ええっ!?観光地なのにヘルメットが必要なの? 黒部峡谷に行ってきました。

黒部峡谷鉄道の出発地点
宇奈月駅から約80分
トロッコ列車は終点の欅平駅に到着です。

ここからは自分の足で黒部峡谷を回ってみたいと思います。

駅を出てすぐ下に見えるのは奥鐘橋。
河原からの高さは34mもあるんだって。
今の時期、朱塗りの橋は紅葉に映えるだろうなぁ。
P1070848_20171015061113ea7.jpg
先ずはこの橋を渡り名剣温泉、祖母谷温泉(ばばだにおんせん)方面に向かいます。
??そぼだにって読むのかと思ったら
ばばだになんだ

歩きだして5分、最初の見どころ人喰岩が見えてきましたよ。
P1070927.jpg
さぁ、張り切って行ってみよう!!
と思いましたが脇をみるとヘルメットと
何かいろいろ書いてある看板が・・・
P1070935.jpg
なになに、
落石に頭部保護のヘルメットに
怖いと思う人は引き返せだって!?
P1070930.jpg
さっきまで張り切っていたラッコ姫は
これを見て完全に気分が変わってしまったよう。
この先には進みたくないと言っています。

ここは、退くも勇気。
こないだ子供と観た
もののけ姫でも言っていたな。
一度戻ってお気軽コースを探してみよう。
P1070864.jpg
ということでホームページに載っていた
親子連れアドベンチャーコースにチャレンジしてみることに。
P1070866.jpg
おおっ
ここは足湯があったり
滝がみ見れたりと、なかなかいいコースなんじゃないの。
P1070859 (2)
と、最初は思いましたが
こちらにもさっきと同じような看板が・・・
P1070868.jpg
怖いと思ったら引き返して下さいだって

でも、ここで引き返したら
見るとこ無くなっちゃうし
ヘルメットが置いていないから
さっきのとこより少しは安全なんだろう。
ということで自己責任で進んでみることに。
P1070884.jpg
落石は勘弁してくれよ~
っていうか、これ壁丸ごと落ちてきそうじゃない??

なんかずいぶん大変そうなところから生えてきてるけど
こっちに倒れてこないでね。
P1070898.jpg
これはヤバイでしょ!!
頼むから落ちてくんなよ~( ゚Д゚)
P1070919.jpg
これは違う意味で怖いかもな。
P1070886.jpg
こんなトンネルがいくつかあって
基本的にはセンサーで電気が点くみたいなんだけど、
ところどころ故障しているみたいで
通り過ぎてから点灯したり
全く点灯しなかったりと
なかなかワイルドなトンネルでしたぞ。
P1070888.jpg
目的地の猿飛峡に到着。
特別名勝天然記念物に指定されており、
川幅が狭く猿が飛び越えていたところから
名付けられたと書いてありましたが、
飛び越えるにはちょっと広いような気が・・・
P1070903_20171015075912572.jpg
ここで一休み。
富山名物!?かわからないけど
駅で買った塩ドーナツをいただきながらひと休み。
あ~、この為にここに来たんだなぁ~って思う。
P1070893.jpg
黒部峡谷では、こんな感じで途中で大きく曲がって生えている木を多く見かけます。
これは幼木の頃に雪の重みで折れてしまい
それでも上に伸びようとして
こんな形になってしまうそうです。

なんとういう向上心!?
私も見習いたいものです。
P1070876.jpg
右と左で川の色が全然違います。
濁っている方の上流では雨が降っているのかな?
P1070922.jpg


P1070949 (2)
よほど疲れたのでしょう。
帰りのトロッコ列車の中でもラッコ姫は
ほとんど眠っていました。
P1070952.jpg
駅前にある噴水。
これは水じゃなくて温泉が噴き出しているんですよ!!
手を入れてみるとちょうどいい湯加減
P1070955.jpg
せっかく宇奈月まできたのですから
宇奈月温泉に入らないわけにはいきませんね。
駅から徒歩圏内の湯めどころ宇奈月で温泉を堪能、
ちょっとビールを・・・
といきたいところですが、
帰りの運転があるので我慢、我慢。
P1070961.jpg
長風呂の家族がでてくるまで
宇奈月の街を一人散策。
P1070965.jpg
夜の限られた時間でしたが
それなりに楽しめました。
この辺りはカフェや展望台、公園などの見どころが
徒歩圏内にまとまっているので
明るい時間なら、もっと楽しめると思いますよ。
P1070960.jpg
この後は、一気に自宅まで戻るつもりでしたが
睡魔に負け途中PAで寝て翌日帰りました。
こんな事なら途中で見付けた無料キャンプ場に泊まってくれば良かったかなぁ。

まぁ、こんな無理ができるのも
キャンピングカーがあればこそですね。

トロッコ列車で黒部峡谷に行ってきました。

10月に入り半袖では過ごせない程寒い日もありますが、
ブログの方は真夏の旅行記です(^-^;

この日はキャンプ場でゆっくり過ごして
早めに帰宅する予定でしたが、
ぴょこさんが急に黒部峡谷のトロッコに乗ってみたいと・・・

急な予定変更に対応しやすいのもキャンピングカーのメリット。
天気もなんとかもちそうだし
せっかくここまで来たんだから行ってみっか
ということで黒部峡谷まで行ってきました。

お盆休みの真っ最中で
到着時間は11時過ぎでしたので当然宇奈月駅前ターミナルは満車で
車を止めることができませんでしたが、
駅から徒歩圏内にコインパーキングを発見、
そこに駐車することができました。

ただ、ここの駐車場高さ制限2.1mなんですよね~
今回は特別に消防車が止まっている隣の駐車場に誘導していただけたので
無事に駐車することができましたが、
バンコンといっても油断は禁物ですね。
P1070725.jpg

黒部峡谷鉄道の宇奈月駅から終点であり今回の目的地でもある
欅平駅までの距離は約20km。
往復とはいえ軽く1万円オーバーの表示を見た時は
このまま帰ってしまおうかと思いました
P1070727.jpg
黒部峡谷のトロッコ列車といえば
むき出しオープンボディーのこれが思い浮かびますが、
いろいろ種類があるようです。

定番の、このタイプだと1列4人掛けで背もたれがありません。
この他に1列3人掛けで少しゆったり座れる窓つきのリラックス車両(+片道530円)と
1列4人掛けで窓、背もたれ付きの特別客車(+片道370円)の3種類があります。
P1070950.jpg
私達は、高級な窓、背もたれ付きのリラックスタイプに乗りました。

どっちがお勧めかというと
私は断然背もたれ付きのやつ。
黒部のトロッコというと開放感あふれる窓無し車両に憧れるんですが、
実際は4人掛けで狭いしトンネルの中なんかは
雨が降っていなくても水滴が落ちてきたり
夏でも寒かったりするので窓付きのやつがいいと思います。

そして何より背もたれがある、ないの違いは大きいと思います。
終点まで行っても距離は20km程度ですが
時間は80分位かかるので
疲労感はだいぶ違うと思いますよ。
P1070730.jpg
それでは黒部峡谷トロッコ列車の旅
行ってみましょう

あれっ!?
宇奈月ビール買ってくるの忘れた
P1070728.jpg
何枚か写真を撮り
ここからは車窓から黒部の大自然を満喫しながら
おしゃべりでも楽しみましょう!!
と思っていたら・・・

家族は既に寝ていました。
ここまで来て出発から10分で寝るかなぁ??
P1070742.jpg
下の写真は宇奈月ダム。

2001年に完成した比較的新しいダムで
普段は黒部川の豊富な水量と激しい高低差を生かした発電施設として、
大雨の時には洪水を防ぎ下流域を災害から守る為に活躍しているそうです。

水は雨の影響で濁っているようでした。
P1070747.jpg
これはヨーロッパの古城・・・
ではなくて新柳原発電所。

発電所とか変電所って無機質で
大きいところになるとちょっと怖く感じるような場所もあるけど
こういうデザインなら親しみやすいですね。
P1070753.jpg
デザインといえば見どころはここにもあります。
黒部川第二発電所。

えっ!?

なんですか??
普通の建物にしか見えない??

そうですか、安心しました。
私も普通の建物にしか見えなかったのですが、
実はこの建物「富山の建築100選」にも選ばれている
建築の世界では有名な建物なんです。

横から見ると魅力が伝わりにくいかもしれませんから
正面から見てみましょう。
P1070815.jpg
???

どうですか、すごいでしょう??

この建物は国立公園にふさわしい建造物とするため
国際建築様式と呼ばれる当時の最先端デザインを建築に取り入れ
周囲の景観とのバランスを崩さない美しい景観を持った
すごい発電所なんですよ!!
P1070816.jpg
室井滋さんの車内アナウンスで
沿線の見どころやトロッコの事を説明してくれるのが楽しいのですが、
電車の騒音でところどころ聞こえないのが残念(^-^;
P1070786.jpg
そんなことを思っているうちに
トロッコ列車は終点の欅平駅に到着です。
P1070938.jpg
さあ、これからは自分の足で黒部の自然を満喫だ!!

ということで次回に続く・・・



SA、PAが凄すぎる件 刈谷ハイウェイオアシス EXPASA足柄

約二ヵ月間にわたり書いてきた
年越し旅行の記事も今回で終わりにしたいと思います。
1月初めのことですからね~
自分でもよくここまで引っ張ったものだと
感心しております。

今回の記事はタイトル通りSA、PAが凄すぎる件ということで、
三重からの帰り道に立ち寄った刈谷ハイウェイオアシスとEXPASA足柄の
施設の充実度が超絶素晴らしかったので
そのことについて書いてみようと思います。

その前に御座岬オートキャンプ場から
徒歩一分の場所にある御座白浜海岸の海で
ラッコ姫に疲れてもらい長距離ドライブに備えます。

この海岸、環境省選定快水浴場百選に選ばれたというだけあり
水がめちゃめちゃきれいなんです。
これは言葉で説明するより写真で見てもらった方が早いですね。
DSC_1802-PANO (2)
ほ~ら、この通り。
奥に写る山が無かったら
空と海の境界が分からなくなっちゃうんじゃないの!?
っていうくらいの美しさで
ハワイの海と同じくらい透き通っているんじゃないかと思いました。
(残念ながらハワイに行ったことはありませんが・・・)

そして伊勢志摩国立公園横山園地へ。
伊勢志摩を訪れたなら、やはり夕日は見ておきたいところ。
インターネットを使い夕日がきれいに見えるスポットを検索して
ここへ来たつもりだったのですが・・・

残念ながら沈む太陽は全く見えませんでした
何か勘違いしちゃったかな??

それでも入り組んだ島々が美しいリアス式海岸、
英虞湾のパノラマを愉しめたのですから来た価値はあったでしょう。
DSC_1892_201703260842174f2.jpg
そしてここからは一気に時を進め
刈谷ハイウェイオアシスへ。

いやぁ~
ここ、すごいですよ。
何がすごいって、かなり広い敷地にも関わらず
車を止める場所が全然ないんです。

まぁ、これは行った時間や曜日にもよるんだろうけど
私達の立ち寄った時間に関しては普通車の駐車スペースは
全くありませんでした。(トラックのスペースはけっこう空いていました)
なので車を駐車するまでに10分くらいだったでしょうか、
周辺をぐるぐる走り回る羽目に。

それもそのはず、ここ刈谷ハイウェイオアシスの入場者数は
テーマパークや遊園地としては全国トップレベルで
2014年頃までの調査ではディズニーリゾート、ユニバーサルスタジオに次ぐ
第三位に入っていたというくらいですから。
DSC_1916.jpg
気になる文字を発見。
デラックストイレだって!!
DSC_1917.jpg
ちょっと気になったので見学してきました。

デラックスというほどデラックスでもないような気がしますが・・・
他にもっとデラックスなのがあるのかもしれませんね。
DSC_1918.jpg
刈谷ハイウェイオアシスは
通常のSA機能に加え、観覧車や温泉
遊園地まであるんです。

最近では温泉やドッグランがあるところは増えてきましたが、
遊園地は初めてみました。
子供のいる家族に遊園地はありがたいですね。
DSC_1932.jpg
夜遅かった為に遊園地は閉園。
料金は一人600円と安くはありませんが、
せっかくここまで来たんだから
観覧車に乗って夜景見学といきますか!!
DSC_1967.jpg
お台場や葛西の大観覧車と比べてしまうと
夜景の迫力は劣りますが、
下が透けて見えるタイプもあったりして
なかなか楽しめました。
DSC_1934.jpg
この後は天然温泉かきつばたでひと風呂浴びて
体を休めます。
食事や買い物ができて、遊園地で遊んで温泉に入って
もう、至れり尽くせりだな。
多くの人がここを訪れ、中には旅の目的地にしてしまう人がいるのも
わかるような気がしました。
DSC_1949.jpg
翌日はそのまま家まで帰るつもりでしたが、
Uターンラッシュに巻き込まれ運転に飽きてしまったので
設備が充実していそうなEXPASA足柄でひと休み。
DSCN0325.jpg
らっこ姫にはここで走り回ってもらいストレス発散してもらいます。
走り回るのにちょうどいい空き地を発見、
なんかキャンプ場みたいだなぁ~

と思ったら本当にキャンプ場でした。
それもただのキャンプ場ではなく、
いま流行りのグランピング施設でした。

グランピングとはグラマラスキャンピングの略。
横文字にすると分かったような分からないような感じですが、
超豪華なキャンピングスタイルということ。
DSCN0331.jpg
どこかにグランピングできるSAがあると聞いてはいましたが
ここでしたか!!

あった、あった、キャンピングトレーラー。

超貧乏キャンピングスタイルの我が家には
あまり関係ないかもしれませんが雰囲気だけでも
楽しむかということで・・・
DSCN0333.jpg
いろいろ見学してきましたよ
DSCN0340.jpg
ここの魅力はキャンプスタイルもそうなんだけど、
立地もなかなかよくて、例えば周辺には御殿場プレミアムアウトレットや富士急ハイランド、
富士サファリパークがあったり、その気になれば富士五湖や箱根辺りでも遊べちゃうから
レジャー環境もグラマラスなんです。
DSCN0341.jpg
こんな感じでいろんな物を見て、
遊んで、楽しんで無事に1100kmを走り切った私のキャンピングカー。

平均燃費8.8kmはイマイチだったけど・・・
DSCN0348.jpg
今年も思い出が沢山できました。

やっぱりキャンピングカー最高~!!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif