納車から一年 キャンピングカーに必要なオプション、いらないオプションが見えてきた

先日(といっても一ヶ月以上前のことですが・・・)
私のハイエースキャンピングカーMOMOちゃんの
納車一周年記念を無事故で迎えることができました。

せっかくの記念日ですから
MOMOちゃんにはKENWOODの高級スピーカーをプレゼントして
盛大にお祝いしてあげましたよ!!
(それ、お前が欲しいものじゃないの??というツッコミは無しでお願いします

まぁ、そのことは後日詳しく書かせていただくということにして、
あれから一年ですよ・・・

思い返せば私のキャンピングカー選び
費用の面で困難の連続でした。

何が問題だったかというと
オプションです。

例えば自分が気に入ったレイアウトのキャンピングカーを見付けたとして
その価格が400万円。
これなら行ける!!
と思うじゃないですか。

実はこれがぜんぜん行けてなくて、
普通車でもそうだけど、
ここには諸費用なんかは全然入っていなくて
場合によっては消費税も含まれていないこともあって
実際には、ここから自分が欲しいと思う装備
FFヒーター20万、サイドオーニング15万、正弦波インバーター15万等を追加していくと
+100万円くらいは軽くかかってしまうケースがほとんどなんです。


人生もキャンピングカーも取捨選択が絶対に必要。
人生については皆さんの方が私より間違いなく良い選択をされているでしょうから
ここではキャンピングカーの取捨選択について書いてみようと思います。

ということで、これからキャンピングカーを購入しようと思っている方に
実際に私が使って大満足だったオプション、
これ要らなかったんじゃね??なオプションを上げて
皆さんのキャンピングカーのオプション選びに役立てていただければと思います。



ソーラーパネル

たぶん自分では付けなかったであろう装備なんですが、
リンエイのキャンピングカーMOMOには標準装備だったので
付いてきちゃったんですよね。
DSC_0905_201708052119043b0.jpg
でも、これ超絶便利装備です。
MOMOのソーラーは100Wのやつなんですが
昼間なら冷蔵庫の消費電力分くらいは賄えているようです。
こいつのおかげで扇風機もTVもサブバッテリーのことを
ほとんど気にすることなく使っていますし、
サブバッテリーを消費しても
知らないうちに充電してくれている頼もしい存在です。



冷蔵庫

キャンピングカーで旅行やキャンプに行くのは
最高の景色を見ながらビールを飲む為と言っても過言じゃありません(過言か!?)
P1050490.jpg
まぁ、お酒を飲まないという方でも
旅先で買ったお土産を入れたり、
今の時期であれば食中毒の問題もありますから
あれば絶対に便利だと思います。
DSC_0873.jpg
クーラーボックスで代用するという作戦もありますが
個人的にビールは凍る寸前が最高だと思っています。
その点でいうとクーラーボックスでは力不足なんですよね。

私の使っているエンゲル冷蔵庫はサブバッテリーから電源をとるタイプなんですが
よ~く冷えますよ!!
ちょっと設定を間違うと本当に凍ってしまうのが難点ですが
それくらい冷え冷えです。
デジタルで温度管理してくれるようなのがあれば
それを買いたいですね。



FFヒーター

これは高額な投資となる為装備を迷うオプションでもあるのですが
個人的には付けた方がいいと思います。
DSCN9527.jpg
取り付けを迷う理由に高額なことと、
使用頻度があると思いますが
購入を考えているキャンピングカーがバンコンであれば
けっこう使う機会は多いと思います。

例えば子供を塾まで迎えに行くとき、
例えば仕事の休憩時間等
普段から使っている車にこれが付いていると
快適度が全然違うんです。
私なんか自分の部屋に暖房がないものだから
DVD見るためにキャンピングカーまで行っちゃいますからね(^-^;

また、こんなこともありました。
今年は6月くらいから暑い日が続きましたね。
それなんでキャンピングカーで涼しいところへってみようということで
霧降高原に遊びに行ったのですが、
ここは昼間でも13℃と寒いくらいでした。

この時はキャンプ場宿泊ということもあり
持っていった寝巻きはパンツ1枚、シャツ一枚のみ。
危うく凍死するところでしたが
FFヒーターに命を救われました。

私の住んでいる埼玉ではこの時期連日30℃近い気温が続いたので
この気温は想像できなかったのですが、
行動の範囲が広がるキャンピングカーなら
こういうシチュエーションは確実に増えると思います。



電子レンジ

これは賛否両論別れるところですが(要らないという人の方がたぶん多いです)
我が家の場合はなくてはならない装備となっております。
DSC_0900 - コピー
うちの場合は質より量で遊びに行きたいので
ご飯は家で炊いてラップに包み冷蔵、
おかずもその日の残りを冷蔵庫に入れてキャンプや車中泊に出掛け食費を減らすという
かなりの貧乏トリップをしておりますので
これらを温める為に絶対必要な装備となっております。

電子レンジというとエアコンと並んで
消費電力が気になるところですが、
目的地到着の5~10分前に車を止めてレンジをセット、
走っている間に温めるという作戦でサブバッテリーになるべく
負担をかけないよう気を付けています。

あとキャンプの時は佐藤のごはんみたいな真空パックのやつをよく使うのですが、
あれってレンジなら2分位で出来上がりますが、
お湯で温めるとなると15分位かかるんですよね。
そんなんでキャンプの時は2人分アイドリングなしで
ダブルサブバッテリーの電力のみで電子レンジ使っちゃってます。

バッテリーへの負担が気になるところですが、
今のところ目立った劣化は感じておりません。
本当の意味で実用となるかどうかは3年後に様子を見たいところではあります。



要らなかったんじゃない??装備




外部充電

これ、以前使っていたトレーラーでの経験から
絶対に必要だと思っていたのですが、
ソーラーパネルがあるからなのか、走行充電が強力なのか分かりませんが
これまでの一年間実用としては一度も使っていません。
(どこでもクーラー運転テストで1度使いましたが・・・)

おそらく走行充電とソーラー発電だけでは
満充電までもっていけてないんじゃないかという疑念は残りますが
実感としてサブバッテリーの劣化を感じていないので
このまま運用して行こうと思っています。

今後も、どこでもクーラーは実用化に向けて改良していこうと思っているので
その時が来れば大活躍するかも!?しれません。



サイドオーニング

これは以前から憧れていて新しいキャンピングカーには是非取り付けたいと
思っていたものなんですが、実際には今までほとんど使っていません。
道の駅とか駐車場で使うのは絶対にNGなものだから
意外と使う場所ってないんですよね・・・

と思っていたのですが、
最近フル活用しているものでもあります。
これ、使うか使わないかは休日の日数と
キャンピングカーの使い方によって全然変わってくるんです。

例えば車中泊で観光メインという方なら付けないほうがいいでしょう。
広げる場所がありませんし、使用頻度の割に高額な投資となりますから
他の物にお金を使った方が幸せになれます。

逆にキャンプが好きで月一で行っている、
キャンプしない休日も近所の河原でTV見ながら
お昼寝しているという人は絶対にあった方がいいでしょう。
去年の夏から秋にかけては日曜日しか休みがなく
これができなかったから
ほとんど使えなかったんです。
DSC_0654_201708052151191f6.jpg
タープって側面がないから設営簡単に見えますが、
物にもよると思いますが実際に設営するとなると
テントより大変ですからね~
これを週末の度に一時間かけてやると思うと
遊びに行くのが嫌になってしまいます。
逆にサイドオーニングなら設営は3分もあればできますし、
屋根の上に付いていますから車内の荷物を減らすことにもなります。

あと、タープって日よけの為に使うものと思っていたのですが、
夜露を避けるのにも役に立つんですね。
秋の夜、椅子やテーブルを外に出しっぱなしで一晩過ごすと
もう夜露でびしょびしょになっちゃうんですから・・・

翌日の朝使うのに寝るときだけしまうというのも面倒ですが
サイドオーニングがあれば屋根の下に全部押し込んじゃえばいいんですから楽なんです。

なんか好きなこと書いていたら
結局全部必要な感じになってきちゃいましたが
いかがでしたでしょうか

この他にもTVとかベバコンとか
細かな装備はいろいろ付けているのですが、
いらないかなぁ~と思った物でも
それなりに使っているので
今のところ本当に使っていないのは外部充電くらいでしょうか。

ただ、キャンピングカーの装備品って
使い方によって全然変わってしまいます。
外部充電はいらないと書きましたが、
定年退職していて休みが沢山あり
同じ場所で一週間停泊していられるなら絶対に必要な装備になるでしょうし、
必要だと書いた電子レンジは必要ないという人も沢山います。
最終的にはご自身の使用環境を考えて選んでくださいということになってしまうのですが、
これがキャンピングカー選びの醍醐味でもありますから
ここは楽しく悩んでいただき少しでも参考にしていただければ幸いです。

夏も快適!?ハイエースにどこでもクーラー取り付けました。

今日も暑いですが、明日はさらに暑くなる予報みたいですね!!

夏本番を前に去年から準備していたエアコンの試運転をしてみました。

準備したのは去年親戚から貰ったどこでもクーラーと
排熱の為のアルミダクト。
アルミダクトを外に出すためにプラスチックボードを買って穴を開け
そこから排熱用ダクトを外に出すようにしました。
P7020053.jpg
こうして見ると窓枠にピッタリのプラスチックボードは
なかなかの出来栄え!!

と、一瞬思いましたが
よ~く見るとドアミラーの辺りにかなり大きな隙間が・・・

先日買った網戸で型取りしたんだけど
なんでこうなっちゃったんだろう??
P7020054.jpg
まぁ、やってしまったものはしょうがない。
気を取り直してテスト運転開始です。

その前に、このどこでもクーラー
なんで我が家にやってきたのかというと
もともとは親戚の家で冷房用に使うはずだったのですが、
何時間使っても全然部屋が冷えないみたいなんです。

何でだろうと説明書を読むと
もともと衣類乾燥機として使う物みたいで
エアコンとして使うには適さないような感じでした。

それでも、一応冷たい風はでてくるので
大きな部屋はダメでもそれに比べれば狭い
ハイエースの車内なら少しは冷えるだろうと思い
貰ってきたのでした。

弱い冷房能力でも車内を冷やす為
運転席部分と後席部分を仕切るカーテンを利用し
車内を区切り冷やす面積を減らしてみました。
(ちょっと見栄えが悪いけど試運転に成功したらもっとききれいに取り付ける予定です)
P7020046.jpg
窓を全開にし熱い空気を外へ逃がし
車内の温度を外気温と同じレベルの31℃まで下げてから
窓を閉め切りテストスタート。
P7020042.jpg
実際の使用はキャンプ場の外部電源を使うことを想定しているので
外部電源コードをつないでの運転です。

バッテリーモニターBAT.MANで消費電力を調べながら運転。
あれ、全部外部電源で賄えるわけじゃないんだ!!

でも、この程度なら一日中使ってもバッテリーはもつでしょう。
P7020043.jpg
テスト開始から約10分経過。
64%あった湿度は59%に下がり
車内の温度も31℃から33℃と順調に上がっている。

??

えぇっ!?

上がってるの??

何で??
P7020045.jpg
しばらくすれば多少は下がるだろうと思った温度は
その後も上がり続け更に20分後
どこでもクーラー運転停止。
どうやら機械保護の為35℃以上になると運転を停止する仕様のようです。

これは想定外でしたが、
クーラーが止まらなくても車内が35℃もあったら
私が熱中症になってしまいますから
これは問題にならないでしょう。
完全にテスト失敗です
多少湿度は下がっていますが、
とてもじゃありませんが暑くてお昼寝はできないレベルでした。
P7020048.jpg
ここまで来るのに3000円位使っているのですが、
諦めるしかないのでしょうか??

広いインターネットの世界には何か情報があるかも??
予算の問題もあるから、できればこのどこでもクーラーを使って
快適な海水浴キャンプに向けて何かいい方法がないか
もう少し調べてみたいと思っています。
Theme: DIY日記 | Genre: 車・バイク

ハイエースにフロントドア用網戸を取り付け

ハイエースの快適化、少しずつではありますが
着実に進めているぴっぴこです。

やりたいことは沢山あって
特に積載量アップ系のことをやりたいのですが、
お手軽コースでも4万円位かかってしまいそうなので
今回はもっと気軽に快適化。
フロントドア用網戸を取り付けてみましたよ。

これに関しては去年「ハイエースに防虫ネット取り付けました」の記事で取り上げたのですが、
私のハイエースはワゴンなので片側しかスライドドアがなく
どうしても熱がこもり気味になってしまうんですよね~

これを解消するには右から左へと流れる空気の通り道を作って
熱い空気を排出してやることが大切。
ということで「ジェット イノウエ」エコネットを購入してみました。
DSCN4649.jpg
網戸を選ぶにあたって一番気にしたのが
隙間ができないこと。

フロントドアに被せるタイプなら
もっと安くて他の車にも使いまわせる
いいやつが沢山あるのですが、
口コミを読んでみると、このタイプの物はどうしても
ミラーの部分に隙間ができてしまうようなので
ハイエース専用のちょっと高価な物を選びました。

それでは袋から出して展開してみましょう。
写真下が収納状態、この状態で端の方をちょっと引っ張ると
一瞬で展開します。
DSCN4651.jpg
初めて取り付けるときに窓枠より
かなり大きく感じたので、ハマらないんじゃないかと思いましたが
すんなり取り付けできました。

特に説明書のような物は入っていませんが
直感で取り付けできるでしょう。
取り付け時間は慣れていない私が予備知識なしでやっても
片側30秒くらいでした。
DSCN4652.jpg
すごいでしょ、これ。
ジャストフィットです!!
DSCN4654.jpg
一ミリの隙間もありません。
DSCN4653.jpg
外側からも取り付け状態を確認してみますが
同じく隙間ゼロ。

思った以上によくできているという印象です。
DSCN4659.jpg
実はこれを買う時に折り畳み式という点がすごく気になったんです。
以前折り畳み式のテントを買ったことがあったのですが、
開くのは楽なんですけど収納するのがどうも大変で・・・

結局力でねじ込むものだからすぐに壊れてしまいました。


ただ、この商品に関しては収納も簡単で
料端を掴んで潰せば勝手に収納状態に戻るようになっています。
畳んだらフロントドアのサイドポケットにでも、しまっておきましょう。

この手の商品はどうしても必要になってから買いたいと思ってしまうのですが、
考えている事は皆同じで、その時には既に欠品状態になっていると思います。

他の人の口コミ等ありますので
気になる方は参考にしてみて下さい。

エコネット ハイエース200系 H16.8~ 590220

新品価格
¥3,699から
(2017/6/18 07:06時点)