トイレも入場料もラグジュアリー!?三島スカイウォークに行ってきました

キャンピングカー旅の醍醐味は時間に縛られず自由に動けること。
今回の旅、だいたいの目的地は決めてありますが現地についてからはの行動はフリープラン
大涌谷でゆでたまごを食べた後はとりあえず景色のいい有料道路をドライブし
楽しそうな場所があれば立ち寄ろうということに。

このあたりの有料道路はどれを使っても絶景を楽しめそうだけど
これから先のルートを考慮して芦ノ湖スカイラインを使ってみました。
キャプチャ
(* 写真はホームページよりお借りしました)

こんな感じのところね
これなら通行料払っても行く価値あるでしょ!!
と思って行ってみたのですが・・・
DSC_5232.jpg
なんなんですかこれ??
全然イメージと違うじゃない💦

ちなみにちょっとまえの景色はこんな感じ
DSC_5201.jpg
一時間くらいでこんなに天気が変わってしまうなんて・・・
山の天気は変わりやすいといいますが本当ですね~
これから先の目的地選びにも影響しそうですが
今さら戻るのもどうかと思うのでそのまま進むことに。
DSC_5234.jpg
(パノラマ絶景も残念な結果に)

でも運がいいのか悪いのか有料道路をおりる頃には濃い霧もだいぶ薄くなり
完全に視界が晴れたころに渋滞発生
その原因になっていたのが三島スカイウォークでした。
これだけ混んでいるということはよほど面白い施設なんじゃないかと思い立ち寄ることに。
DSC_5249.jpg
三島スカイウォークは全長400mの超長い吊り橋で
歩行者専用吊り橋としては日本一の長さだそうです。

そしてさらに驚くのはその価格
お値段なんと大人一人税込み1100円というじゃありませんか
普通なら即Uターンですが今回は好奇心が上回りました。

大人だけなら吊り橋を歩き景色を見るだけでも楽しめると思いますがうちは子供連れ
橋を渡り戻るだけでは退屈してしまうと思い恐竜迷路というイベントとソフトクリームも
セットになったチケットを購入しました。
それぞれ吊り橋入場料1100円、恐竜迷路500円、ソフトクリーム420円の合計2020円が
恐竜迷路プランだと1700円とちょっとだけお得になっています。

チケットを購入
早速吊り橋を渡ってみましょう
DSC_5321.jpg
う~ん
なかなかの景色ですね

手すりから顔を出し下を覗いてみます
DSC_5264.jpg
100mくらいありそうだけど実際どうなんだろう??

そんな状況でこんなのやってる子供達
超絶ロングジップスライド
DSC_5265.jpg
君ら勇者だな!!
私には無理かも(^-^;

橋は沢山の極太ワイヤーで吊ってありますがそれでもけっこう揺れます
DSC_5307.jpg
足元はシースルー
高いとこが苦手な人は怖いかも
DSC_5315.jpg
橋を渡ると売店がいくつかありそこには食べ物屋だけでなく
フクロウや小動物と遊べる小屋があったりします。
小動物ふれあい一人1100円
どれも美味しそうだし鳥もかわいい
DSC_5303.jpg
いろいろやってみたいんだけど欲望に任せて家族3人で遊ぶと
大変なことになりそうなので先を急ぎます。
DSC_5277.jpg
そして目的地恐竜迷路に到着
これは迷路の中のどこかにあるスタンプを全て集めてゴールまで進むアトラクション
時間的には15分くらいでしょうか。
迷路をクリアするとバッチがもらえますよ!!
DSC_5279.jpg
この恐竜は声を出しだして動くんですがけっこう大きくて迫力があります。
7歳の子供だとちょっと後ずさりしちゃうくらいリアルな動きでした。

迷路で遊んだ後はスタート地点に戻りソフトクリームを食べよう!!
駐車場脇でもソフトクリームをもらえる場所があるのですがすごく混雑しているので
ちょっと歩きますが高台にあるスカイガーデンまで行くのがおすすめです。
DSC_5334.jpg
こちらはフードコートのようになっているので
花を見ながらリラックスして過ごせるでしょう。
DSC_5335.jpg
この花造花だと思っていたのですが係りの人が水をやっていましたからたぶん本物です。
なかなかラグジュアリーでしょ。

そうそう、ラグジュアリーといえば
ここ三島ウォークはトイレが豪華なことでも有名なんです。
総工費2億円といわれるトイレですから雰囲気だけでも皆さんに
お伝えしたいと思い一眼レフをもっていったんですが
おじさんが大きな一眼レフもってトイレの周りウロウロしてるのってヤバくない??
そう思って撮影するのはやめておきました。
DSC_5339.jpg
正直最初は吊り橋に1100円ってどうなんだろうと思いましたが
実際に行ってみてその料金にも納得。
吊り橋を渡った先にもセグウェイツアーやバギー、アスレチックなどのアトラクションもあり
その気になれば一日中遊べます。
箱根に行ったら立ち寄る価値は十分あると思いました。
DSC_5337_20200125230114af1.jpg
この日はゆでたまごを食べてスカイウォークで遊んだら辺りは暗くなっていました。
仕事だと一日って長いけど休日の一日はあっという間ですね


関連記事

立ち入り規制中でも大涌谷は大人気でした

毎年楽しみにしている年末年始の旅
今度はここに行ってやろう、あそこに行ってみたいと年明けくらいから次の目的地を考え始め
それもその時の天候や休日日数、ボーナスの額に応じて行き先を変えられるよう
毎回4コースくらいはプランを作ってあるんです。

そして今回最終的な候補地となったのは山口県秋吉台周遊コースと
静岡県ご当地グルメ食べ歩きの旅。

う~ん、毎度のことながら本当に悩ましい
体力的、金銭的には静岡で決まりなんだけど
せっかくの10連休に土日でも行こうと思えば行けるところに行くのはどうなんだろう??
もうどのプランも楽しみ過ぎて自分では決められなかったのですが
どうしても黒い卵が食べてみたいというらっこ姫の意見で
静岡県ご当地グルメ食べ歩きの旅に決定となりました。

黒いたまごといえば箱根ですね
普段は観光客で混雑する場所ですが流石に大晦日なら誰もいないでしょう??
ということでEXPASA足柄で車中泊
大涌谷開園時間の9時に合わせて駐車場に入る予定だったのですが・・・
IMG_20191231_092134.jpg
大渋滞でした

いやぁ~
観光地を甘くみていました
帰るころには更にひどい渋滞になっていたので
大涌谷観光は朝一か時間をずらして行った方が良さそうです。
DSC_5201.jpg
大涌谷は昔・・・昔の・・・大昔に遠足できたことがあるのですが
改めて来てみたくなったのはやはり自分自身黒いゆで卵が気になっていたから
早速5個500円を購入して家族で分けていただきます。
DSC_5231.jpg
ここでゆでたまごの写真がどーんっと表示されるはずだったのですが・・・
食べるのに夢中で撮るの忘れました😞
こんな猫を撮って肝心のたまごを忘れるなんて・・・

卵が黒いのは温泉の成分である鉄分が表面に付着し
それに硫化水素が反応して硫化鉄となることで殻が黒くなるそうです。
炭のように手に色がついたりすることはありませんし
中身は普通のゆで卵なので安心!?してください(^-^)

これただのたまごじゃありませんからね
なんと!!一つ食べると寿命が7年のびるといわれているんです。

私は二ついただきましたから寿命が14年のびたことになるんですね

ウッホ━━━━ヽ(*'∀`*)ノ━━━━イ


ちなみに三つ食べると死ぬまで生きれるといわれているそうですが
これ以上は無理でした。

と、こんな感じで一つ目的を達成して一応満足はしたわけなのですが
2019年12月31日現在大涌谷は火山活動の影響で
売店の周辺を除いて立ち入りが禁止されています。
なのでたまごを食べたらお土産を買うくらいしか正直ここではやることがありません。
DSC_5224.jpg
(*残念ながらゆでたまごを作っている場所までは行けませんでした)

とはいえ立ち入り禁止されているエリアは箱根全体で考えればごく一部で芦ノ湖周辺など
他に見どころはいくらでもありますから楽しめるところで楽しんでしまいましょう。
DSC_5226.jpg
運のいいことにこの日は朝から快晴が続き高いところから眺める景色は最高!!
有料道路を使って絶景ドライブを楽しみながら次の目的地へ向かうことにしました。




関連記事
Theme: 旅行記 | Genre: 旅行

快活クラブ(ネットカフェ)で車中泊をより快適に

あけましておめでとうございます<(_ _)>

私は今年も穏やかに新年を迎えることができましたが
皆様はいかがでしたでしょうか。

何事もなく平和に新しい年を迎えることができるのが一番の幸せだとは思うのですが
それだけでは人生つまらない!!
ということで記事にはしていませんが
昨年のはじめに自分なりに三つの目標をたてていたんです。

1. ブログの更新を週一以上すること
2. インスタグラマーとして活躍する足掛かりになる年とする
3. キャンピングカーを通して社会に貢献する

結果として1に関しては12月なんか一つの記事しか書いていないので全然ダメ

2に関しては昨日去年の一月に書いていた記事を読み返していて思い出したという体たらくで
インスタグラムをやっていることすら忘れていたわけですから活躍の足掛かりなんてあるわけがありません。

3なんか意味すら分からないということだと思うのですが
自分の中ではブログで情報発信することによって車旅を趣味とする人の役に立ちたいということなわけなのですが
自分が教えてもらって助けられたということが多かったですね(^-^;

まさかの全滅という結果になってしったのが自分らしいところではありますが
失敗から学ぶには失敗を失敗と認識することからといいますから
このことを教訓に今年はさらに良い年にしていければと思っております。

閑話休題
タイトルにある快活クラブのお話です
今年の冬休みも4泊5日でキャンピングカーの旅をしておりました。
旅行先は静岡県で箱根からスタートし御前崎まで行ってきましたよ!!

キャンピングカーの旅ですから宿は予約しておりませんので入浴は日帰り温泉で・・・
と考えていたのですがらっこ姫が男湯に入りたくないと言い出したんです。
我が家では子供をお風呂に入れるのは私と決まっていて当然私と一緒に入るものと思っていたのですが
乙女の体を知らない男の人に見られたくないといったんです。

これはうっかりしていました。
まさか7歳の子供がそんなこと考えているとは夢にも思っていなかったのですが
配慮がたりませんでしたね。
そんなことで以前から気になっていた快活クラブを利用してみることにしました。
GOPR1261.jpg
皆さん快活クラブってご存知ですか??
簡単に言ってしまうと漫画喫茶、今はネットカフェっていうのかな??
漫画が読めてジュースやコーヒーが飲み放題
インターネットやwifiも使えてカラオケやダーツ、ビリヤードなんかでも遊べちゃうすごいところなんです。

ここまで読んでいただいて何で温泉から快活クラブなの??っておもいますよね。
実はここシャワーが無料で使えちゃうんです(※ 店舗により異なります )
GOPR1277.jpg
もちろんシャンプーやボディーソープは置いてあるしタオルも無料で使えちゃいます。
GOPR1275_20200105095408381.jpg
これじゃ足りないということであれば
有料にはなりますがシャワー、洗顔セットなんていうのも売っていますし
コインランドリーや乾燥機も置いていてあるので入浴や漫画を読んで遊んでいるときに
洗濯も終わらせちゃうなんて言うことも可能です。
GOPR1279.jpg
ぴょこさんを待つ間私とラッコ姫はそれぞれ飲み放題のジュースやソフトクリームを選んで
カラオケルームに向かいます。

いや、別にカラオケがしたかったわけではなく
家族3人で入れる個室が他になかったから仕方なく選んだのですが
子供は思った以上に楽しかったようでドラえもんやパプリカを歌いまくっていました。
GOPR1267.jpg
これだけいろんなもの揃っていてお値段はこんな感じ。
GOPR1262.jpg
私たちは休日料金+カラオケでけっこう楽しんでしまったので
家族3人で1800円くらいかかってしまいましたが
それでも一人当たり600円程度ですから温泉に入ったと思えば
金額的にはリーズナブルといえるでしょう。

ここでシャワーを浴びてゆっくり遊んで停泊地に向かったわけですが
どうでしょう、なんか車中泊がより快適になりそうじゃないですか??
今回の車中泊では快活クラブを二日利用しましたがどちらも快適に過ごすことができました。
もう一つの店舗ではレディースルームなんていうのもあり
シャワールームもその中にあるので女性でも安心して利用できるんじゃないかと思いました。

備え付けのPCもあるしセキュリティーが心配だったら無料のwifiを利用して
作業することも可能です。
今回は車中泊という目的の為に利用しましたが
それを抜きに快活クラブ自体を目的として楽しむことも
十分ありなんじゃないかな。

ただ、ここに書いたことは店舗によってかなり違うんです。
例えばシャワーやタオルが有料だったりレディースルームがなかったり
駐車場がない店舗もあったりします。
それらの情報は快活クラブホームページで店舗ごとに詳しく書いてあるので
利用の際は一度ホームページに目を通してから利用してみてください。

関連記事