デジタルカメラ防水ケース DiCAPac α

ぴっぴこファミリーでは、毎年この時期にカヤック旅行をしています。
今年のステージは静岡県下田。

カヤック旅行の思い出をきれいに残したい・・・
今までは使い捨て防水カメラを使用していましたが、
今年は汎用デジタルカメラ防水ケース DiCAPac αを使用して
写真撮影してみる事にしました。

【送料無料】 デジタルカメラ専用防水ケース ディカパックα WP-510

新品価格
¥2,980から
(2011/9/23 21:53時点)




DSCN3119.jpg
届いた防水ケース ディカパックα WP-510の箱を開けると
こんな感じ・・・
入っているのはディカパックα本体とストラップ、
それとアジャストリング。
アジャストリングは鏡筒の長さを調節するリングで、
レンズがカメラと接触してしまう場合に使用します。
DSCN3124.jpg
私のデジタルカメラはNikonのCOOLPIX P300なのでWP-510を購入。
汎用ケースですが、メーカーやデジカメの種類によって
何種類か形があるので、下のリンク(機種別対応表)を参考に
自分のデジカメに合ったケースを探してみてください。
http://www.dicapac.jp/wp_digital_size.html

作りはいたってシンプル。
ジップロックの様な袋にデジタルカメラを入れ、
左側をグルグル巻きマジックテープで留めるだけ。
セットするとこのようになります。
ちょっと頼りないけど大丈夫かなぁ・・・
IMAG0018.jpg
さっそくシーカヤックツーリングで使ってみました。
防水ケースに入っているから、波飛沫がレンズに当たっても
DSCN3280.jpg
台風による高波の影響で海水は少し濁っていますが、
シュノーケリングにも挑戦。
この辺にも熱帯魚がいるんだ!!
これはチョウチョウ魚??
DSCN3439.jpg
このシマシマ君も沢山います。
RSCN3493.jpg
DiCAPac αは汎用ケースの為、P300ではズームの設定によって
多少ケラレ(レンズフードなどによって被写体が欠けてしまっている状態)がでてしまいます。
3000円で水中カメラが買えると思えばしょうがないか・・・
DSCN3360.jpg
河豚を発見。
どこにいるかわかりますか??
RSCN3490.jpg
大満足な防水性能を発揮してくれたDiCAPac αですが、
欠点もあります。
それは水中に入れてしまうと液晶に何が写っているのか
よくわからなくなってしまう事。
液晶がもう少し明るくなれば解消できるのかもしれませんが、
水圧で防水ケースが歪み非常にみにくいのです。
アクリルケースでDiCAPac αを発売してくれたら
いいのになぁ~

伊豆 カヤック旅行記はこちらからhttp://fanblogs.jp/kozakura71/category_4/

RSCN3488.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

アメリカンバイクで林道ツーリングに挑戦

職場の先輩が休憩時間に地図を眺めていました。
どこの地図ですか??
聞いてみると林道しかのっていない地図でした。
へぇ~、こんな地図があるんだ
面白そう!!

一緒に行ってみませんか??
誘ってみましたが、断られてしまいました
話を聞いてみると狭い道なので車では大変そう。

そうだ!!思い付いたツーリング仲間も誘ってみましたが
こちらもダメ・・・

しょうがない、今回は一人で行くか。
どうしても行ってみたいんです

週末、五時半に家を出発、
最初の休憩ポイント芦ヶ久保で記念撮影。
ここからのコースは中津川林道を使い三国峠を通過、
川上牧丘林道を通り、車道峠としては日本最高の大弛峠に行ってみよう!!
そこから乙女湖を目指し杣口林道を経て国道140号へ入り
芦ヶ久保へ戻ってくるコースに決めました。
DSCN3196.jpg
中津川林道へ向かう途中にあるループ橋。
走るとぐるぐるして感動なんですが、
写真で見ると普通の橋にしかみえませんね
DSCN3197.jpg
そして中津川林道の入り口に到着。
あれーっ!!
全面通行止だって。
先日の台風12号の影響か??
でも、行こうと思えば左側から行けそうですね。
行ってみよう
DSCN3200.jpg
林道に入って最初のトンネル。
真っ暗で大迫力、そう思いましたが、
写真でみるとそうでもないですね・・・
DSCN3203.jpg
中津川林道と言うだけあって、ずーっと川の横を走ります。
DSCN3202.jpg
道は想像していたよりは走りやすいです。
でも、幅が狭いので車で走るよりはバイクの方が気楽です。
DSCN3204.jpg
しばらく走り、通行止の事を忘れかけていた頃、
でてきちゃいました。
通行止の看板・・・
これを動かすのはちょっと大変そう。
仕方ない、ちょっと休んでから引き返そう。
DSCN3205.jpg
そう思って持ってきた缶コーヒーを開けバイクの隣に座ろうとしたその時、
あれっ、部品がない??
バルカンはシートの下にスペースがあり、
そこに車検証を入れ蓋をしておいたのですが、
ここに来る途中で蓋も車検証も落としてしまったようです。
きっと振動で落ちてしまったのでしょう。

