肝機能障害とダイエット

なぁ、ぴっぴこ

      なんですか、ご主人。

お前、最近なんかソーセージみたいに見えるというか・・・

      ソーセージみたいにムチムチして可愛いってことですか??
P1050327.jpg
違うんだ、ぴっぴこ
怒らないで真面目に聞いてくれ。
うまく伝えられそうにないから正直に言うけど
お前最近太ってないか?

      なんですかぁ、ご主人
       急にそんなこというなんてヒドイじゃないですか~
       そんなこと言ったらご主人だって
       なんなんです??その体型

なぁ、俺も人の事(鳥の事??)を言えないのはよくわかっているんだが、
ちょっと聞いてくれ。
最近、お前の羽見ていると
今まで黄色かった部分が赤くなってきていないか??
DSCN4667.jpg

      あっ、本当だ!!
       なんか赤く点々になっていて
       ちょっとおしゃれな感じですね。

P1050308.jpg
いや、俺も最初はそう思ったんだが、
気になって調べてみたら
どうもそんなこと言っていられないような感じなんだ。
P1050310.jpg
      それ、どういうことですか??

コザクラインコの羽の色が変わるのは
単純に羽の生え変わりの時もあるらしいんだが、
肝臓疾患でもそうなることがあるらしいんだ。

人間でいう高脂血症の状態とかな。

      あれ、それご主人も
       このあいだ先生に注意されていましたね。

そうだ、それとおんなじだ。
俺はおやつのプリンを止めてきゅうりを食べろといわれたけど、
お前はほとんど葉っぱと種みたいなのしか食べていないだろ??
だからどうしたものかと考えていたんだ。

      でも、ご主人
       赤くなってるっていうけど
       それ程でもないじゃないですか。

いや、写真でみるとそんなでもないけど
実際はけっこう赤い点々が沢山あるんだぞ。

      本当ですかぁ

そう思ってみると
最近お前籠を開けても出てこない時があるよな。
今まではそんなことなかっただろ??

それにちょっと動くと
はぁはぁいってるし・・・

こないだ卵産んだばかりだから
安静にしていた方がいいと思って
あえて外には出さなかったんだが、
ちょっと運動した方がいいかもしれないな。

今日から特訓だ!!
P1050314.jpg
      ご主人、ちょっと待って
       聞いてないよ~
P1050317.jpg
ぶつぶつ言ってないで
もっと飛べ!!
P1050322.jpg
ほら、早くしろ
P1050321.jpg
俺も頑張るからお前も頑張れ!!
P1050324.jpg
ということで
二人でダイエットをはじめました。
ちょっと様子をみて痩せないようでしたら
病院で診察してもらおうと思っています。

関連記事

佐倉くさぶえの丘と印旛沼のペリカン

以前は見ることがなかったけど
最近よく目にするなぁ~
っていうものありますよね。

今の時期よく見るのが
国道脇とか近所の公園とか
もうどこでも生えてきちゃうこれ「ナガミヒナゲシ」
DSC_4635_20170514060144311.jpg
ポピーみたいでとてもきれいなんだけど、
実は注意が必要な花で、
農業環境技術研究所では
ナガミヒナゲシはアレロパシー活性が強く、
雑草化リスクが大きいので、広がらないようにする必要があります。
と注意を促すくらいの植物なんです。

アレロパシー活性が何なのかはよくわかりませんが、
こいつが凄いのは、その繁殖力。
一本が15万個の種を飛ばうえに生命力も強いから
あっという間に増えちゃいます。

自宅に生えたやつはすぐに切っちゃっているけど、
今の時点でそこら中に繁殖しちゃっているのを見ると
近い将来街はこれで埋め尽くされちゃうんじゃないかと心配しています。

あと珍しいやつでは
去年か一昨年のことですが埼玉県上尾市の藪で孔雀を見ました。
これ、誰も信じてくれないんですけど本当にいたんです(^^;)

写真でも撮っておけばよかったのですが、
あまりにも急な出来事だったので・・・


ブログのネタにしてやろうと思って
この後何度か見に行ってみたのですが、
残念ながら、あれ以来姿を見せてくれません。

じゃあ写真が撮れそうな「ペリカン」でも見に行ってくるか!!
ということで、ちょっと強引な展開ですが
嫌がる家族を道連れに千葉県の印旛沼まで行ってきましたよ。


ただね、私は一日中「ペリカン」を見ていれば楽しいと思うのですが、
家族が飽きちゃうと思うので
ついでにこんなところにも行ってきました。

「佐倉くさぶえの丘」
P1040395.jpg
ここがどんなところなのか簡単に説明すると
農業体験や生き物とのふれあいを通じて、豊かな人間性を育む場所。

あれ??
ホームページからの抜粋して文字にしたら
なんだかつまんなそうになっちゃったけどいってみましょう
P1040398.jpg
入園料は大人410円
ちょっと高い気もしましたが
一日遊べることを考えたら変なところに行くより安上がりかもしれませんね。
P1040465.jpg
園内にはウサギや鳥
触って遊べる動物が沢山います。

大き目のヤギやポニーは怖くて触れなかったラッコ姫も
ウサギには大興奮。
何度も餌やりを楽しんでいました。
P1040418 - コピー
団体しか受け付けてもらえなそうな感じだったけど
キャンプ場もありましたよ。
P1040471.jpg
その他には芝生広場にバランスボールや大型遊具
P1040505.jpg
お絵かきコーナーなんかもあるので
子供はかなり楽しかったようですので
子供とペリカンを見に行く際は是非!?お立ち寄りください。
P1040543.jpg
そして個人的には本日のメイン
ペリカン君のところへ。

実はここ、五年位前にも訪れているのですが
今回もその時と同じ場所にいました。


ほ~ら、いたいた。
えぇっ!?
どこにいるのか分からない??
P1040572.jpg
それではもっと近くに寄ってみましょう。
P1040548.jpg
かなり近くまで行ってみましたが
人間に慣れているのかこちらの事は全く気にならないようです。
DSC_2649.jpg
近づいてもボーッとしているから猫とかに襲われちゃうんじゃないかと
心配になり調べてみましたが、
このペリカン君、とぼけた顔でもかなりの実力者のようで
鳩や猫にも噛みついてやっつけていたので
そんな心配はいらないみたいです。
DSC_2653.jpg
中にはにどう考えても呑み込めない大型犬に噛みついているペリカンもいましたので、
食べられるかどうかは関係ないみたいです。
関連記事
Theme: 野鳥の写真 | Genre: 写真

辛口レポート ハイエースバンコン MOMO 1万キロ乗って思ったこと

今回はハイエースのバンコン
リンエイMOMOに1万キロ乗ってみて思ったことを
辛口レポートしてみたいと思います。

私のブログで自分の使っている物を紹介する時
あまり悪い事を書くことはなかったように思います。

それは、いい悪いは別として自分の持ち物はいろいろ研究して
ある程度の額のお金を払って苦労して手に入れている物が多いから
愛着が沸いてしまっているからなのかもしれません。
あまり悪い事が目につかないように思うのです。

それが人のブログのレビュー等を見ていると
同じ製品でもけっこう辛口で評価している人もいて、
そう思ってみると、なるほどなって思うことがけっこうあるんです。

今回はその点を踏まえて
あえて厳しくリンエイMOMOを見てみたいと思います。

先ずはここ、赤い四角で囲んだ部分。
カウンターの端が高くなっていて物が転がっても
これ以上後ろに落ちないようになっていると思うんですが・・・
無題
実際は、けっこういろんな物が裏に落ちます。
実はこの部分、窓とカウンターの間に2cm位の隙間があるんです。
それだけならいいのですが、窓の淵の高さでカウンターに窪みが作られているので
その隙間に物が落ちてしまうのです。

そしてこうなります。
こうなるともう男の手ではとれません。
隙間が少なすぎて歯ブラシをつまむことができないのです。
DSCN4572.jpg
ここには実にいろいろな物を落としました。
ゴミやガム、モバイルバッテリーなんか電子レンジの方まで落ちちゃって
もうリンエイに持ち込んで取ってもらうしかないと思っていました。

写真を見てもらえれば分かると思いますが、
家具の組み立て精度が素晴らし過ぎて指が入らないんです。

おまけにベルトでガッチリ固定されているから
どうやってもレンジが動かせない。

それで数ヵ月放置していたわけですが、
最近になって脇に空気の取り入れ口のような物を発見、
そこからレンジを固定しているベルトを外し
モバイルバッテリーを取ることができたわけですが、
これが真夏だったらと思うと、最悪発火の危険もあるわけで・・・

レンジの裏に物を落としてしまった時は脇から取れる。
オーナーの方、その予定のある方は是非覚えておいて下さい。


そしてここも非常に気になる部分。
スライドドア開けてすぐのセカンドシート後方に一見シートのような
箱みたいなのがあると思いますが、これが邪魔過ぎるんです。

これには理由があって、ベッド展開した時に隙間ができないようにということだと思うのですが、
我が家の場合食事をしたり休んだりする時は
セカンドシートはそのままで、その後ろにあるベンチシートを使って
いろいろやるようにしているんです。

そうすればカウンターがテーブル代わりになるし、
ファスプシートのような展開なしで使えるベンチシートがあるので
すぐに座れて楽なんですが、そこへのアクセスがうまくできないのです。

写真ではセカンドシートの背もたれが直立になっていますが、
ドライブする時はもっと寝かせています。
そうするとカウンターとセカンドシートによって通る幅が狭くなるうえに
その狭い通路の部分に高さ30cmほどの箱があるわけですから
動きやすいわけがありません。
P1040866.jpg
それと、これはベース車両によるものなんですが
天井が低くて、とにかく車内での移動が大変。
まぁ、これに関しては私も経験上分かっておりまして
何年か前にはこんな記事も書いております。
幕張キャンピングカーショー 行って分かったキャンピングカー選びのポイント

分かっていたんですよ、天井は10cmでも20cmでも高い方がいいことは。
でも、キャンピングカー選びは取捨選択が絶対に必要。
特に私のように通勤や日常生活においても一台の車をフル活用というのであれば
高いレベルでそれをやっていかなければ使い物にならなくなってしまいます。

そりゃ、私だって余裕があれば
週末はフル装備の豪華キャブコン、通勤はフィアットの小さいやつとか
使い分けたいところではありますが。。。

ただ、休み少なめ、普通のサラリーマン生活を考えると
高い機動力、乗用車として使える乗り心地を持つ
ワイドミドルルーフのハイエースワゴンをベース車に選んだのは
正解だったと思っています。
関連記事