体験コーナーが充実 「志摩マリンランド」に行ってきました

豪華クルーズの次は
子供が退屈しないように
「志摩マリンランド」に寄ってみました。
場所は近鉄「賢島駅」のすぐ前、
「賢島パークホテルみち潮」の湯YOUパークから行くと
車で5分位の場所でしょうか。

周遊パスポート「あそばんせ」に組み込まれたプランなので
私たちは新たにチケットを買うことなく入ることができました。

子供連れの旅行だと
船に乗って景色を見るとか、
名所旧跡を訪ねるだけだと
すぐに飽きてしまって暴れ出すので
途中に休憩を兼ねて、このような場所をコースに組み込んでおくと
後が楽になりますね。

入り口を入るとすぐに
ペンギンさんのお出迎えでラッコ姫がフリーズ。
お話し&写真撮影で30分は使ったでしょうか。
DSC_1812.jpg
「志摩マリンランド」は年中無休、
年末年始に旅行すると休館日の問題がついてまわりますが、
ここに関しては問題ありません。
DSC_1847.jpg
おおっ、マンボウだ。
写真だとあまり感じませんが、
本物はけっこうでかいです。

このマンボウちゃん、何も考えていないような顔をしていますが
実はけっこう繊細な心の持ち主なんです。
飼育は大変なようで、この時は壁に貼られた資料を
読みまくり納得していたのですが、
いざ記事にしようと思ったら内容を思い出せない・・・

年のせいか、頭のせいか最近こういうこと多いなぁ~
まぁ、この時から二ヵ月近くたっているので、
時間のせいということで!?
DSC_1874.jpg
「志摩マリンランド」の館内は
暗い場所が多く、通路は真っ暗で
その両側にある水槽だけが明るくライトアップされるような
展示方法を多くとっていました。
DSC_1862.jpg
闇に魚が浮かび上がるようでカッコイイんだけど、
写真を撮るとなると話しは別。
シャッタースピードが上げられず
手ぶれ写真の量産となります。

その中からマシなやつを一枚。
クラゲは癒されますね~
自分の家でも育てられるのかな??
DSC_1863.jpg
この水族館、展示の種類や規模は他に比べて
小さめだとおもうのですが、体験コーナーが充実しています。

例えばドクターフィッシュが角質を食べてくれるやつとか、
本物のヒトデに触って可愛がってあげるとか・・・
ちょっと抵抗があって私にはできませんでしたが、
子供たちは楽しく遊んでいるようでした。
DSC_1887.jpg
そうそう、一日に何回か尼さんによる
魚の餌付けを見ることができるんです。

尼さんが水槽に入って餌をまくと
魚が沢山寄ってきて気持ち悪い面白い。
魚の種類によってはスルーしちゃうやつもいたりして
見た目は同じようでも個性があるようです。

餌付けの前には館内放送がはいるので
ギリギリまで近くで遊んで、放送があったら
見に行くのがいいと思います。


最後に
「志摩マリンランド」ってどうなの??

コンパクトにまとめられているけど、内容は充実していています。
ここだけを目的にして一日遊ぶというのには向きませんが、
朝一どこかで遊んで昼にはちょっと早いかな??
そんなタイミングで寄るのがベストだと思います。

短時間で回れるけど、子供の心を鷲掴み!?な生き物は
揃っているので一つ一つの展示を丁寧に見ることになり
結果として心に残る場所となる。
そんな印象でしょうか。

期間限定なので我が家は参加できませんでしたが、
ペンギンタッチなんてイベントもあるので
興味のあるかたは是非参加していただき、
私にも感想を教えて下さい!!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
Theme: 子連れ旅行 | Genre: 旅行

ストレス解消

最近毎週のように白鳥の様子を見に来ています。
子供が小さいとなかなかお出掛けもできないので、
これがいいストレス解消になるんだよなぁ。
DSC_0383.jpg
あの鳥、必要もないのに何度も潜っているように見えるけど
寒くないのかな??
DSC_4321.jpg
普段気にすることのない鳥も
これだけの数がいると迫力があって面白い。
DSC_0372.jpg
鳥たちは日差しを浴びてあったかそうですが、
かなり寒いです。
DSC_0366.jpg
実はこの後体調を崩してしまい、
一週間たったいまでも回復していません。
DSC_0269.jpg
来週は風邪をなおして遊びに行けるかなぁ
DSC_2045.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif

白鳥パトロール開始

また白鳥達の季節がやってきました。
毎年この時期は白鳥を見て楽しんでいるのですが、
去年足に釣り糸が絡まってうまく動けないでいる白鳥を見付けた事がありました。
この時は足に釣り糸が絡まっていたのですが、
他にも嘴に糸が絡まって餌を食べれなくなったり
体に巻きついた糸が木に絡まり動けなくなってしまったりして
死んでしまう鳥達が沢山いることを知りました。

去年書いた記事「釣り糸を捨てないで」はこちら。
http://kozakura71.blog91.fc2.com/blog-entry-123.html

DSC_0361.jpg
自然の怪我ならしょうがないと思えるのですが、
人間が関わる怪我に関しては放っておくわけにはいかないと思い
去年から白鳥パトロールをはじめたのです。
DSC_0282.jpg
そして今季初の白鳥パトロールの日。

さっそく異常発見!!

あの白鳥、片足が伸ばせないでいるみたい。
よく見えないからフィールドスコープで確認してみよう。
DSC_0251.jpg
と思っていたら、ばちゃばちゃばちゃ~
仲間の白鳥がやってきたようです。
DSC_0298.jpg
よかった。
ちゃんと足が伸ばせるみたいだな。
DSC_0303.jpg
何にもないのが一番。
白鳥達が飛び立ったのを確認して
この場所を後にしました。
DSC_0349.jpg
br_decobanner_20110723234942.gif