初日の出と初詣が同時に楽しめる!? 麦先灯台に行ってきました。

えぇっ!?

もうすぐ桜の花が咲くという今の時期に
初日の出の記事はないだろう??
ですって(;゜0゜)

そうです、おっしゃる通りです。
なんでしょう、毎晩机に向かって記事を書きはじめるんですが、
そうすると他の事が気になってしまうんですね。

中学生の頃、テスト期間中に早く家に帰って
机の前に座るんだけど、そうするとなぜか
いつも気にしたことのない部屋の汚れとかが気になって
掃除を始めちゃうみたいな・・・

そんな経験ありませんか??

まぁ、そんなこと考えていると
また更新が遅くなってしまうので先に進みましょう。


大晦日に泊まったのは御座岬オートキャンプ場。
いろいろあるキャンプ場から
一年を締めくくるこの日に
この場所を選んだ理由はただ一つ!!
ここしか空いてなかったから

いやぁ~、この近くにも年越しイベント満載の
楽しいキャンプ場があるんですよ。
だけど、一ヶ月前の予約とかじゃダメなんです。
それもなんとなく理解してはいたのですが、
天気もどうなるかわからないのに
キャンプ場の予約もいかがなものか??
そんな思いもあり、どうしても予約がギリギリになってしまうのです。

でも、そこはキャンピングカーの
お気楽旅、空いている場所を予約して
イベントなんて自分で開催してしまえばいいのです。

ということで、
祭りだ、祭りだ~
今日は半額祭りだ~
DSC_1712_20170318054219856.jpg
年越しイベントとしては若干貧乏臭い気もしますが、
袋から出してしまえばそんなの関係ありませんから。
DSC_1723.jpg
そして今年は、もう一つ特別な事を。
何年振りでしょうか、紅白をみたんです。
ここ何年かテレビのないトレーラーで過ごしていたので、
年末年始にテレビをみることはなかったのですが、
今のキャンピングカーにはテレビが付いているので
それができるようになったのです。

キャンプに来てまでTVってどうなの??
という気持ちもありますが、
一度味わってしまうとてばなせませんな。

と言ってもキャンプ所に到着したのが
遅くなってしまったので、この日は早々に就寝。
DSC_1730_2017031805422038a.jpg
翌朝、日の出前に向かったのは麦先灯台。
ここ数年の恒例行事となった初日の出を見に行ってきました。

三重県の、この辺りで有名な日の出スポットとなると
大王埼や安乗埼がでてくると思いますが、
あんまり混んでも大変なので今回は外しました。
麦先灯台地図
片田漁港脇の駐車場に車を止めて
春日神社の方へ800m位行ったところが今回の目的地。
DSC_1739_20170318054221b76.jpg
ところどころに看板があるので
それを見て歩けば迷うことはないと思います。
DSC_1794.jpg
駐車場からの距離が
思っていたよりあったので到着が日の出ギリギリに
なってしまいました。

危なかった~
DSC_1773.jpg
ここ、麦先灯台は観光案内に大々的に登場するような
人気スポットではないから人の数もそれなり。
見学や撮影もやりやすいと思いますから
おすすめのスポットです。
DSC_1777.jpg
もう少し待てば灯台のてっぺんに太陽が来て
ダイヤモンド灯台になるかと思いましたがダメでした。
時期によってはなるのかな??
DSC_1787 (2)
下の写真のおばちゃん、若干気持ち悪いですよね。

ここに到着した時は、まだ暗かったので
いきなりこれがでてきたときには
恥ずかしながら声を上げそうになりました
DSC_1744.jpg
そうそう、この灯台
敷地内に神社があるんです。
DSC_1775.jpg
麦先神社といって八雲神社からの分社で
歴史があり、御利益がありそうだったので
ここで初詣を済ませて
車に戻りました。
Theme: 旅日記 | Genre: 旅行

化石に遊具、居酒屋まであるキャンプ場 巴川オートキャンプ場

ここ何年か月一回のペースで行っていたキャンプですが、
今年は何回行っただろう??

