年越し車中泊に向けての快適化 車内編

今年もこの季節がやってきました。
ぴっぴこファミリーの冬と言えば・・・

そう、年越しキャンプです!!

もうこれをはじめて何年になるだろう??
過去記事を遡ってみると
最初に年越しキャンプのことを書きはじめているのが2014年からだから・・・
今年でもう4年目になるんだな。

ブログって書き溜めた記事を読み返すと
昔のことをいろいろ思い出せて面白いですね。


それまでの年末年始といえば
紅白を見ながら年越し蕎麦を食べて、
ゆく年くる年を見て除夜の鐘がなったのを確認してから眠る。
それから先の何日かは食べて寝てTV見てを休みが終わるまで繰り返す。
そんな感じだったように思います。

それがキャンピングカーを買ってからはどうなったかというと・・・
2014年、2015年、2016年1月の記事を読んでやって下さい。
こんな感じで過ごしております。

基本出不精の私ですが、
最近では休日に家に居ることはほぼありません。
40歳を過ぎてからこんなに生活が変わるとは思わなかったなぁ~
これはトレーラーやキャンピングカーを
手に入れたことがきっかけ。

迷っているなら買っちゃえば!!
生活が変わるかもしれませんよ



そうそう、年越し車中泊に向けての快適化でしたね。
なんでこんな前振りをいれたかというと・・・

ヒッチキャリアが欲しいんです。
これがあれば車内に溢れる荷物を
かなり減らせるでしょ。

それがだめならリアラダーでもいいんです。
そしたらゴミ箱と小物入れ位はそこに付けられるでしょ??

もしヒッチキャリアがあったら。
次はインフレータブルカヤックを買ってそこに積むの。
そしたら何処へ遊びに行こう
想像しているだけで楽しいでしょ~

欲しいけどお金もない。
でも、迷ってるなら買っちゃえば!!
生活が変わるかもしれませんよ・・・

と、こんな流れになる予定だったのですが、
思い出しました。
ぴょこさん全然迷っていないんだ

タイミングを間違うとできることもできなくなってしまいますからね・・・
急がば回れ。
自分のできるところから進めていきましょう。


先ず不満に思っているのが
FFヒーターを使っていると必ず喉が痛くなること。
たぶん湿度が下がっているからだと思うんだけど
実際のところはどうなんだろう??

湿度計を導入し計測してみたところ
60%位湿度があったとしても
二時間もFFヒーター使っていると30%位に減っていることに気付きました。
FFヒーターじゃなくて普通の暖房の時も見てみたんだけど
湿度20%しかなかったということはよくあるようです。

これはいけない
ということでモバイルバッテリーで動く
加湿器を導入。
これで喉が痛くなることはないかな??
DSCN0275.jpg
次に考えていたのが床下収納。
右上に少しだけ写っている蓋がみえるでしょうか。

ここがシンクになっていて
ちょっとした洗い物や洗顔、歯磨きに使えるんだど、
床下収納の蓋をした状態だと室内高が135cmくらいしかないので
大人だとかなり猫背の状態で作業しなければならなくなってしまいます。

これもいけませんね。
猫背は見た目に悪いだけでなく、
内臓疾患や肩こり、頭痛にもつながると言われています。
DSCN0272.jpg
まぁ、普通なら蓋を開けてその中に立てばいいだけの事なんだけど、
今の状態はこんな感じ。
緊急事態用のトイレと焚火台、カメラの三脚なんかが
無造作に置かれています。
まぁ、足の踏み場もないというやつですな。
DSCN0266.jpg
この部分は100均でつっぱり棒を2本購入し
荷室を左右に分けることにしました。

左半分は今まで通り荷室として使用、
つっぱり棒を使うことで高く積み上げても
右側に倒れてくることがないようにしました。
これで残った右側はいつもスッキリ。
蓋を開ければいつでも立てる状態になりました。

ただスペースを空けただけでは足下はただの鉄板。
この上に乗ると、かなり足が冷たいので
ここには貼り付けタイプの絨毯を敷いてみました。

この状態なら身長180cmまでの人なら
普通に立てるはず(測ってないけど・・・)
平均体型の私なら楽勝です。
DSCN0271.jpg
そしてこれが今回一番費用の掛かった快適化
腰に
DSCN0259.jpg
首に

ええっ??
何だかわからない??

勿体ぶらずに早くしろですって??

これシートに敷くマットなんです。
DSCN0262.jpg
これはぴょこさんからのクレームなんですが、
キャンピングカーのシートって
平らで体を包み込むような形状じゃないでしょ

だからちょっとしたカーブでも力を入れなきゃならないから
疲れるんですって。

なるほど、これを普通車のような形状にしちゃうと
今度はベッドモードにした時に凸凹になっちゃうもんな。
運転席にしか座らないから
あまり気にしていなかったなぁ。
皆さんこの部分はどうされていますか??

最初は100円ショップで背もたれを見付けて
勧めてみたんだけど、ちょっと品質的にあれですね。
いつもの安物買いのなんとかになりかねない気がしたので
ちょっと奮発してみたこちらの商品は
お尻、背中、首の部分で別れていて
全部そろえるとその金額は軽く一万円オーバー。

これはかなり痛い出費ですが、
シートが良くないから車に乗りたくないなんて言われてしまうと
私の趣味のほとんどができなくなってしまいますからね。

失敗は許されない金額ですが、
チョイ乗りした時の感想は良好のようでした。
本番は片道500km以上の距離を走る予定ですから
それで印象が変わるのか変わらないのか
楽しみなところです。
DSCN0253.jpg
最後は補助ミラー
これはキャンピングカーに限らず
付けている人は多いですね。

ハイエースはそんなに大きな車ではないけれど、
内輪差に限って言えばフルサイズのアメ車並みな気がするから
死角は減らしておきたいところ。
納車から半年経ちましたが今のところ
目立った傷はありません。
縁石なんかに当てちゃったら悔しくて眠れなくなってしまいますから
安い保険として付けておきましょう。
DSCN0265.jpg
取り付け後の写真も撮ってみたのですが、
物が鏡だけに、どうしても私の男前!?が写ってしまうので
載せるのはやめておきました。

どうしても見たいという方は・・・
いませんよねっ

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif

深夜のタイヤ交換

いやぁ~
今日降った関東の雪は
思った以上でしたね!!

予報でも大雪になりそうな感じはあったので、
昨日の夜中にタイヤ交換しておきました。

ここ10年くらいチェーンで冬を越してきたので
タイヤ交換は久しぶり。
先ずはトルクレンチを買いに
お店を回りましたが、考えていることは皆同じ。
安い物は全て売り切れでした。

ならばお店でタイヤ交換してもらおうと思いましたが
こちらも長蛇の列。
並ぶ気にもなりませんでした。

ニュースになってからだと
遅いみたいです。

けっきょく夜中に自分で交換することに。
DSCN0046.jpg
ハイエースってタイヤ一本につき
ボルトが6個もあるうえに、
夜中だから穴の位置もよくわからなくて
かなり大変な作業となってしまいましたが
なんとか取り付け終了。

作業する前はタイヤ交換にお金使うのは
もったいないと思っていましたが、
作業後は15インチ以上のタイヤは
お店で交換した方が良いと
考えが変わっていました。

寒いし暗いし眠たいし・・・
余裕がなかったので写真は一枚だけ。

この時は何も感じなかったけど
今こうして見ていると
純正スチールホイールも
かっこいいかも

4WD+スタッドレス装着で
週末に予定しているキャンプも安心・・・
かな??

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif

ええっ、今更!?ハイエースに防虫ネットを取り付けました。

最高気温が25度を下回る日もでてきた
今日この頃。

何を今更!?
と思われるのは百も承知で
この記事を書いてみたいと思います。
「ハイエースに防虫ネット取り付けました」

実は、今までキャンピングカーに
防虫ネットなんか必要ないと思っていたんです。
いや、ないよりはあった方が良いとは思っていましたが、
夏は標高の高い涼しいところで遊べばいいんじゃないかと思っていたんです。
実際、真夏でも寒くて寝付けないこともありましたし・・・

でもね、先日行った「カヤの平高原キャンプ場」で考えが変わりました。
やっぱり夏は暑い

このキャンプ場に行ったのは
7月の中旬で、最高気温は22~23℃だったでしょうか。
快適な温度の筈でしたが
それでもちょっと日が差すと
車内の温度はすぐに上がってしまいます。

泊まる場所がトレーラーからバンコンに
変わったことも原因のひとつなのでしょうが、
とにかく暑いんです。

窓を開ければいいのですが、
この時はアブが沢山いて
それもできませんでした。

今までキャンプで虫に悩まされたことは
ほとんどなかったのですが、
運が良かったのかもしれませんね。

そんなことがあったので
その後すぐに防虫ネットを注文したのですが、
皆さん考えることは一緒ですね。
既に一ヶ月近い出荷待ち状態でした

夏炉冬扇とまでは言いませんが、
これでは、お盆休みに間に合わなくなってしまいます。
だから今なんです!!

と、言い訳はこの位にして本題です。
DSCN9795.jpg
注文したのはUIvehicleの製品。
一ヶ月待たされ気分は高揚、
嬉しさMAXの時に出てきた
この冊子・・・

何かの作戦じゃないかと思ってしまいましたね。
まぁ、なるべく見ないでおきましょう。
DSCN9798.jpg
そして本体。
この手の商品は沢山あるんですが、
流石国産品だけあり手に持った瞬間に
いいもの感が伝わってきます。
DSCN9796.jpg
取り付けは簡単(取り付け方法は簡単だけど、実際の作業は少し大変)
ウェザーストリップ(ドア周りのゴム)を一度外して
もう一度取り付ける時に
防虫ネットを挟み込む感じで戻すだけ。
簡単でしょ??

気を付けたのはui-vehicleのロゴが
外側にくるようにしたくらいかな。

作業時間はリアとサイド合わせて40分位。
特別な道具は使わずに素手で取り付けました。
なのでテクニックとかは特にないのですが、
コツとしてはウェザーストリップを全部外してから挟み込むんじゃなくて、
少しずつ剥がして、挟んで、剥がして、挟んで、
ちょっとずつ進めるのが良いかと思いました。

ハイエース専用だけあり
サイズはピッタリです。
DSCN9807.jpg
収納するとこんな感じ。
純正品のような仕上がりでしょ(^^)/
DSCN9810.jpg
サイドはこんな感じに。

ハイ、なんだか分かりませんね。
IMG_20160806_094640.jpg
収納状態
DSCN9809.jpg
実際に取り付けてみて思ったのは
「高いだけのことはある」です。

余ることもなく、足りないこともない
ピッタリサイズは感動ものです。

ただ、風が吹くとネットがゆらゆら動いて
隙間ができてしまいます。
余裕で虫が入ってくるレベルの隙間ができるので
将来的には重りを付けて
風があっても動かないようにしようと思っています。
DSCN9814.jpg
だいぶ涼しくなってきたとはいえ、
まだまだ夏日の日はあるでしょうから
これからしばらくの間
活躍してもらいましょう。

そうそう、これを買う時に
自分のキャンピングカーに取り付けできるかどうか
実際の店舗にも行ってきたんです。

取り付けには問題なしという事だったので
買えればその場で買いたかったのですが、
一番需要のある時期に行ってしまったので
当然在庫は無し。

その時に言われたのですが、
リアル店舗とネット店舗では
ネット店舗のお客さんが優先されるとのことでした。
お急ぎでしたらネット店舗の方で・・・
だそうです。
(それでも一ヶ月近く待ちましたけどね

*標準ボディーとワイドボディー、スーパーロングと
 ボディータイプがいくつかありますので
気を付けて下さいね(私、間違えそうになったので・・・)

【UIvehicle/ユーアイビークル】ハイエース 200系 防虫ネット標準ボディ(DX4ドア)、ワイドボディ(GL,DX)4ドア用 リア1面 サイド1面=2面セット虫よけネット(蚊帳)で車中泊に最適!車内快適!虫の侵入を防止!!安心の日本製!!

価格:21,600円
(2016/9/19 07:14時点)
感想(1件)




【UIvehicle/ユーアイビークル】ハイエース 200系 防虫ネット標準/ワイド 5ドア用 リア1面 サイド2面=3面セット、スーパーロング 4ドア用 リア1面 サイド1面=2面セット虫よけネット(蚊帳)で車中泊に最適!!虫の侵入を防止!!安心の日本製!!

価格:28,080円
(2016/9/19 07:17時点)
感想(11件)





にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif