勤の予定だった6/15日が急遽休みになったので
らっこ姫を連れて温泉に行ってきました。

目的地は群馬県安中市にある峠の湯。
家族に赤ちゃんがいると
なかなか温泉でゆっくりと言うわけにはいきませんが、
峠の湯には貸切の家族風呂があり、
しかも温泉の隣には8畳の個室付き。
これなら、らっこが多少騒いでも
おむつ替えをしても
周りに迷惑をかける事がないので
親も安心して温泉を楽しめます。

安中といえばお決まり、おぎのや峠の釜めし。
まずは腹ごしらえをしてから
碓氷湖周辺を散策して・・・。
DSCN6188.jpg
と思っていたのですが、
この直後から土砂降り。
前日の予報では午後から曇りになっていたのですが、
予報が変わってしまったのでしょうか。
DSCN6186.jpg
激しさを増す雨の為
観光もできそうにないので
早めに峠の湯に向かい
温泉とビールに癒されちゃおう。
(今日はトレーラー泊だからアルコールOKなのです)

家族風呂はこんな感じ。
写真だと小さくみえますが
思ったより中は広々。
入ると一瞬少し熱いかな??
と思いますが、体にお湯が馴染んでくると
ちょうどいい湯加減。
最初は暴れていたらっこ姫も
気持ち良さそうに入っていました。
DSCN6213.jpg
外にはこんな景色が広がります。
なかなかいい眺めでしょ??
DSCN6212.jpg
これが隣にある個室。
他に和室もあり、本当はそちらがよかったのですが
直前の予約だったのでとれませんでした。
DSCN6208.jpg
ディナーは上州名物おきりこみ定食
上州のほうとうといった感じで、
想像以上に美味しい!!
これしか食べていませんが、
峠の湯の料理は期待していいかも。
DSCN6215.jpg
その後トレーラーの中でもう一杯
雨の音を聞きながら羽毛布団にくるまって飲むビールは最高。
幸せ過ぎる・・・。
そのまま23時には眠ってしまいました。
DSC_0675.jpg
峠の湯は今回が初めてだったので、
大きなキャンピングカーで泊まっても大丈夫か事前に許可をもらっていました。

その時に、けっこう車中泊されるかたもいるんですよ。
そんな話しは聞いていたのですが、
泊まってみてそれも納得。

大型バスが停車可能な広大な駐車場はもちろん、
敷地には24時間使用可能な公衆トイレがあり、
草地の駐車場脇には小川が流れ
かすかに聞こえるせせらぎ。
DSC_0681.jpg
ここで目覚めたらキャンプ場と
勘違いしてしまいそうな快適さです。
前日は気付かなかったのですが、
実際この草地でトレーラー泊している方もいらっしゃいましたよ。

今回はぬかるみに車がはまってしまうと困るので止めておきましたが、
次回はこの草地でトレ泊してみたいと思います。
DSC_0678.jpg
朝、目覚めたらっこ姫は
家のようにくつろぎ、窓の外を眺めていました。
DSCN6230.jpg
妙義山が気になるの??
DSC_0691.jpg
それとも電車に乗ってみたい??
DSC_0692.jpg
よーし!!
雨もあがったみたいだし。
お散歩に出掛けてみるか
と言う事で、次回に続く。
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

男のワイルド料理

先日のキャンピングトレーラーの記事で
冷えたビールを飲みながら
次の冒険の事を考えようと書いてから1ヶ月。

その直後からの
らっこ姫入院でそれどころではなかったのですが、
先日の外来では禁止されていた保育園の通院許可がでるほどに回復し、
ぴっぴこファミリーも平穏を取り戻しつつあり、
楽しい事を考える余裕も生まれてきました。

と言う事で早速冒険へ・・・
といきたいところなのですが、
らっこ姫も病み上がりですし
何事も準備が大切。
今回は料理の腕を磨いて
近い将来の冒険へ備える事にしました。

そうは言ってもカップラーメン位しか作った事のない私が
ひと通りの料理を覚えるとなると
次回の冒険は何年先になるかわかりません。
しかし、とりあえずご飯があれば
一日、二日はなんとかなるでしょう。

それに我が家は冒険によるリスクより
金欠によるリスクのほうが遥かに高い為、
ご飯が炊けると言う事はリスクヘッジにもつながるのです。


よ~し、決まった。
今回のテーマは「ガスで炊くご飯」です。
全然ワイルドじゃないじゃないか
と言うツッコミは無しでお願いします

レシピは簡単。
お米1合に対して水200ml。

まずお米をよく洗い
水をきります。
その後必要な分量の水を入れます。
今回は2合炊くので400mlを入れ
30分~1時間程放置。
なんで放置するのかわからなかったのですが、
こうした方が美味しいご飯が炊けるようです。
IMAG0059.jpg
放置プレー終了後、
強火で一気に加熱し
沸騰したら今度は弱火で10分~15分炊きます。
使う鍋の厚さや材質、好みによって調節しましょう。
その後火を止め10分蒸らします。

よく、はじめちょろちょろ中ぱっぱと言いますが
これはお米を研いだあとすぐに火にかけた場合に
弱火でお米に水を吸わせる為のようです。
今回は既に一時間放置してあるので
強火で一気にいきましょう。

こうしている間にもらっこ姫は
トレーラーの中をぐるぐる、ごろごろ動き回り
IMAG0063.jpg
私の携帯をブン投げ攻撃を仕掛けてきます。
IMAG0070.jpg
そして出来上がり。
今回は小さい鍋を使ってしまった為
沸騰させている時にかなり水がこぼれてしまい
若干固いご飯になってしまいましたが、
それでも美味しく食べることができました。
山の中で食べる解放感のせいなのか、
私の料理の腕が良いせいなのか、
理由はわかりませんが
最高のお昼ご飯になりました。
IMAG0096.jpg
PS キャンプでご飯を炊くときは無洗米を使用すると水の節約になり楽だと思います。
   その時は水を1.5倍(お米1合に対して300ml)で炊くようにしましょう
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事
Theme: 料理日記 | Genre: 日記