ベイブリッジから見た みなとみらい

思ったより仕事が早く終わった週末、
ブログ(世界ふれあい旅日記)の管理人
マスカルポーネ君を誘って
横浜まで夜景を見に行ってきました。

(世界ふれあい旅日記)は左のリンクからどうぞ。
DSC_3900.jpg
愛車Peugeot207のリアシートに
レザージャケットを放り込み
イグニッションキーを捻る。

アクセルを踏み込むと
第三京浜に響くエグゾーストノート。

前のポルシェを左側から追い越して
俺は煙草に火をつけた・・・
(ごめんなさい、フィクションです)

横浜に行くならこんな感じで
行かないとって思っていたのですが、
実際は平均時速14キロ。
到着まで3時間以上かかってしまい、
運転だけで疲れ果ててしまいました
DSC_3904.jpg
それでも、
この景色をみれば
疲れも吹き飛びます。
DSC_3906.jpg
ここはベイブリッジの下にある
大黒ふ頭中央公園。

本当は、ここにあったはずの展望施設
スカイウォークに行きたかったのですが、
残念な事に2010年9月26日を最後に
閉鎖されてしまったという事です。
知らなかった・・・
DSC_3911.jpg
夜景に感動していると、
自称浜っ子のマスカルポーネ君が
定番スポットを案内してくれる事に
流石、世界を股に掛けるトラベラー!!
案内よろしくね。
DSC_3914.jpg
その前に中華街行って何か食べようぜ

続く・・・
DSC_3918.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

そろそろお別れ・・・

先週の白鳥の続き。

アクセス解析のデータを見ていると
川島町の白鳥で沢山の方が検索、
遊びに来てくれているのがわかります。
CSC_3868.jpg
それに気を良くして
今週も白鳥君登場です。

昨年末は、よく飛んでいる姿を見せてくれたのですが
最近はあまり飛んでくれません。
長距離移動の前に体力を温存しているのかな??

この時もチャーンス!!
かと思いましたが、そのまま休憩に入ってしまいました。
CSC_3862.jpg
CSC_3870.jpg

CSC_3863.jpg
CSC_3864.jpg

CSC_3881.jpg
CSC_3883.jpg
CSC_3885.jpg
君は凛々しい顔しているね
CSC_3887.jpg
CSC_3889.jpg
CSC_3891.jpg
今シーズンの白鳥はこれが最後になるかもしれないな。

春は出会いと別れの季節。
今年もいろんなドラマがあるんだろうなぁ。
彼等にも、私達にも・・・
DSC_3633_01.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

釣り糸を捨てないで。

3/18日、そろそろ白鳥達がシベリアに帰る頃と思い
川島町の白鳥飛来地に行ってきました。
二週間に一回位は行ってるんですけどね。

そこで変な動きの白鳥を発見。
最初はわからなかったのですが、
注意して見ていると、釣り糸が足に絡まって
片足が動かなくなっている事に気付きました。

白鳥って野山の鳥のようにその場から飛ぶ事ができなくて、
ペンギンみたいな足で水面を蹴って飛び立つんです。
助走には10m位は必要なんじゃないでしょうか。
助走の様子は過去記事を参照下さいhttp://kozakura71.blog91.fc2.com/blog-entry-98.html
DSC_3657.jpg
この足じゃシベリアに帰れない・・・
どうしたらいいかわからなかったので
埼玉県環境部自然環境課にダメもとでメールしてみました。


こんにちは。

???在住のぴっぴこと申します。
3/18日川島町の白鳥飛来地に遊びに行ったところ、
足に釣り糸が絡まってうまく動けないでいる白鳥を見付けました。

自分でとってあげようとも思ったのですが、
大きさが大きさですし、いじめてると思われてもいけないので・・・

自然の怪我ならしょうがないとも思えるのですが、
人間が絡んだ怪我のようだったので何とかしたいと思い
メールさせていただきました。

写真を添付致します。
ダメならダメでしょうがないと思うのですが、
是非助けてあげて欲しいです。
お忙しいところ申し訳ありませんが、
ご検討下さい。
メールにはこのページの写真を添付しました。
DSC_3655.jpg
翌日の午前中、埼玉県環境部自然環境課の方から返信がありました。
この地区を管轄している東松山環境管理事務所の方に現地を確認してもらい、
ハクチョウを確認することができました。

ただ、近づくと水面に移動してしまうため、
網やボートなどある程度の規模で保護を実施する必要があるが、
周辺にまだ70羽あまりの白鳥がいるため、
このような活動は他の白鳥を怖がらせる事につながってしまう。

なので、しばらく定期的に観察することとし、
ある程度、ハクチョウが飛び立ってから保護して対応したいと思います。
こんな内容でした。
DSC_3661.jpg

メールを読ませてもらい目頭が熱くなりました。
こんなに早く対応してくれるなんて・・・
本当に感謝、感謝です。
DSC_3833.jpg
釣り糸を残した人は、
こんな事になるとは想像していないと思いますが、
調べてみると嘴に釣り糸が絡まって餌が食べられなくなったりする
鳥がけっこういるそうです。

釣りを愛する人は自然を愛する人だと思います。
このような被害がなくなるよう
協力をお願いします。
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事