FC2ブログ

あの世とこの世の境界 恐山に行ってきました

東北旅行五日泊目は
わかさぎ公園浜台キャンプ場から約80km
この世とあの世の境界にあるといわれる
恐山を旅してみたいと思います。

あれは何年くらい前のことだったろう??
今は亡き祖父がイタコの口寄せについて
話してくれたことがありました。

口寄せとは霊を自らの体(イタコの体)に乗り移らせて
その言葉を語らせる術で私の祖父は
その当時既に亡くなっていた祖母の霊で
実際にそれを体験してきたのです。

それはもうすごい話で
母は涙を流してその話を聞いていて
そういう類の話は信じない私もその時ばかりは
これは本物かもしれないと感動したのは覚えているのですが・・・

それがどんな話だったかどうしても思い出せないのです。
先日母にもその時の話を聞いてみたのですが
どうやらこちらも全く覚えていないみたい💦

それならば実際に自分が行って
体験してやろうじゃないか!!という流れで
今回の旅となったわけですがその前に
P1110245.jpg
恐山霊場に来る途中偶然見付けた湧き水(恐山の冷水)で
洗心を行い参拝の準備をしていきましょう。

この恐山の冷水
隣にある看板によると不老水といわれ
飲めば若返るというじゃありませんか!!

当然がぶがぶ飲みまくり
かなり若返った気でいましたが
濾過や殺菌処理をしていない生水であるため
一度煮沸してから飲んだ方がよいということを後から知りました。
幸いいお腹が痛くなるようなことはなかったのですが
用心するに越したことはありませんから
皆さんはそのようなことの無いよう十分ご注意下さい。
P1110240.jpg
クネクネした道をしばらく走ると
だんだん硫黄の臭いが強くなり
三途の川にかかるといわれる太鼓橋が見えてきます。
ここを渡るとあの世への旅の始まりだ!!

と張り切って渡ろうとしたのですが
どうやら橋が傷んでいるようで通行止めの看板が。
P1110243.jpg
この時はたまたま通行止で入れませんでしたが
後で知ったところによると
この橋渡り切っちゃうとあの世に行っちゃうから
途中で引き返さないとダメなんだって💦

いやぁ~危なかった(・・;)
P1110239.jpg

気を取り直し料金500円を支払い
恐山入場です。
P1110182.jpg
総門から山門を通過すると見えてくるのは薬師の湯。
先ずはここで汚れた心と体を洗い流してから
先に進むことにしようと勝手に考え温泉をいただきます。
さっきも洗心したけど私の場合
沢山やっておいた方がいいでしょう
P1110237.jpg
この温泉は無料で入れるうえに
お湯も白濁していてなかなか雰囲気のあるいいお風呂だと思うんだけど
どういうわけか入っている人がほとんどいないんです。

女性用に限っては一人も入っていなくて(ラッコ姫情報)
勿体ない限りです。
洗い場がないとか着替えが面倒くさい等
いろいろ問題もありますがせっかくですから
是非入っておきましょう。
P1110187.jpg
参拝ルートを進んでいくと
観光客以外の気配がほとんどないことに気付くと思います。

これだけの山奥ですから虫がいたり
鳥がいたり狸などの動物を見たりしてもいいものだと思うのですが
この辺りには全くと言っていいほど生き物がおらず
たまに見るのはカラスだけという不気味な世界
P1110192.jpg
置かれたお賽銭は錆で真っ黒になり
木はもちろん草もほとんど生えていない
本当に地獄のような光景が広がっているので
お化けのせいじゃないかと思ってしまうのですが
実際には有毒ガスの影響だそうです。
P1110224.jpg
それはすぐ脇にある宇曽利山湖にも影響を及ぼしています。
ここの水がきれいに透き通って見えるのは
火山ガスが溶け込み酸性値が高い為
生物がいないからだそうです。
P1110217.jpg
そんな話だから湖に生物は全くいないのかと思いましたが
ウグイという魚が一種類だけ生息しているそうです。
P1110229.jpg
恐山の旅中盤から後半は地獄巡りとなります。
地獄の中でも最も苦しいといわれる無間地獄や
P1110195.jpg
本当に真っ赤になるらしい血の池地獄
(残念ながら私達が見た血の池地獄は普通の水のようでした)
P1110215.jpg
こんな地獄があるんだ!?
金堀地獄
P1110236.jpg
これは悪い事をした人が行くんだろうな
重罪地獄
P1110235.jpg
そして最後は胎内くぐり
地獄を抜けて魂を浄化し
ここで新たに生まれ変わるんだそうです。
P1110234.jpg
そしてスタート地点に戻ってくるわけなんですが
イタコの口寄せっていったいどこでできるのでしょう??

困ったときのグーグル先生に確認してみると・・・



なんということでしょう
イタコの口寄せをしてもらえるのは
恐山例大祭の期間中など
ごく限られた日しかないというじゃありませんか(・・;)

これを知ってかなりがっかりしたのを覚えているのですが
後々調べてみると朝7時に行って10時間待ちとか
そんなレベルのようなのでどちらにしろ
口寄せ体験はできなかったでしょう。
そう思うと少し気が楽になりました。


名前だけみるとちょっと怖い恐山。
実際怖かったり物悲しい気持ちになる場所が多いのですが
すぐ後ろには極楽浄土のような宇曽利山湖が広がり
天国と地獄の境界のような独特な世界を作り上げています。

そんな景色を見ていると
生と死は紙一重なんだよと恐山が教えてくれているような気がしてきて
毎日をできる限り大切に過ごさなければいけないと思えてくるのです。
イタコ体験はできなかったけど
そんな気持ちになることが嬉しかった
恐山体験でした。

関連記事
Theme: 東北旅行 | Genre: 旅行

えぇっ!?こんなにナイスなキャンプ場が無料なの??わかさぎ公園浜台キャンプ場

いやぁ~

キャンピングカー旅に出るたびに
ブログにしている旅行記ですが
読み返してみるとかなり長期間に渡って
書いているんですな~

今年の年越しキャンプの記事なんか
四ヶ月近い期間を使って書いているわけですから
薄っぺらい内容を見ないで
執筆期間だけを考えれば
超大作と言っていいレベルではないでしょうか。

そうなることを見越して
ブログの記事にしたいと思った出来事は
手帳に走り書きで残してあるのですが
その文字が走り書き過ぎて読めないんです( ノД`)

いや、頭に残っている記憶とセットだと読めるんです。
でもその記憶がだんだん薄れてくると
書いてあることもだんだん分からなくなってきて・・・

でも待てよ
記憶がないと字が読めないということは
そもそも手帳にメモしている意味がないような・・・

まぁ、そんなことで悩んでいるより
記憶に残っているうちに
書くのが一番だよな!!

ということで
今回は青森県で実際に泊まってみたキャンプ場が
超絶素晴らしかったので
その時のことを。

今回の東北旅4泊目を過ごしたのは
先日記事にした小川原湖の湖畔にある
「わかさぎ公園浜台キャンプ場」。

公園といっても
あるのは湖水浴場くらいなもので
遊具などはありません。

先ずは管理棟に立ち寄り
チェックインの手続きを行います。
IMG_20180814_084630.jpg
このキャンプ場の特筆すべき点は
無料で利用できるということでしょう。
もっと嬉しいのが予約不要で
しかもオートキャンプまで楽しめちゃうんだから
嬉しくなっちゃいます。

場内はこんな感じ
P1110104.jpg
なかなか良い感じのキャンプ場でしょ??
P1110175.jpg
それなのに何でだろう??
場内はガラガラ。
IMG_20180814_081202.jpg
黄昏時には
こんな景色が見れるのに・・・
P1110152.jpg
隣のキャンパーとは50m位離れているから
この景色は自分だけのもの。
こういうのがあるからキャンプに行きたくなっちゃうんだ!!
P1110160 (1)
お盆休みの真っ只中にこれだけ人の気配がなく
しかも無料で利用できちゃうキャンプ場というと
景観や設備が気になるところですが
普通に使えます。
IMG_20180814_084436.jpg
湖水浴に嬉しいシャワーも無料(水しかでないけど)
管理棟に行けば5分100円(だったかな??)で
あったかいシャワーも利用できます。
IMG_20180814_084426.jpg
どうですか
なかなかいいところでしょ??

予約不要、料金無料で景色は最高!!
もうこれ以上のキャンプ場はないんじゃないかと思ったのですが
致命的に気になる点が一つ。

それは虫が多いこと。
写真では分かりませんが
それはもうすごいのなんのって

白い車体に黒いタイヤとソーラーパネルが
牛の模様にでも見えるのでしょうか??

車を乗り入れると
たぶんアブだと思うんですが
それがもう何十匹も寄ってきて
カンカン、カンカン車に体当たりしてくるんです。

山の中を何時間も歩くような仕事をしているから
普通の人に比べれば耐性はある方だと思うんだけど
それにしても凄かった(^-^;

まぁ、これは以前富山県のキャンプ場で経験済み
エンジンを切ればいなくなると分かっていたので
気になる程度で済みましたが
それがなければ、そのまま帰ってしまったかもしれない
というレベルでした。

青森はアブが多い場所のようで
景色がいいので車を止めて散歩でもと思うと
停車した瞬間に何十匹ものアブに囲まれるということが
何度もありました。

スプレーなんかも使いましたが
効果はイマイチ。
なんかいい方法ないですかね~
関連記事
Theme: 東北旅行 | Genre: 旅行

ノスタルジックに癒される 八甲ドライブイン

湖で遊び疲れた後は温泉でしょ。
私たちは車で10km程の距離にある
八甲ドライブインを利用しました。
P1110151.jpg
小川原湖に向かう途中
たまたま見付けたドライブインで
昭和レトロな外観が気になって
どうしても行ってみたかったのです。

もちろん家族には反対されましたよ。
ハイエースの後部座席で
ウォシュレットがどうとか穴に落ちちゃうと困るとか言っています・・・

どう考えたってそんなのあるわけないでしょ??
と心の中では思いましたが
そんなこと間違っても口にはだせません。

いまどきそんなところないから大丈夫だよ!!
私の独断でドライブインの駐車場に車を入れました。

田舎の古い建物を見ると
昔のことを思い出します。

父親と化石を採りに行ったあの山
ザリガニ釣りに行った泥沼
この崖を登った先はどうなっているんだろう??

男のロマンがぎっしり詰まったあの時代・・・
百戦錬磨のおじさんも
ノスタルジックな気分に浸りたい時があるんです(^-^;
P1110150.jpg
車のドアを開け外に出ると
巨大なラジウム原石がお出迎え。

古きよき昭和を感じさせる外観に
家族は戸惑い気味ですがいいんです。
これを求めて来ているんですから!!
IMG_20180813_163626.jpg
料金は大人200円、幼児は50円だって(安っ)

浴室に入ると、まだ16時だというのに
けっこうな混み具合。
飛び交う言葉は津軽弁??南部弁??
青森の方言は聞き取るのが難しいと聞きますが
何を話しているのか全く分からないほどでした。

そういえば何年か前の車のCMで
フランス語で話しているのかと思ったら
津軽弁だったというのがありましたね。
まさにそんな感じでした。


肝心のお湯は濃い茶色で無臭だけど
ツルツル感はなかなかのもの。

ラジウム鉱石の効果か分かりませんが
温泉を出た後も汗がしばらく止まらなかっので
保温効果は抜群だと思います。

きれいな設備や清潔な空間を求める人には
おすすめできませんが
個人的にはかなりおすすめな温泉です。
IMG_20180813_170501.jpg
入浴後は温麺の幟旗に誘われて食堂へ。
冷麺はよく聞くけど温麺ってどんなもの??
P1110532.jpg
そう思って注文した温麺定食は
普通のラーメンみたいでした。
P1110533.jpg
これで600円は激安でしょ!!

上にのっている卵が半熟じゃなくても
見た目が自分で作ったような感じでも
ご飯が多少古くても

いいんです

600円ですから

これディスってるわけじゃありませんからね。
いつか北海道に行くときは
必ずここへ立ち寄って
最高の温泉とコストパフォーマンスの高い食事を
いただこうと思っています。
関連記事
Theme: 東北旅行 | Genre: 旅行