前半はトレーラーがなくなってしまった為に
お出かけすることができず、
後半は念願のハイエースキャンピングカーが納車されたにも関わらず
仕事が忙しくて出かけられず・・・

特に夏は秩父での仕事が多かったのですが、
これがまた、私の心を乱すんです。

だってこの辺り、夏はキャンパーだらけなんですもん

今まで近すぎて行こうと思えなかった秩父ですが、
よ~く見ていると、けっこう魅力的な
キャンプ場がたくさんあるんですなぁ~
DSC_0994-1.jpg

ふ~ゆ~が~

      くるまえに~

   も~いちど~

  あの人と~

DSC_0997 (1)
記事とは全く関係ありませんが、
口ずさんでしまいたくなるこの場所は
巴川(ともえがわ)オートキャンプ場

やっぱりキャンプは冬ですな~
壮大な景観を独り占めできるし、
深夜まで花火大会する人もいないし、
自慢の薪ストーブ使えるし
DSC_1031_20161204151314952.jpg
今回は扉をガラス窓付きのものに交換、
カスタマイズしちゃったから
満足度も更にアップ!!
DSC_1033.jpg
これで焼きいもなんか作っちゃったら
もう、最高なんですから

ストーブコンロセット APS-52 [ ホンマ製作所 クッキングストーブ 薪ストーブ HONMA ]

価格:12,429円
(2016/12/10 22:51時点)
感想(17件)




[時計型薪ストーブ オプション] 時計型薪ストーブ用ガラス窓付き替え扉 [ ASW-GK ] [ 薪ストーブ 薪 ストーブ ホンマ 薪ストーブ ホンマ製作所 薪ストーブ アクセサリー品 | 防災・地震・非常・救急 SA ]≪暖炉・薪ストーブのお店≫

価格:1,233円
(2016/12/10 22:52時点)
感想(29件)



だぶんこんなの買っちゃうと
奥様からは氷のように冷たい視線と
嫌味の一言くらいはあると思いますが、大丈夫です。

薪をガンガン燃やせば
凍るくらい寒くても平気だし

これで男のワイルド料理でも作ってあげれば
きっと奥様も良き理解者になってくれるはず・・・

(個人の見解ですので自己責任でお願いします(・・;) )

私なんか視線が冷たすぎて
薪を入れまくってたら
煙突まで真っ赤になっちゃったんですから
(注) これはやりすぎです
DSCN0088.jpg
サイトの配置はこんな感じ
緑の数字がオートキャンプサイトになります。
DSC_1058 (1)
真ん中あたりがトイレや管理棟に近くて便利です。
私達は不便だけど人が少なそうな右側のサイトを選びました。
今気付いたんですが、一番右端はドッグランになっているんですね。
サイトのスペースも右側の方が
広くなっているような気がしたのですが、気のせいでしょうか??
DSC_1019.jpg
上の写真にはありませんが、
川沿いにはリバーキャンプサイトもあって
そちらはけっこう広くスペースがとってありますが、
金額も2000円位アップします。
DSC_1018.jpg
夏は川に近いリバーキャンプサイト、
秋、冬は眺めが良く、トイレや管理棟が近く便利な
オートキャンプサイトがいいんじゃないかと思いました。

リバーキャンプサイトには
ブランコや滑り台等の遊具もあります。


そうそう、ここでは化石探しもできるんですよ。
もしかしたら貝やカニの化石を見付けられるかも!?
(かなり探しましたが、私は見付けられませんでした)

え~っ、埼玉に海なんてないじゃないと子供に言われたら大成功。
大昔、秩父は海の中にあったんだよ
と教えてあげましょう。
DSC_1066.jpg
設営後は車で5分程の場所にある
ミューズパークで遊びました。
(設営と言っても薪ストーブとサイドオーニングを出すくらいですが・・・)

そういえば桜が咲いていましたね~
10月桜というそうです。
DSCN0050.jpg
ここは、らっこ姫を遊ばせる目的で
行ったところなんですが、
楽しみはそれだけじゃないんです。
DSCN0070 (2)
展望台もいくつかあって
これがなかなか良い眺めなんです。
DSCN0055.jpg
私のおすすめはジャンボ滑り台からの眺め。

この辺りは雲海が有名で
運がよければ凄い景色を見れるそうですよ。
DSCN0062.jpg
そして待ちに待った夜

このキャンプ場、夜になると居酒屋がオープンするんです。
ただの居酒屋じゃないですよ~
メニューは少ないですが、
最高に美味しい物が食べられる居酒屋です。
DSC_1047.jpg
ちょっと怖い気もしましたが、
私もエゾ鹿の串焼きに挑戦。
DSC_1049.jpg
待ち時間は犬と遊んだり、
おっちゃんと話したり・・・

本業は大工であるということ、
ここの建物は全部自分達で作ったということ、
なんでここで居酒屋をはじめたのか、
おっちゃんの作る骨酒は
二カ月以上炙った魚で出汁をとっているから
最高に美味しくて安いということ、
いろいろな話を聞かせてもらいました。
DSC_1048.jpg
いいなぁ~こういう老後も

最後に猪鍋のサービスと
うちで薪を買ってくれたのなら裏にある廃材を
好きなだけ使っていいよ・・・
そんな言葉をもらいサイトに戻りました。
DSC_1055.jpg
それで煙突が真っ赤になっちゃったというわけです。
来年もここに来よう
そして雲海を見てやろう

そう心に決めて帰ってきたのでした。
DSC_1075.jpg









にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif

やっぱりこれをやらないと・・・  西丹沢大滝キャンプ場

ここ何ヶ月か仕事が強烈に忙しくて
ブログの更新ができていません。(いつもだろってツッコミは無しでお願いします(^^;))
土曜日も仕事、祝日も仕事、日曜日もやろうか??
なんて話もでているくらいで・・・

友達家族とキャンプの予定も全てキャンセル、
せっかく納車されたハイエースも
活躍の場があまりなく
ストレス溜まりまくりの残念な生活をしております。

そんな中、特別休暇ということで
8月6、7の二日間休みをとることができ(どこが特別なんだ??)
大好きなキャンプに行ってきましたので
その時の事を。


場所は神奈川県山北町にある「西丹沢 大滝キャンプ場」
ここは、トレーラーを牽いている時から
行ってみたかったキャンプ場で
何年も前からチェックだけはしていたんです。

二年程前に幅220cm X 長さ450cmのトレーラーを
牽引して入っていけるのか電話確認もしていて、
その時は問題ないという回答をもらってはいたのですが・・・

なんだかあやしくないですか、この道。

パパちゃん、道が狭いけど大丈夫??
後ろからラッコ姫が声をかけてきます。

大丈夫だよ、下調べもバッチリしてあるし
トレーラーでも問題ないくらいのところなんだから。

と返した直後に入り口を見落として
通り過ぎてしまったのはここだけの話。
P8060052.jpg
涼しい顔でUターンして
何事もなかったかのように目的地に到着です。


どうですか、このレトロな雰囲気。
なかなかいいでしょ。

と私は思うけど、ダメな人はダメだろうな
DSC_0807_201609201510126af.jpg
男子トイレはこんな感じ。
シブイなぁ~
P8060061.jpg
ちびっこ達が飯盒炊爨なんかやっているのを見ると
高度経済成長に入る前の日本に
タイムスリップしたかのような気分になります。

サイトへと続くアプローチはこんな感じ。

これ、トレーラーじゃ入れないと思います。
車幅約190cmのハイエースでも余裕がないうえ
入り口は90度に折れ曲がっているし
その手前にはチェックインの車や
観光バスみたいなのも何台か止まっていて
私の行った時間には思ったラインで走行することができませんでした。

仮に入れたとしても写真で見るより急な坂になっているので
FF車じゃスリップして上がれなくなると思います。
DSC_0808_20160920151014ea0.jpg
この坂を下りて左に曲がると
そこから先は行き止まりまでオートサイトで
一段下の河原に降りなければ
どこに設営してもいいということでした。

そうそう、この辺りは悲惨な水難事故が度々起こっている場所ですから
ルールは絶対に守って下さいね。

(この日も流れは穏やかで水深はなく
とても事故が起こりそうな場所には見えないのですが、
荒れだすと車両重量2tを超えるような大型車でも
簡単に流されちゃう川に変わりますので
予報によっては撤退する勇気も必要となります。)
P8060062.jpg
早速キャンプサイトの設営です。
まあ、テーブルとガスコンロを出すだけだから
設営というほどのことでもないんだけどね。

サイドオーニングも展開したかったのですが
西丹沢大滝キャンプ場のオートサイトは、
車を止めれそうな場所のほとんどが
木の枝の下になるので、それも必要ありませんでした。
DSC_0799.jpg
今回らっこ姫は水中めがねデビューとなりました。
この日の為に、お風呂で潜る特訓を重ねていたのですが
それがいけなかった・・・
P8070143.jpg
もっと長く、もっと長くと応援に熱が入ってしまい、
また本人も長く潜るのが楽しくなってきた時だったので
頑張り過ぎてしまい呼吸がもたず水を飲んでしまったのが二日前。

それ以降水に顔をつけるのが怖くなってしまったようです。
P8060071.jpg
だけど帰る頃には1秒位だけど
水に顔をつけられるようになりましたよ。

やったね、らっこちゃん!!
P8060067.jpg
あまり応援して意気込んじゃうとあれなので
応援はほどほどにしておきましたが・・・
P8060078.jpg
思いっきり遊んだ後は
食料を調達しに西丹沢渓流釣場へ。

食べる物がないと困ってしまうので
渓流釣場ではありますが
釣り堀での挑戦となりました。
P8060082.jpg
料金はこんな感じ
P8060083.jpg
事前のリサーチで釣り堀は入れ食い状態の筈だったのですが、
一匹釣るのに20分以上かかりました。
P8060101.jpg
これだと家族3人、3匹釣るのに1時間以上かかってしまう
ここは大黒柱である私が代表で釣らないと
食べる物がなくなってしまう・・・

と思っていたのですが
なんのことはない。
らっこ姫は5分、ぴょこさんなんか5秒位で釣り上げてしまい
もう、私の面目丸つぶれ

しばらくの間は監督として
指導に徹することを決めました。
P8060104.jpg
釣った魚はお願いすれば
無料でさばいて塩までふってくれます。

命をいただきます
なんだから大切に食べなければいけないんだよ。
そんな話をらっこ姫としていたところ
おばちゃんも参加。

さかなの説明や、さばき方まで
教えてくれました。

今度は自分でやってみようかなぁ。
P8060105.jpg
やっぱり自分で釣った魚は最高に美味しいね
DSC_0806.jpg
今回このキャンプ場を選んだのは
ゆっくり過ごしたかったから。

ウェルキャンプ西丹沢やバウアーハウスといった
超有名高規格キャンプ場も近くにありますが
あえて大滝キャンプ場を選びました。

オートキャンプであれば予約はいりませんし、
渓流釣場や温泉ぶなの湯も
車で5分~10分くらいの距離にありますので、
楽しむことに目いっぱい時間を使えると思ったからです。
DSC_0846.jpg
樹齢2000年、天然記念物の箒杉も徒歩圏内に!?
DSC_0857.jpg
男の料理に挑戦したり(今回はアヒージョ)
DSC_0818_20160920151532a6b.jpg
只々炎を眺めたり
DSC_0822_201609201515315d5.jpg
子供と星を観察したり
DSC_0837.jpg
やっぱり、月に一度はこれやらないと
調子がでないんですわ


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif