伊東に行くなら「ハトヤ」だよね

懐かしい記憶を思い出している時
人間は心理的に快適な状態にいることができるそうで、
同じ室温でも暖かく感じたり、苦痛を長時間我慢できるようになったりする効果があるそうです。

そっか!!
最近の暑さは苦痛以外の何ものでもないな。
普通に社会生活を送っているだけでも
避けて通れない苦痛はある。

子供ができて40歳を過ぎ
なんだか昔のことを思い出すことが多くなってきたような気がする今日この頃、
懐かしい風景でも見て心の恒常性維持機能を活性化させてやろうじゃないか(^^;)
ということでハトヤホテルに行ってきました。

懐かしい景色といったら
ここしかないでしょ。
もう、この記事書きながらあの歌が頭の中を回っています。
P1070278.jpg
伊東に行くならハトヤ
電話は4126(良い風呂)
41264126
憧れたよな~

自分の中では昭和バブルデラックスホテルの代表のようなイメージを持つ
ハトヤホテルですが、車を駐車場に止め
歩きながら外観を眺めてみると
なんだか想像とちょっと違う。
P1070211.jpg
注) 炭鉱ではありません

あれから30年
諸行無常ということか・・・

老朽化した建物に
ちょっと残念な気持ちすら感じながらエントランスに向かいました。
P1070212.jpg
しかし!!

バブルの夢は終わっていませんでした。
P1070270.jpg
見て下さい

このゴージャスな空間

そうそう、私が求めていたのはこの雰囲気。

ギラギラしたシャンデリアや色のキツイ絨毯は
一歩間違えば田舎のキャバクラみたいになってしまいそうですが、
決してそうなっていないのは使っている物が良いからでしょう。
P1070234.jpg
ハトヤ名物渡り廊下。
P1070236.jpg
このネオクラシックな通路を見たいが為に
ハトヤに来る人がいるとかいないとか。
P1070269.jpg
突き当りにはシアター会場の文字。
P1070291 (2)
映画館でもあるのかと思い行ってみましたが(嘘)
お食事会場でした
P1070292.jpg
泊まった部屋はこんな感じ。
部屋は普通でしたが特筆すべきは部屋風呂。
なんと、なんと、蛇口をひねると温泉がでてきちゃうんです!!

伊東はもともと温泉で有名な街。
その伊東温泉を自分の部屋で楽しめるんですから
これ以上の贅沢はありませんね。
P1070223.jpg
お着き菓子は「ハトヤサブレ」

他に似たような名前のお菓子がありますが
名前的にどうなんでしょう??

難しいことは分かりませんが
友達に買って帰れば盛り上がる事間違いなし!?
P1070229.jpg
ハトヤといえばり竜宮城気分を味わえる
海底温泉が有名ですが、これがあるのは実は「サンハトヤ」の方。

私の中でハトヤ=海底温泉だったので
これがないのはかなりショックだったのですが、物は考えよう。

「ハトヤホテル」に泊まった人は「サンハトヤ」の海底温泉に無料で入れる
チケットを貰うことができるんです。
前向きに考えれば、これは二つのお風呂を楽しめるということになりますからお得ですね。
P1070294.jpg
実際に泊まってみて思ったのは
立地が良いから観光に最適だということ。
P1070352.jpg
私達も海水浴や遊覧船
P1070404.jpg
登山ができない!?大室山など家族で盛り上がり
楽しい思い出ができました。
P1070311.jpg
そうそう、伊東と言えば
海の幸もありますね。
駅前にある「美よし鮨」は超オススメ。
P1070487.jpg
ランチなら回らないお寿司が1000円位で楽しめます。
P1070485.jpg
都心からも近いですから
皆さんも是非一度遊びに行ってみてはいかがでしょう。



スパリゾートハワイアンズの遊び方

去年の11月のことですが、
結婚10周年のお祝いで
スウィート10アクセサリーでも買いに行くか!!
ということでティファニーまで行ったことがありました。

スウィート10だから俺の隠し財産で豪華ダイヤ10粒入りのやつプレゼントしてあげよう
そんな気持ちで張り切ってでかけたのですが・・・

やっぱりティファニーって高級ブランドなんですね。
私の隠し財産レベルではダイヤ10粒どころか
ダイヤが付いているのがないという恥ずかしい状況。

迷っているうちに買い物に飽きたらっこ姫が暴れ出し
それどころではなくなってしまったのですが
その時に、たまたま駅にフラガールが来ていて
フラダンスの実演をしていたんです。
これを見たらっこ姫は、もうフラダンスに夢中に。

あんまりフラダンス、フラダンスというものだから
そんなに興味があるんじゃフラダンスの本場に連れて行ってやるか!!

ということで、スパリゾートハワイアンズに行ってきました。
(ハワイじゃないのか??というツッコミは無しでお願いします)
P1040364.jpg
ここ、スパリゾートハワイアンズですが
規模が大きすぎていろいろな面でどう動いていいのか分からなかったので
今回はそのことを中心に書いてみたいと思います。

今回はホテルの宿泊プランで行ったのですが、
まず、どこに泊まったらいいのか迷うと思います。

スパリゾートハワイアンズには

1.ホテルハワイアンズ
2.ウィルポート
3.モノリスタワー

3つの宿泊施設があり、それぞれが異なるテーマをもって営業しています。
いったいどこを選んだらいいのか??

いろいろ調べましたが、予算に余裕があるなら
何も考えずにモノリスタワーに決めちゃって下さい。
金額が高いって言ったってハワイに行ったと思えば安いもの。
最高のリゾート気分が味わえると思います。

コストパフォーマンス重視ならホテルハワイアンズ。
我が家は当然こちらで即決です。
部屋の雰囲気はこんな感じ。
P1040313.jpg
はっきり言って値段相応の客室となりますが、
狭いキャンピングカーで泊まると思えば全然苦になりませんね。

私達の泊まった部屋から外を見るとこんな感じで
景色もへったくっれもありませんが
値段も全然違いますので仕方のないところでしょう。
P1040317.jpg
ただ、安いといっても一泊二日朝食と二日分のハワイアンズ入園券付きで
土日だと一人約2万円ですから例えば4人家族で行くとすると
なんだかんだで軽く10万は超えると思いますので複雑な気分です。

ウィルポートは選びやすいバランス重視型。
迷ったらここを選べば間違いない!?


次に迷ったのはハワイアンズに到着したらどうしたらいいのか。
何を迷ったのかというとホテルのチェックインが13時に対し
プールのオープンが9時なので
何も考えずにプールのオープンに合わせて到着しちゃった私たちは
到着してからどうすればいいのか困ってしまったのです。

いや、言い訳させてもらうと私も事前に調べてはいたのですが、
その部分に触れている情報を見付けることができなかったんです。

入場券付のチケットだけど、それを貰えるのはチェックインの時
一体どうしたらいいんだろうと思いましたがNo problem !!
チェックイン時間前でもそのまま受付を済ませて下さい。
13時まで部屋には入れませんがプールで遊ぶことはできますので
時間を持て余すことはないでしょう。

受付をするとアロハシャツやムームーを貸してもらえるので
これが入園券代わりになりホテルとプールを自由に出入りできるということでした。
P1040359.jpg
受付を済ませたら長い廊下を渡ってプールのあるウォーターパークへ。
更衣室は何ヵ所かあって、我が家ではそのうち二ヶ所を使ったのですが、
個人的にオススメなのはウォーターパーク入ってすぐのところにある更衣室。
P3040214_20170527091214b47.jpg
鍵付きロッカーやシャワーがあるから便利です。
水着脱水機なんていうのもあるんですよ!!
P3040217.jpg
そして、ここをオススメしたい一番の理由は
すぐに着替えられるからなんです。

ウォーターパーク内にはプールはもちろんレストランや軽食コーナー、
ゲームセンターにフラダンスのステージ等なんでも揃っているので
一度入ってしまえばここから出る必要はありません。

必要がないというか、私の泊まる部屋に戻る為には
20分位歩かないと戻ることができないので
面倒で戻る気になれないのです。


遊び方としては朝一で到着したら昼までプールで遊び昼食。
また少しプールで遊んでフラダンスのショーを見る流れになると思います。
ウォーターパーク内は水着移動がOKなので基本的に着替える必要はありませんが
蒸し暑いと思っていた館内も少し体が濡れると
急に寒く感じてしまうのでプールに入る時以外は
着替えて過ごした方がいいと感じました。

その時にプールから近い場所にロッカーを確保しておくと
とても便利なんです。
P3040218.jpg
ロッカーを確保したら後はプールへGO

ここから先は全てウォーターパーク館内の写真となります。
P3040024.jpg
いや、ここ以外に楽しむ場所はいろいろあるんですよ。

あるんですけど、この娘が・・・
クロップP3040057
親は寒くてプールなんか一度出てしまうと入れないんですが
そんなの関係ないみたいです。

朝から晩まで、ず~っと泳いでおりました。
そんなに楽しいか??

ちょっと不思議に思いましたが
これだけ楽しんでくれたら連れてきた甲斐があるというものでしょう。


夜もプール

ここ、夜もプール入れるんですね。
遅い時間はプールも貸し切り状態で
さらにテンションアップのらっこ姫。

おいおい、そろそろ部屋に戻ってビールでも飲まない??
P3040160.jpg
途中フラダンスのショーを見るのと
軽い食事をする以外は全てプールの中という
高校生の部活のような時間を過ごしました。

フラダンスのショーは金額忘れましたが予約席もありますので
ゆったり見たい方は予約をするのもいいでしょう。

私達も昼のショーは予約席で見ましたが
ちょうど目線の高さにある手すりが気になって
集中できませんでした
P3040089.jpg
このフラダンスショー
大きなステージは昼と夜の二回あって
私達はどちらも見学したのですが
圧倒的に夜の部の「ポリネシアン・グランドステージ」がおすすめ。
P3040230.jpg
妖艶な炎の光に照らされながらマッチョマンが躍る
ファイヤーダンスは迫力満点
P3040229.jpg
夜の方が光の演出が入るからでしょうか??
より強くステージに引き込まれる気がしました。
P3040222.jpg
我が家のフラガールもノリノリ!?

P3040243.jpg
まとめ

最初はスパリゾートハワイアンズって
正直ものすごく高いなぁ~と思ったんです。
だって、土日とはいえ一泊二日約2万円のプールですから。
(それも一番安い方のプラン)

だけど視線を変えてみると
今回私が考えていた観光プランは全てキャンセルとなり
子供は二日間プールで遊びまくりました。

ウォーターパーク・スプリングパーク・江戸情話 与市・スパガーデンパレオ共通入園券が
大人一人3240円 X 二日分だから
これだけで約6500円。

そして素晴らしいのが首都圏主要駅から出る無料送迎バスの存在。
これを加味すると一気にコストパフォーマンスはあがります。
私の住む埼玉からハワイアンズまで車で往復すると
交通費だけで軽く1万円はかかりますから
これが無くなるのは大きい。

しかもお父さんは運転しなくて済むわけだから朝から一杯!!
夢のような時間を過ごすことができるわけです(バスの車内は禁酒)
仮に電車で埼玉から福島まで行くとすると
やはり一人一万円位はかかりますから
一泊しても日帰りでも掛かる費用は変わらない。

そう考えるとスパリゾートハワイアンズは高いどころか
寧ろお得に遊べるスペシャルスポットになるわけです。

Theme: 国内旅行 | Genre: 旅行

佐倉くさぶえの丘と印旛沼のペリカン

以前は見ることがなかったけど
最近よく目にするなぁ~
っていうものありますよね。

今の時期よく見るのが
国道脇とか近所の公園とか
もうどこでも生えてきちゃうこれ「ナガミヒナゲシ」
DSC_4635_20170514060144311.jpg
ポピーみたいでとてもきれいなんだけど、
実は注意が必要な花で、
農業環境技術研究所では
ナガミヒナゲシはアレロパシー活性が強く、
雑草化リスクが大きいので、広がらないようにする必要があります。
と注意を促すくらいの植物なんです。

アレロパシー活性が何なのかはよくわかりませんが、
こいつが凄いのは、その繁殖力。
一本が15万個の種を飛ばうえに生命力も強いから
あっという間に増えちゃいます。

自宅に生えたやつはすぐに切っちゃっているけど、
今の時点でそこら中に繁殖しちゃっているのを見ると
近い将来街はこれで埋め尽くされちゃうんじゃないかと心配しています。

あと珍しいやつでは
去年か一昨年のことですが埼玉県上尾市の藪で孔雀を見ました。
これ、誰も信じてくれないんですけど本当にいたんです(^^;)

写真でも撮っておけばよかったのですが、
あまりにも急な出来事だったので・・・


ブログのネタにしてやろうと思って
この後何度か見に行ってみたのですが、
残念ながら、あれ以来姿を見せてくれません。

じゃあ写真が撮れそうな「ペリカン」でも見に行ってくるか!!
ということで、ちょっと強引な展開ですが
嫌がる家族を道連れに千葉県の印旛沼まで行ってきましたよ。


ただね、私は一日中「ペリカン」を見ていれば楽しいと思うのですが、
家族が飽きちゃうと思うので
ついでにこんなところにも行ってきました。

「佐倉くさぶえの丘」
P1040395.jpg
ここがどんなところなのか簡単に説明すると
農業体験や生き物とのふれあいを通じて、豊かな人間性を育む場所。

あれ??
ホームページからの抜粋して文字にしたら
なんだかつまんなそうになっちゃったけどいってみましょう
P1040398.jpg
入園料は大人410円
ちょっと高い気もしましたが
一日遊べることを考えたら変なところに行くより安上がりかもしれませんね。
P1040465.jpg
園内にはウサギや鳥
触って遊べる動物が沢山います。

大き目のヤギやポニーは怖くて触れなかったラッコ姫も
ウサギには大興奮。
何度も餌やりを楽しんでいました。
P1040418 - コピー
団体しか受け付けてもらえなそうな感じだったけど
キャンプ場もありましたよ。
P1040471.jpg
その他には芝生広場にバランスボールや大型遊具
P1040505.jpg
お絵かきコーナーなんかもあるので
子供はかなり楽しかったようですので
子供とペリカンを見に行く際は是非!?お立ち寄りください。
P1040543.jpg
そして個人的には本日のメイン
ペリカン君のところへ。

実はここ、五年位前にも訪れているのですが
今回もその時と同じ場所にいました。


ほ~ら、いたいた。
えぇっ!?
どこにいるのか分からない??
P1040572.jpg
それではもっと近くに寄ってみましょう。
P1040548.jpg
かなり近くまで行ってみましたが
人間に慣れているのかこちらの事は全く気にならないようです。
DSC_2649.jpg
近づいてもボーッとしているから猫とかに襲われちゃうんじゃないかと
心配になり調べてみましたが、
このペリカン君、とぼけた顔でもかなりの実力者のようで
鳩や猫にも噛みついてやっつけていたので
そんな心配はいらないみたいです。
DSC_2653.jpg
中にはにどう考えても呑み込めない大型犬に噛みついているペリカンもいましたので、
食べられるかどうかは関係ないみたいです。
Theme: 野鳥の写真 | Genre: 写真