結局戻る途中で見付ける事ができたのですが、
これには正直焦りました。

最初に思ったことですが、
もし、これが台風による土砂崩れ等による通行止めなら
復旧にかなりの時間がかかると思います。
中津川林道を走行する予定のある方は、
事前に秩父市に確認してからの方が良いと思います。
DSCN3206.jpg
気をとりなおしてルート変更。
まずは雁坂トンネルを使い山梨へ向かい杣口林道を進みます。
先輩から借りた約20年前の地図では砂利道になっていますが、
今は舗装され走りやすい道になっています。

ある地点からガラッと景色が変わります。
気温は20度、風を切って進むのが最高に気持ちいい!!
DSCN3225.jpg
川上牧丘林道に入るころには
空模様があやしくなってきました。
DSCN3228.jpg
DSCN3224.jpg
霧雨のなか大弛峠に到着。
2360m、日本最高所の車道峠ではありますが
これといって感慨深いものはありません。
見通しが悪いからでしょうか??
観光地みたいなのを想像していたのですが
すれ違う人も少なくちょっと寂しい感じ・・・
DSCN3213.jpg
それにしてもここは寒い。
気温を計ると16度でした。
寒いわけだよ~。
ちなみに、この日の熊谷の最高気温は31.9℃でした。
DSCN3222.jpg
本降りになる前に来た道をもどります。
DSCN3219.jpg
標高1464m乙女湖に到着。
乙女湖は琴川ダムによってできる人造湖で
高さ64m、堤頂長262mの重力式コンクリートダム。
誰もいないダムを独り占め。
DSCN3229.jpg
帰る途中、西沢渓谷近くの道の駅で食べた五平餅。
おなかが空いていたせいか、とても美味しく感じました。
西沢渓谷も歩いてみようと思いましたが、
一人で歩くのは大変そう・・・
ここは次回ぴょこさんと探検してみようと思います。
DSCN3235.jpg
今回の日帰り林道ツーリング、
走行距離は約400kmになりました。
中津川林道以外は全部舗装道路になってしまっていた点は残念だったけれど、
山の中でマイナスイオンをたっぷり浴びて気分はすっきり
さぁ!!明日から仕事がんばろっ。。
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

スマートフォンアプリ my tracksを使ってランニング

友人から駅伝大会の誘いがありました。
出場予定の駅伝大会は11月。
あと2ヶ月しかないじゃないか!!
いいかげん練習しなきゃ完走できないかも・・・
そう思い、今週からトレーニングをはじめました。

長距離走るにはペース配分とか距離感が必要だよな~
スマートフォンのGPS機能を使って距離位は測ることができないかな?
そんなことを思っていた時に見付けたのが
googleが提供する無料アプリケーションmy tracksです。

なんでもランニング中のコース、スピード、距離、高低差まで記録してくれるとの事。
これはいいや
早速AndroidマーケットでダウンロードしてスイッチON。
my tracksを起動後、メニューからトラック記録をタッチして計測スタート。
起動する前にGPS機能を起動させるのを忘れないで下さいね。
そうすることで、正確なデータが得られます。

今回は、春にお花見をしたコースを走ってみることに。
ちょうど5km位あるんじゃないかな??
フラフラになりながらもなんとか走りきり、
メニューから記録停止をタッチ。
すると地図画面に置時計のマークが・・・
それをタッチしてみると、こんな画面に。
合計距離や、最大速度、標高差等のデータが表示されます。
5.02kmを31分20秒・・・
あまり早くないですね(笑)
DSCN3125.jpg
次に、グラフマークにタッチすると標高と速度のグラフが表示されます。
青い線が速度、緑の線が標高を表しています。
右端の青い線が山のように高くなり、その後低くなっているのがわかりますね。
これはラストスパートをかけ(時速約13km)その後疲れて元に戻っちゃった状態を表します。
DSCN3126.jpg
今度は矢印をタッチ!!
地図が表示され、走ったコースに赤で線が引かれています。
DSCN3122.jpg
これは楽しい
ランニング以外にも登山や旅行の記録に使えそう。
もし私が探偵なら相手の車に忍ばせて行動記録をとることもできそうです。

my tracksってすごい!!
スマートフォンの可能性を感じさせるアプリでした。
br_decobanner_20110723234942.gif


関連記事