初日の出と初詣が同時に楽しめる!? 麦先灯台に行ってきました。

えぇっ!?

もうすぐ桜の花が咲くという今の時期に
初日の出の記事はないだろう??
ですって(;゜0゜)

そうです、おっしゃる通りです。
なんでしょう、毎晩机に向かって記事を書きはじめるんですが、
そうすると他の事が気になってしまうんですね。

中学生の頃、テスト期間中に早く家に帰って
机の前に座るんだけど、そうするとなぜか
いつも気にしたことのない部屋の汚れとかが気になって
掃除を始めちゃうみたいな・・・

そんな経験ありませんか??

まぁ、そんなこと考えていると
また更新が遅くなってしまうので先に進みましょう。


大晦日に泊まったのは御座岬オートキャンプ場。
いろいろあるキャンプ場から
一年を締めくくるこの日に
この場所を選んだ理由はただ一つ!!
ここしか空いてなかったから

いやぁ~、この近くにも年越しイベント満載の
楽しいキャンプ場があるんですよ。
だけど、一ヶ月前の予約とかじゃダメなんです。
それもなんとなく理解してはいたのですが、
天気もどうなるかわからないのに
キャンプ場の予約もいかがなものか??
そんな思いもあり、どうしても予約がギリギリになってしまうのです。

でも、そこはキャンピングカーの
お気楽旅、空いている場所を予約して
イベントなんて自分で開催してしまえばいいのです。

ということで、
祭りだ、祭りだ~
今日は半額祭りだ~
DSC_1712_20170318054219856.jpg
年越しイベントとしては若干貧乏臭い気もしますが、
袋から出してしまえばそんなの関係ありませんから。
DSC_1723.jpg
そして今年は、もう一つ特別な事を。
何年振りでしょうか、紅白をみたんです。
ここ何年かテレビのないトレーラーで過ごしていたので、
年末年始にテレビをみることはなかったのですが、
今のキャンピングカーにはテレビが付いているので
それができるようになったのです。

キャンプに来てまでTVってどうなの??
という気持ちもありますが、
一度味わってしまうとてばなせませんな。

と言ってもキャンプ所に到着したのが
遅くなってしまったので、この日は早々に就寝。
DSC_1730_2017031805422038a.jpg
翌朝、日の出前に向かったのは麦先灯台。
ここ数年の恒例行事となった初日の出を見に行ってきました。

三重県の、この辺りで有名な日の出スポットとなると
大王埼や安乗埼がでてくると思いますが、
あんまり混んでも大変なので今回は外しました。
麦先灯台地図
片田漁港脇の駐車場に車を止めて
春日神社の方へ800m位行ったところが今回の目的地。
DSC_1739_20170318054221b76.jpg
ところどころに看板があるので
それを見て歩けば迷うことはないと思います。
DSC_1794.jpg
駐車場からの距離が
思っていたよりあったので到着が日の出ギリギリに
なってしまいました。

危なかった~
DSC_1773.jpg
ここ、麦先灯台は観光案内に大々的に登場するような
人気スポットではないから人の数もそれなり。
見学や撮影もやりやすいと思いますから
おすすめのスポットです。
DSC_1777.jpg
もう少し待てば灯台のてっぺんに太陽が来て
ダイヤモンド灯台になるかと思いましたがダメでした。
時期によってはなるのかな??
DSC_1787 (2)
下の写真のおばちゃん、若干気持ち悪いですよね。

ここに到着した時は、まだ暗かったので
いきなりこれがでてきたときには
恥ずかしながら声を上げそうになりました
DSC_1744.jpg
そうそう、この灯台
敷地内に神社があるんです。
DSC_1775.jpg
麦先神社といって八雲神社からの分社で
歴史があり、御利益がありそうだったので
ここで初詣を済ませて
車に戻りました。
関連記事
Theme: 旅日記 | Genre: 旅行

二時間半待ちました 絶景カフェレストラン 海女ダイニングあずり

伊勢志摩御座岬オートキャンプ場に向かう途中で
たまたま見付けたお洒落なカフェレストラン
海女ダイニングあずり。

海沿いを走ってみたくて選んだ道は生活道路のようで思っていたより細く
九十九里のような開放感はない。

それならば運転の楽な国道を使って目的地を目指そう・・
そう思っていた時に急に視界が開け
目に入ったのはお洒落な建物とクルーザー。
DSC_1644-1.jpg
直感で食べ物屋さんであることを感じた私は
美味しいお店に違いないと思い建物に近づき名前を確認。
スマートフォンで調べると評判の良いお店のようだったので入ってみることに。
DSC_1646.jpg
入店の際に混んでいるから少し待つかもしれないと言われましたが、
こんな風景を見ながら食事ができると思ったら
多少の待ち時間はなんでもありませんよね。

多少なら・・・
DSC_1686.jpg
席が空いたら携帯に連絡してくれるというので
裏のあずり浜で遊びながら
席が空くのを待つことにしました。

下の写真に写っているのはすずめ島。
沢山のスズメが集まってくることから名付けられたそうです。
そういえば千葉にも同じような島があったっけ!?
DSC_1670.jpg
車に乗ることに飽きていたらっこ姫は
シャボン玉遊びで盛り上がっていました。

1時間くらいは・・・
DSC_1666_201703022046140c4.jpg
そこから更に一時間、
隣に置いてあったクルーザーを見学したり、
あずり浜周辺を散策したりと
かなりの時間をここで過ごしたので
すっかり思い出の場所となりました。

そうそう、ここから徒歩圏内に
行ってみたかったけど、予約が取れなかったキャンプ場、
志摩オートキャンプ場がありました。
一ヶ月以上前から予約で埋まっていたみたいだから、
相当人気のあるキャンプ場なんだろうな。
DSC_1648.jpg
そして二時間半。
これじゃお昼ごはんが夜ご飯になってしまう・・・
一度お店に確認して空いてなかったら今回は諦めよう。

そう思ってお店に戻り
あの~、ぴっぴこなんですけど・・・
言いかけた時に店員さんは何やら思い出したよう。

あれ~、電話するの忘れちゃった

やっぱりそうか!!
普段ならイラッとするところですが、
店員さんの恥ずかしそうな笑顔と
大きな海を二時間以上も見ていて心まで広くなったのか
この時は一瞬フリーズしただけで
特に何も感じませんでした。

やっぱり人間あそびが大切だな(^-^;
DSC_1680.jpg
肝心のメニューはこんな感じ。
DSC_1680_20170311065844633.jpg
和食あり、洋食あり、デザートありと
いろいろ選べます。

ただね~
一つ失敗しちゃいました。
なんと!!
家族3人同じメニューを選んでしまったのです。


まさかの全員 あずり定食
DSC_1688.jpg
お店の名前を付けるくらいだから
一番おすすめだと思ったんだろうな。

もう、ここから食べることに集中、
ひたすらがっつきました。
二時間半も待ちましたから写真写りなんて関係ありませんし、
撮ったのもこれ一枚。

もう完全にブロガー失格ですね。
DSC_1690.jpg
食事が終わる頃には
外の景色もすっかり変わっていました。

後で知ったのですが、ここあずり浜は
夕日がきれいに見えることでも有名な場所のようです。
私に才能があれば打ち寄せる波と夕日のことを詩にしたでしょう。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事

体験コーナーが充実 「志摩マリンランド」に行ってきました

豪華クルーズの次は
子供が退屈しないように
「志摩マリンランド」に寄ってみました。
場所は近鉄「賢島駅」のすぐ前、
「賢島パークホテルみち潮」の湯YOUパークから行くと
車で5分位の場所でしょうか。

周遊パスポート「あそばんせ」に組み込まれたプランなので
私たちは新たにチケットを買うことなく入ることができました。

子供連れの旅行だと
船に乗って景色を見るとか、
名所旧跡を訪ねるだけだと
すぐに飽きてしまって暴れ出すので
途中に休憩を兼ねて、このような場所をコースに組み込んでおくと
後が楽になりますね。

入り口を入るとすぐに
ペンギンさんのお出迎えでラッコ姫がフリーズ。
お話し&写真撮影で30分は使ったでしょうか。
DSC_1812.jpg
「志摩マリンランド」は年中無休、
年末年始に旅行すると休館日の問題がついてまわりますが、
ここに関しては問題ありません。
DSC_1847.jpg
おおっ、マンボウだ。
写真だとあまり感じませんが、
本物はけっこうでかいです。

このマンボウちゃん、何も考えていないような顔をしていますが
実はけっこう繊細な心の持ち主なんです。
飼育は大変なようで、この時は壁に貼られた資料を
読みまくり納得していたのですが、
いざ記事にしようと思ったら内容を思い出せない・・・

年のせいか、頭のせいか最近こういうこと多いなぁ~
まぁ、この時から二ヵ月近くたっているので、
時間のせいということで!?
DSC_1874.jpg
「志摩マリンランド」の館内は
暗い場所が多く、通路は真っ暗で
その両側にある水槽だけが明るくライトアップされるような
展示方法を多くとっていました。
DSC_1862.jpg
闇に魚が浮かび上がるようでカッコイイんだけど、
写真を撮るとなると話しは別。
シャッタースピードが上げられず
手ぶれ写真の量産となります。

その中からマシなやつを一枚。
クラゲは癒されますね~
自分の家でも育てられるのかな??
DSC_1863.jpg
この水族館、展示の種類や規模は他に比べて
小さめだとおもうのですが、体験コーナーが充実しています。

例えばドクターフィッシュが角質を食べてくれるやつとか、
本物のヒトデに触って可愛がってあげるとか・・・
ちょっと抵抗があって私にはできませんでしたが、
子供たちは楽しく遊んでいるようでした。
DSC_1887.jpg
そうそう、一日に何回か尼さんによる
魚の餌付けを見ることができるんです。

尼さんが水槽に入って餌をまくと
魚が沢山寄ってきて気持ち悪い面白い。
魚の種類によってはスルーしちゃうやつもいたりして
見た目は同じようでも個性があるようです。

餌付けの前には館内放送がはいるので
ギリギリまで近くで遊んで、放送があったら
見に行くのがいいと思います。


最後に
「志摩マリンランド」ってどうなの??

コンパクトにまとめられているけど、内容は充実していています。
ここだけを目的にして一日遊ぶというのには向きませんが、
朝一どこかで遊んで昼にはちょっと早いかな??
そんなタイミングで寄るのがベストだと思います。

短時間で回れるけど、子供の心を鷲掴み!?な生き物は
揃っているので一つ一つの展示を丁寧に見ることになり
結果として心に残る場所となる。
そんな印象でしょうか。

期間限定なので我が家は参加できませんでしたが、
ペンギンタッチなんてイベントもあるので
興味のあるかたは是非参加していただき、
私にも感想を教えて下さい!!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
br_decobanner_20110723234942.gif
関連記事
Theme: 子連れ旅行 | Genre: 旅行