高規格は邪道ですか!? 和島オートキャンプ場

俺は、ワイルドキャンパー。
絶景キャンプの為ならばスタックも恐れず
砂地を進み、近くに川があれば
ポケットに入れたスマホの事など考えもせずにダイブする
流離のキャンパー・・・ (過去記事参照http://kozakura71.blog91.fc2.com/blog-category-27.html
高規格キャンプ場なんて邪道だろ!?

そう思っていた訳ではないのですが、
トレーラーがあれば設備の整っていない場所でも
快適に過ごす事ができるので、
停泊地を探す時は、設備は二の次
安さ重視で選ぶ事が多かったのです。

そんな私が今回選んだのは
新潟県長岡市にある和島オートキャンプ場。
その料金一泊なんと!?
6000円もする超高級キャンプ場なのです。
しかも、このキャンプ場
こんなに高い料金にも関わらず
夏の海水浴シーズンには予約もとれない位
人気があるらしいのです。
その秘密はいったいどこにあるのでしょう。
DSC_4733.jpg
さっそくトレーラーをサイトに止めて辺りを散策。
これはもう、すんばらしい~絶景ですな!!
DSC_4850.jpg
敷地内には、お散歩コースもあり
これを歩いていくとアスレチック広場があります。
芝生も短く刈り込まれて
良く管理されている印象です。
DSC_4535.jpg
その印象は、このキャンプ場にある設備全般に共通しています。
きれいなシャワールーム、洗い場、
前回訪れた本栖レークサイドキャンプ場では
久しぶりに見たぼっとんトイレにショックを受け、
急遽トレーラーのカセットトイレを準備してしまいましたが、
和島オートキャンプ場ではそんな心配はいりませんのでご安心を。

今回初めてキャンプ場にある洗濯機を使ってみましたが、
これは便利ですね。
基本的には連泊する人の為にあるのでしょうけれど、
うちのように共働きだと
泊まりで遊んだ時に洗濯する時間がなくなってしまうので、
キャンプ場で遊びながら洗濯すると時間を有効に使えます。
DSC_4636.jpg
特に今回は海水浴やアスレチックで親も子も砂だらけの
泥だらけだったので、現地で洗濯し
持って帰って箪笥にいれるだけというのは
本当に楽でした。

ゴミ処理も然り、キャンプで自炊なんかしちゃうと
けっこうゴミってでるんですよね。
夏に生ゴミ処理を自宅に帰ってからやるのは
衛生的にもあまりよくありませんし、
缶のように腐るものではなくても
私の住む地区の場合、空き缶の回収は
二週間に一回なので
しばらく自宅に仮置きしておかなければならないのです。

キャンプというと、不便さを楽しむ部分もあるでしょう。
普段炊飯器で炊いているお米を
ガスバーナーで作る喜びは
帰ってからの洗濯の事など考えていては味わえないのです。
邪道なんてとんでもない!!

ある部分では普段通りの生活をができる
高規格キャンプ場は、忙しい現代人に
ぴったりのスタイルなんですね!!


BBQの食材は車で10分~15分程の距離にある寺泊で。
DSC_4615.jpg
海産物の品ぞろえは充実しているので
困る事はないでしょう。
DSC_4634.jpg
越前ガニは??
特大牡蠣は??
なんだかメニューが地味じゃねぇ??
DSC_4816.jpg
いえいえ、私もうすうす感じておりました。
大人の事情ってやつです
DSC_4818.jpg
そしてこのキャンプ場最大の魅力が
敷地内にある展望台から見る夕陽。
DSC_4756.jpg
私達が行った時には薄く虹がでていました。
ぴょこさんの顔の右側にある虹が見えるでしょうか。

私は虹を見て奇麗だね・・・
そう言いました。

ぴょこさんは頬を赤らめました。
DSC_4801.jpg
この日は十五夜の前日。
9月9日はスーパームーンでもあります。
快晴ではありませんでしたが、
時折雲の隙間から顔を出す月に
心癒される夜でした。
DSC_4828.jpg
が、その後天気が急変。
夜中はけっこうな勢いで雨が降りました。
やっぱり俺は雨男。

それでも次の日の早朝晴れたのは
スーパームーンになりつつある
お月さまのおかげでしょうか。
DSC_4837.jpg
ありがとう新潟。
ありがとう和島オートキャンプ場。
今年も忘れられない夏になりました。
DSC_4501.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif