スタックから助けてくれたのは・・・ 成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

いやぁ~、どっか行きたいな~
何でもいいから家からでたいな~

ぴっぴこファミリーでは
月一回を目標にトレーラーを牽いて
遊びに行く事にしています。

こう書くと義務のようですが、
実際にはこれ以上間隔を空けると
出掛けたくてしょうがない私にはストレスになってしまうのです。
今月も早く遊びに行きたくてしょうがなかったのですが、
後ろめたい気持ちがありまして・・・

実は前回のトレーラー旅から帰った翌日
らっこ姫が熱をだし、その翌日は自分が体調を崩し
二人揃って40℃ちかい熱をだしてしまったのです。
幸い二人ともインフルエンザではなかったのですが、
そんなことがあったので、ぴょこさんに
キャンプに行きたいと言い出せないでいたのです。

遊びに行きたい、だけど言いだせない・・・
こんな遣る方無い気持ちを吹き飛ばしてくれたのが
ここ、成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場。
DSC_7308-2.jpg
何がいいって「あったか宿泊パック」が最高なんです。
具体的に説明すると、
ホットカーペットx1、毛布x1、延長コードx1、焚火台x1、着火剤x1、薪1束、
四人までのキャンプ場使用料、それと4人までの牧場入場券が2日分。
大人二人、子供二人で約14000円かかる利用料が
たったの6500円という夢のようなプランがあるのです。(駐車代1200円は別途)

身体も懐も寒い冬(懐は俺だけか
せめて身体だけでも暖かく過ごそうじゃありませんか。
DSCN7786.jpg
ぴょこさん、明日キャンプに行くからね!!

え~、嫌だよ
だって寒いじゃん・・・

フッフッフッ、思った通りの答えだ。

こんな奥さまには「あったか宿泊パック」の説明をしてあげれば
ほら、この通り。
トレーラーのセッティングまで完了です。
DSCN7792.jpg
トレーラーをセットした後は歩いて5分程の場所にある
成田ゆめ牧場へ。

このロケーションがいいですね。
大人はキャンプ場でビール片手に焚火でもしていれば楽しいですが、
これでは子供は退屈です。
ちょっと飽きてきたかなぁ~
と思ったら散歩がてらここへ連れてくれば

芝滑りや
DSCN7794.jpg
アスレチック
DSCN7795.jpg

DSCN7796.jpg
ウサギの散歩等いろいろ遊べて
子供達は大人以上に楽しんでくれるはず。
DSC_7237.jpg
あっという間に楽しい時間は過ぎるのでした。
DSC_7268.jpg
それにしても、電源サイトは素晴らしですね!!
トレーラーには暖房があるし、バッテリーから
電源をとることもできるので
電源サイトは不要と思っていたのですが、
バッテリー容量を気にしなくていいのは気楽です。

夜はセラミックファンヒーターをタイマーセット、
電気カーペットをつけっ放しで寝ましたが
本当に暖かく、家で寝るより快適な程でした。
DSC_7250.jpg
と、まぁ概ね満足なキャンプ場だったのですが、
ひとつ問題が。

この時期霜が降り、それが融けると
地面がぐちょぐちょになり一面がスタック地獄となってしまうのです。
こうなってしまうと、どうしようもなく
車だけなら手押しで何とかなりましたが
トレーラーは足元が滑り力が入らず1ミリも動かせず・・・

いろいろな場所で何度となくスタックしかけ、その都度力尽くで脱出してきた
ぴっぴこも今度ばかりは無理でした。
仕方なくキャンプ場へ応援要請する羽目に
DSCN7784.jpg
そして待つ事20分
助けに来てくれたのは、まさかのホイールローダー。
嬉しいけど、恥ずかし~

重機ってすごいなぁ
大人二人でびくともしなかったトレーラーを
簡単に牽引してくれました。
しかもパーキングブレーキの解除を忘れ
ブレーキのかかった状態で。

写真で見るとそれほどぬかるんでもいないようですが、
これがかえって仇となり、思ってもいないところでハマってしまうようです。
私も一台手押しで救出し、他にもハマっている車が
何台もあったので、この時期にゆめ牧場キャンプ場に行かれる方や
雨や雪の後に行かれる方はトイレが近いとか
人が少ないというところより地面の状態優先でのサイト選びを
おすすめ致します。

万一スタックしてもホイールローダーがありますが
やっぱりかなり恥ずかしいので・・・
DSC_7306.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif

冬の海もいいじゃない 多々良北浜海岸キャンプ場

最近いっきに気温が下がってきましたね。
それに加えて夏から寒いままの懐・・・
このままでは心も身体も冷え切ってしまう

これではいけないと思い焚火台をポチってしまいました。
これで懐はいっそう冷え込みますが
身体はなんとかなるでしょう。

届いた焚火台を家族で囲み
ホットウイスキーにレモンを一切れ。
それを口に流し込もうと上を見上げると空には沢山の流れ星。
そう、ふたご座流星群だ・・・


まだ商品は届いていないのですが
楽しい想像は膨らむばかり・・・

今週も行っちゃうか!!


という事で、やってきたのは
千葉県は南房総市にある多々良北浜海岸。
どうです??この景色。
最高過ぎるでしょ。
DSC_6015_201411220547082b4.jpg
トレーラーの窓から見える景色。
空気が澄んだ日なら
もう少し左側に富士山も見えるんですよ。
隣でソロキャンプしていたハーレー乗りさんが
教えてくれました。
DSC_5983.jpg
最高といえば、ここは立地も最高なんです。
アクセスは富浦インターから2~3キロで楽だし
近くにはホームセンターや道の駅、観光案内所、お笑い劇場まであるので
手ぶらで来ても遊べます。

私達も食材は近くにある道楽園で調達。
観光地にある一見豪華な商業施設は
何も知らない観光客向けに高くて不味い物が揃っていると
思い込んでいたのですが、これが大間違い。
安くて美味しいマグロちゃんや
生きたまま売っているアワビ、ハマグリに大満足なお店でした。
DSC_5990.jpg
らっこ姫は貝を拾っては投げ
拾っては投げ楽しそう。
DSC_5994.jpg
些細な事でも楽しめる感性は
大人になっても忘れないでいて欲しいものです。
DSC_6002.jpg
トレーラーを牽いていると話しかけられる機会が激増します。
今回はハーレー乗りさんの他に
ここでログハウスを建てて住んでいるという方と話をしました。
穏やかに見える海ですが冬は風がものすごく
瓦が飛ばされる位だと言っていました。

そういえば年明け、ばんやで泊まった時も
凄い風でトレーラーが倒れるんじゃないかと思ったな。
冬に遊びに来る時は気を付けよう。
DSC_6034 - コピー
夜は道楽園の半額祭り。

私が焼きそばを作りみんなに食べさせてあげようと思っていたので
こんな祭りをする予定は全くなかったのですが、
この日の為に買って準備しておいたアルミプレートを
玄関に忘れてしまいこうなってしまいました
DSC_6065.jpg
DSC_6070.jpg
多々良北浜海岸で一番景色が美しいのは
日没直前から直後にかけての時間帯だと思います。
赤く燃える空に浮かぶ富士山を写真に撮りたかったのですが、
その事に気付いたのは、ばんやの湯を出た時。
すんばらしぃ~富士山を見た時でした。
次回は入浴時間を考えないといけないな。
DSC_6081.jpg
多々良北浜海岸から見る星空
DSC_6080.jpg
明け方一人早く起きて散歩してきました。
こういうのが楽しく感じるのは年のせい??
DSC_6106.jpg
朝食後、らっこ姫と私は隣のハーレーに乗せてもらえることになり大興奮。
DSC_6177_201411221256000b1.jpg
いつかまた、ここで会う事を約束し
この場所を後にしました。
DSC_6141.jpg
お決まりの海ほたるで記念撮影
大きな船を操縦しているみたいだね!!
DSC_6210.jpg
*注*
多々良北浜海岸は
個人的には星五つあげたい位の最高の場所で
おすすめしたいのですが、一つだけ難点が・・・
海岸に至る最後の500mの道がものすごく狭いのです。

変な場所で入ろうとすると5mX2mサイズの
キャブコンでもキツイかもしれません。
私も冷っとしたので大きい道を探しておいたのですが
地図の載せ方がわかりません。
特にトレーラーの方は気を付けて遊びに行って下さい。
DSC_6224.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif

グルメと絶景銚子旅

今回のトレーラー旅の目的はきれいな景色と
美味しい物を食べる事。
せっかく銚子に来たのだから
食べる場所にはこだわりたい・・・

そこで選んだお店が犬若食堂。
銚子で獲れる絶品魚介類を食べさせてくれるお店で
TBSのNスタやテレビ朝日のスーパーJチャンネルで紹介されたり、
とんねるずのみなさんのおかげでしたで
きたなシュランとして認定されるなど
メディアでも度々紹介されている有名なお店です。

お店の前に着くと、こんな感じ。
暖簾がでているので潰れているわけではないようです。
なるほど
きたなシュランの意味がわかったぞ!!
DSCN7265_201405250558533d5.jpg
看板メニューである、さるえびのかき揚げ定食は
なかなかの味でしたよ。
さるえびを食べるのは今回が初めて。
鮮度の問題で市場にはなかなか出回らないようです。

地味なお店なのでここへ来るまで少し迷ってしまったのですが、
そのおかげで!?いい感じの車中泊スポットを発見。
ここは銚子マリーナ海水浴場脇にある駐車場。

犬若食堂で晩酌をして飲みすぎちゃっても大丈夫。
駐車場にはきれいなトイレがありました。
この日もキャンピングカーが何台か泊まっていましたよ。
.DSC_3482.jpg
海水浴場だけのことはあり、波も穏やかでこんな感じ。
DSC_3364.jpg
東洋のドーバーと呼ばれる屏風ヶ浦を眺めながらの
海水浴は子供の情操教育にもよいのではないでしょうか。
DSC_3307.jpg
帰り道、飯岡灯台に立ち寄りました。
DSC_3488.jpg
ここから見る景色は最高、
併設されている展望台からは九十九里の海岸を一望できます。
DSC_3489.jpg
こういう場所みるといつの間にか停泊地探しになっちゃうんですよね。
ここにもトイレありました。
確認していませんが夜も開いている感じ。
DSC_3492.jpg
近いからついでにここも、
飯岡みなと公園。
ここはキャンピングカー乗りの方には有名みたいですね。
私もいつか行ってみたいと思っていたのですが、
待ち切れずにきちゃいました。
DSC_3496.jpg
ここはファミリーにおすすめの場所です。
基本的には公園なんで子供は大喜び間違いなし。
らっこ姫は晴天にもかかわらず
長靴を手に持ち走り回っていました。

大喜びと言っても小学生以上の子は
遊具を目的に行くとがっかりしちゃうかも!?
そんなファミリーは魚釣りで楽しみましょう。
私はやっていませんが、すぐ横は海なので
釣りをしている人が何人かいました。
DSC_3506.jpg
そしてみなと公園で一番のおすすめは温泉。
上の写真、ぞうさんの後ろに見えるのは飯岡温泉グロリア九十九里浜という
ホテルなんですが、ここの温泉が最高なんです。
真っ黒なお湯は入ると体がヌルツルに!!
公園から歩いて行ける距離だから
トレーラーの冷凍庫でビールをキンキンに冷やし
ひと風呂浴びた後に一気飲み
想像しただけで楽しくなってしまったぞ。

キャンピングカーがなくてもここの温泉は一度入ってみる価値があると思います。
日帰り入浴800円のこの温泉
四人家族で宿泊すると、そのお値段なんと一人2500円。
なんと絶妙な価格設定・・・
じゃらんのような旅行サイトを使えば、さらに安く泊まれます。

基本ビジネスホテルだから高級旅館のような風情は
味わえないかもしれませんが、
そういったものは昼間楽しむという割り切りがあれば
他ではリッチに過ごせますね。

最近では夏日を記録する日も増えてきました。
停泊地の下見はバッチリ、今年の夏は海水浴キャンプデビューしちゃうぞ~
DSC_3534_20140523223200d34.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif